月別アーカイブ: 2012年12月

山本 茂樹先生

センター試験から10日が経ち、高校3年生は私立受験の真っ只中です。気持ちを切り替えて毎日登校し、各私立大学の受験準備講座に出席する生徒達をみていると、本当に、この頑張りが報われますようにと祈らずには居られません。センター試験、私立大学受験、国公立前期試験、後期試験と、年が明けてからは気の休まる暇がありませんが、何年も前からこの時期を想定して勉強してきた生徒達は強いです。今このときに存分に力が発揮できるよう、しっかり食べてきちんと睡眠をとって、万全の態勢で臨んでいただきたいものです。今の時期、受験料の振り込みに銀行や郵便局に行くと、「頑張ってくださいね」とお姉さんが優しく声をかけてくれるそうです。張り詰めた毎日の中でこんな応援の声を聞くと、ホロリとしてしまいますね。あと一か月から一か月半の戦いです。悔いのないように頑張りましょう!

後藤 幸子先生

SH3E0308今日はクリスマスです。皆さんはどのような思いで今日を迎えられましたか。
冬休みが始まった中、宿題に追われているのでしょうか。新しい年を迎えるために大掃除をしているのでしょうか。家族と一緒にクリスマスのケーキを作っているのでしょうか。
私にとって今年のクリスマスは、今までとは違ったクリスマスとなりそうです。
今年は校長先生からクリスマスのお話を教えていただき、改めてクリスマスについて考える機会を、そして、改めてこれまでの自分のあり方や自分の家族のことを考える機会を得ました。そういった意味で、今年のクリスマスは意味合いの違うクリスマスになりそう、ということなのです。
家族と一緒にケーキを食べたりすることにおいても、誰かと何かを分かち合うということを大切に感じながらケーキを食べると思います。家族とともに時間を過ごせるということを「当たり前」ではなく、とても貴重で大切なこととして、ありがたい気持ちをかみしめられたら、と思います。
私は、正直なところ、これまで「家族がいる」「帰る場所がある」ということを当たり前のように考え、あまり大切にしてこなかったように思います。そのことを校長先生のお話を通して、学び気づくことができました。そして、つぶやいているこの瞬間も、今年だけでなくこれまでの自分に対して内省を繰り返しています。だからと言って、すぐには何もかも今までのこじれのようなものが上手く解消するわけではないですし、(この年齢になっても)家族に対しても上手く自分の思いを表現できないことも多いです。

だから、これからは自分にはないものばかりを求めすぎることなく、今自分にあるものを大切にしていきたいと思っています。
新しい年を迎えるにあたって、そんな気持ちを胸に、私は今年のクリスマスを迎えることができました。
今日は朝から張りきって、久しぶりにブラウニーを作ってみました。
さて、これからお菓子を両親に届けに行こうと思います♪

溝本 祐子先生

今日は2学期の終業式でした。

ホームルームの時間に全校生徒が順番に新校舎を見学しました。 私が担任している中1の生徒たちも新校舎の美しさに歓声をあげていました。

正面玄関にはマリア様、イエス様、そしてイエス様の誕生を祝福する4人の天使のステンドグラスがあります。その前でクラスで集めたクリスマスの献金をお捧げました。

今年1年、無事に過ごせたことに感謝し、
来年も良い年になりますようにお祈りしました。

西岡 俊和先生

『友を選ばば』

「友を選ばば 書を読みて 六分の侠気 四分の熱」というのは,与謝野鉄幹という昔の人の詩(うた)なんだけど,いかにも時代遅れな感じがしないでもないな。ところで,「友」を選ぶっていうことはどういうことなんだろうか,いくら立派な人を友にしようと思っても,相手も自分と同じように思ってくれないとどうしようもないものね。とはいえ,自分のことはさておき,本当にすてきな人が自分の友達でいてくれたら,どんなにすばらしいことだろうと思いませんか。
僕の母はもう80歳をだいぶ前に超えたけど,学生時代からずっと変わらずにつきあっている親友が2人いて,いまでも電話でくだらないおしゃべりをして気合いを入れあっている。僕も子供のころからこの2人にはぼろかすにしかられ続けてきた・・・まるで母親が3人いるみたいだった。僕にもたぶんこのまま一生つきあうだろうと思われる友人が何人かいて,めったに会うことはないけど,彼らが同じ時間を生きていてくれたことはどんなに自分の励みになったか,言葉では尽くせないほどだ。彼らに出会ったのは,高校とか大学時代のどこかで,別にいつもつるんでいたわけでもないし,一緒に旅行に行ったりしたわけでもないのに,多くの友人の中でいつも気になるのは,こいつらだけなんだ。なんでこいつらなのかよくわからない・・・思い出すのは学生時代のほんのちょっとした仕草やくだらないけんかくらい・・・ただ,「へ~,こいつこんなことを考えてるんだ」と本気で感心したことはあったかな。そして,そんなとき与謝野鉄幹がなぜあんな詩を作った気持ちが,ちょっと腑に落ちる気がした。 きっとみんなも,今から何年か何十年かしてふとこれまでの自分を支えてくれたかけがえのない「友」のことを思うことがきっとあると思う。そんなとき,きっと不思議に思うだろう・・・なぜ,何十人もいた他の人ではなく,この人だったんだろうかと。いまあなたの周りでほほえんでいる何十人もの人たちのなかで,ほんの何人かだけが,これからほとんど会うこともないのにどんどんその輝きを増していく,そしてそれ以外の人たちは残念なことにその存在がどんどん希薄になっていく・・・そしてそんな数人の「友」だけが,さまざまな場面であなたを支えてくれることになるんだ。高校時代というのはほんとに忙しいし,勉強も受験もあるし,しなければならないことは本当にたくさん有るのだけど,一生その人とつきあうことになる「友」を見つけ,そして見つけられることほど大事なことはないと思う。 今,自分の周りを見渡してほしい,その中にきっとあなたのかけがえのない「友」になる人がきっといるに違いない。ただし今はそのことはわからない。何年か,ひょっとしたら何十年かたった時,はじめて自分にとって誰が「終生の友」だったのかわかるものだから。だから,ちょっとした一言や仕草に注意した方がいい,なにはなくても正々堂々と生きていてほしい・・・今でも誰かが,あなたの背中をじっと見ているかもしれないから・・・自分の終生の友って誰なのか考えながら。

藤田 淳四郎先生

こんにちは。数学科の藤田です。

信愛では、明日2学期の終業式を行います。

年明けには、中学生のみんなと高校生の一部はいよいよ新校舎への引っ越しