「キリシタン灯籠」とは

本年度より着任いたしました国語科の田川幸一です。どうぞよろしくお願いします。

 

さて早速ですが、昨日校長先生のお話にもあったように、本校グラウンド横に、「キリシタン灯籠」が設置されたそうです。皆さんはもう御覧になりましたか。一見すると、神社などで見かける一・五メートル程度の、よく見かける灯籠です。では、「キリシタン灯籠」とは何でしょうか。

 

『新カトリック大事典』研究社(1998)の、「キリシタン灯籠」の項目には、次のように説明されています。

近世初期から茶の湯の発達とともに露地(茶庭)のほか、社寺、庭園などにも用いられるようになった織部灯籠に対する誤った呼称。確証はないが、古田織部の考案ともいわれるこの石灯籠は、通常上部が左右にふくらみをもった四角型で、下部に長身の人物が刻まれている点に特色がある。この灯籠をキリシタンと関連づけるようになったのは、大正末年に下部の人物をカトリック教会の聖人像になぞらえたことに始まる。やがてキリシタン大名と親交があり、南蛮趣味をもって知られた織部との関係などから織部灯籠の一部をキリシタンと関係づけようとした研究者も現れたが、この種の灯籠は中世以前からあった板状五輪塔から発生したもので、キリシタン灯籠説を明確に立証することはできない。

 

なるほど。実際に信愛に到着した灯籠をよく観察してみると、確かに長身の人物が刻まれています。つまり、この石塔は正真正銘、織部灯籠であると言えます。では、キリシタン灯籠かどうか考えてみましょう。事典によると、学術的にキリシタンとの関連を立証することは困難なようです。しかし、大切なことはこの灯籠に対して信仰を持つかどうか、ではないでしょうか。その辺りを詳しく考えていきましょう。僕自身は、この灯籠を学術的にはひとまず置いておいて、感情的には「キリシタン灯籠」と呼びたいと考えています。その理由を二点、説明します。

 

一点目に、実はこの灯籠、長崎県の五島列島が出身地だそうです。五島と言えば、昨年「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」という名称で世界遺産に登録された地域の一つです。人々の信仰の拠り所として、灯籠にいる長身の人物を聖人に見立てた可能性は高いと考えられます。

そして二点目に、この灯籠が現在、カトリック校である和歌山信愛に設置されているという事実が、「キリシタン灯籠」と呼びたい理由です。この灯籠はこれから、信愛に関わる人の心を明るく照らす灯籠になることでしょう。

キリスト教が禁じられていた時代に信仰を守り続けた人々が住んでいた土地から、カトリック校である和歌山信愛に辿り着いたという織部灯籠。キリスト教との関連が深い、とても不思議な運命を辿っていると思いませんか。以上のことから、やはり僕は「キリシタン灯籠」と呼びたいです。

 

制作当時から、聖人を意図して彫られたかどうかは不明ですが、大切なことはこの灯籠を観て何を感じるかだと思います。長身の人物には、目も鼻も口もありません。所謂のっぺらぼうです。ですが、顔のパーツがないからこそ、誰にでもなり得る彫刻であると言えます。この人物は、キリスト教の信仰を守り続けていた「キリシタン」の人々を見守っていたはずです。これからは、信愛に関わる人を優しく見守ってくれることでしょう。

自転車置き場までの道のりに建つ謎の多い「キリシタン灯籠」。その下部に立つ表情のない人物に、優しいマリア様の御顔を重ねて、御祈りしてみてはいかがですか。

奈良へ 南出菜乃花

はじめまして。今年から社会科の教員としてお世話になっております、南出菜乃花と申します。現在は高校1年生の担任をしています。授業では、高校1年生の日本史と高校2年生の現代社会を担当しております。私は、中高6年間信愛に通っておりました。どうぞよろしくお願いいたします。

昨日の手古先生とテーマがかぶってしまうのですが、私も先週の遠足についてお話したいと思います。HPに遠足の写真も載せていただいていますが、生徒たちはとても元気で楽しそうでした。

高校1年生の遠足は奈良でした。興福寺や春日大社・奈良国立博物館、そして東大寺へ行きました。中でも生徒の反応が印象的だったのが興福寺の国宝館でした。時間がかなりおしていてなかなかじっくりと見学することができなかったのですが、かつて日本史の授業で学んだ仏像や建築物がいざ目の前に現れると、何ともいえない興奮があったようです。特に有名な阿修羅像の前では、足を止めて食い入るように見ている生徒が多かったように思います。まだ奈良時代の授業を行っていない生徒たちには、「この先の授業で、ここにある仏像がたくさん出てくるよ」と言うと、「しっかり見ておこう!」とじっくり仏像を観察する生徒もたくさんいました。

やはり、自分が勉強したものに実際に触れることは、勉強へのさらなる興味を引き起こすのだと実感しました。この調子で学んだことに実際に触れて、さらに勉強への意欲につなげていってほしいなと思いました。

また、生徒には普段の様子から私が極度の歴史好きだとすでに知られているようで、「先生、興奮してる?」と何人もの生徒に尋ねられました。とても興奮した遠足でした。

大阪市立科学館に行ってきました 手古英美

今年の4月から着任しました手古英美です。担当教科は数学と理科で、中学1年生の担任をさせて頂いております。新学期が始まって約2ヶ月半が経ちますが、中学1年生は毎日すごく元気で、パワフルです。信愛の卒業生である私は、自分の中学1年生の頃のことを思い出して懐かしくなります。

先週、高校2年生が修学旅行に、他の学年は遠足や校外研修に出かけました。中学1年生の行先は大阪市立科学館でした。プラネタリウムがリニューアルオープンしたということで、私自身すごく楽しみにしていると、生徒に「先生、科学館めっちゃ楽しみにしる~?事前指導のときすごい嬉しそうにしてたもん!!!」と言われてしまいました(^ ^;) プラネタリウムは、期待通りすごくきれいで大阪市内の星空を一望できました。生徒もプラネタリウムや色々なブースで科学の不思議な体験ができたようでたくさんのことを楽しく学べ、充実した時間を過ごすことが出来ました!!

中学3年生校外研修 暑かったですね…。

西村です。
今週は学校全体が郊外研修や遠足など、外部にお邪魔する機会が多かった一週間でした。
その中で中学3年生は、大阪での「企業見学」を実施致しました。中学2年生のキッザニア研修で仕事の模擬体験をし、今回の中学3年生で現場で働く方々の姿を実際に見学する。キャリア教育の一環で行った今回の研修ですが、事前学習やイメージしていたものとはまた違って、職場独特の緊張感に生徒たちも少し圧倒されていました・・・。
仕事は人間らしく生きるための1つの材料です。生徒たち本人も将来を真剣に考え自分らしく生きれ仕事に巡り合えるよう、今回の研修が良い経験になるといいですね。

「安全志向」は「危険志向」 林 三千夫

皆様、こんにちは。

6月に入り、保護者会、教育実習、運動部のインターハイ県予選、高校2年生の修学旅行、他学年は、校外研修(遠足)と慌ただしい期間が続いています。

私の担当している高校3年生は、一昨日、USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)に行ってきました。本格的な受験勉強が進んでいるなかで、1日楽しんでもらおうと、毎年、高校3年生はUSJに行っています。今朝の3年生の様子を見ていると、しっかりと切り替えて机に向かっている生徒が多く、いつもながら感心しました。

さて、高校3年生の保護者会の中でも話がありましたが、大学入試センター試験が、2020年1月(2019年度)の実施を最後に廃止され、2020年度(21年1月)から新しい共通テスト「大学入学共通テスト」に移行。また、私立大学の「入学定員厳格化」による合格者数の減少など、高校3年生を取り巻く受験情勢は、決して楽観できるものではないと聞こえてくることが多くなりました。昨年から続いている浪人回避のための「超安全志向」という傾向は今年も変わらないという予想です。

しかし、この「安全志向」という考え。ちょっと危ないと私は思っています。

何事もそうだと思いますが同じことをやっていても、「守り」に入ると「重く、苦しく」感じますし、逆に「攻める(前向き)」と「楽しく、わくわく」するものです。安易に目標を下げるのではなく、基礎・基本を大切にして、しっかりとした土台をつくり、ぶれずに目標に向かって進んでいって欲しいと思っています。

おかえりなさい 酒井侑子

先週からこちらのHPでレポートが続いていた高2の修学旅行も、今朝、イタリアB班の帰国により全員の行程が無事終了しました。

学校でお留守番をしていた私も、昨日は北海道班のお迎えをし、久しぶりにみんなの顔を見ることができました。
4泊5日の長旅の上、長時間飛行機とバスに揺られ、疲れ切っていると思ったら、降りてくるなり「楽しかった!」と、ピカピカの笑顔!大人になっても、高校生活の一番の思い出は修学旅行…という人は多いのではないでしょうか。みんなもいい経験をたくさんしてきたんだなあと、こちらまで嬉しくなりました。

さて、土曜日からはいつも通りの学校生活。2週間後には期末テストも控えています。
もしかするとまだまだ旅の余韻にひたっていたい…という人もいるかもしれませんが、しんどいことがあるから楽しいことがさらに楽しくなるというもの。次の楽しみにむけて再スタートを切りましょう!
ひとまずお土産話、期待してます。

明日は遠足です!  福山由貴子

先週から高2が修学旅行に行き、そろそろ帰ってくるころですが、明日は高3、高1は遠足、中学生は校外研修があります。

私が担任をしている高3はユニバーサルスタジオジャパンに行ってきます。最近は気温が高くなってきて暑い日もありますが、明日の天気は「曇り所により晴れ」ということで、天候にも恵まれるようです。昨日の放課後にクラスの生徒が「USJに行くの中学生の時以来だ」と言っていたので、久しぶりの人、もしかしたら初めての人もいるのでしょうか。明日の遠足の間だけは、受験勉強のことは忘れて、楽しく過ごせるといいですね。

 

あっという間    中山陽司

こんにちは。中山です!

さて、HPのホーム画面にも載せられていますが、只今高校2年生が修学旅行の真っ最中です。海外はイタリア、国内は北海道と、どちらをとっても魅力的な場所ですね(^^)

昨年、私が担任をさせてもらったのはちょうど高校2年生で、引率担当ではなかったので修学旅行には一緒に行けずでしたが、その時のクラスの生徒が北海道のお土産で買ってきてくれたクマのストラップは今もデスクのパソコン横にかかっており、常にこちらを見てくれています。(笑) その生徒達も今年は受験生の年、勝負の年となっています。最近クマを見た時に、「こいつとも出会ってから1年か…」と考え、1年はあっという間だと感じました。今楽しんでいるであろう2年生も来年は受験の年、まずは無事に帰ってきてもらって、しっかりと準備を始め、そして現在の3年生たちは、しんどい時期でしょうが、頑張って乗り切ってもらいたいものです!全校生徒・職員で応援します!がんばれ~!!( `ー´)ノ

もらったクマ、載せておきます!

 

長い時間をかけて、思考力を養う 岩下拓也

2021年から実施される(現高2より)、「大学入学共通テスト」の詳細が徐々に発表されつつあります。そして昨日、英語の配点が発表になりました。それは、従来のセンター試験では、筆記200点、リスニング50点でしたが、共通テストでは、リーディングとリスニング各100点の計200点にするとの発表でした。また、民間試験(GTECや英検など)の導入は、各大学の定めた形で導入されるということでした。

今回の発表を受けて、「リスニングの配点高すぎ…!」と、従来までのセンター試験を受けてきた私は感じました。

では、私の専門科目である化学はどうなっているのかというと、昨年の11月に実施されたプレテストを見てみたら、文章が長くなっており、図やグラフを読解するだけでなく、自分で描くことまで求められています(絶対センター試験より難しい…)。当然、従来と対策の仕方も変わってきます。

しかし、これは決して悪いことではありません。確かに、これまでと違う入試形態になることで、過去問が存在しないわけですから、対策はしにくくなります。ですが、文章やグラフを読み、情報を整理し、それを正しく表現する、というこの思考の過程を今までより深く突き詰めたのが新入試なのではないでしょうか。歴史や漢字のクイズ番組などを観ていると、知っているか知らないかだけの、いわゆる一問一答形式の出題が目立ちます。そこに思考の過程はほぼありません。知識は一瞬で身に付けることが出来ますが、思考力というのは、一日や一週間で身に付くものではないはずです。リスニング力も決して短期間で身に付くものではありません。そういった日々の見えない努力が、新入試では従来より試されるということを踏まえ、これからの日々の学習に取り組んでいきましょう。

〜成長〜 森川佳紀

本日は、和歌山市内に警報が発令されたため2限までの授業となり生徒たちは途中下校となりました。生徒たちは嬉しそうにしていましたが、我々教員は授業計画が狂い喜んでいられません・・・。

さて、本年度最初の百人一筆が回ってきました!

というわけで、毎回恒例の植物成長記録を更新していきたいと思います。

↓↓前回記事↓↓
http://shin-ai.ac.jp/2013/hyakunin01/blog/2018/09/10/負けないように枯れないように%E3%80%80森川佳紀/

前回から、約10ヶ月経ち、柿やビワはどうなっているかというと・・・。

(柿;550日目)

(びわ;700日目)

柿は半年ほど前から枯れていたのですが、今春、急に元気を取り戻して何とか頑張っています。
葉が枯れても、根は張っているのですね。
一方、びわの方は物凄く元気に育っています!最初に植えたのが2017年の6月なので2年でようやくこの大きさに!何とも感慨深いです。
ちなみにアボカドは冬を越せずに枯れてしまいました・・・。

そして、最近メロンを食べたのですが、その種を庭に蒔いたら庭がエライことになってしまいました。(メロンの芽に庭を侵食されそうな勢いです。あぁ、我が家の庭が〜。)

そういえば、ニンジンの切れ端を水につけると芽が伸びるということを知り、最近ニンジンも始めました。こいつがまた、日に日に大きくなるのでめちゃ面白い!みんなも是非やってみて下さい!
(大体、1週間くらいで下の写真と同じくらいまで成長します!)


 

クラスでも育てているのですが、どこか生徒からは冷ややかな視線を感じます。。
もしや、面白いと思っているのは僕だけなのか・・・?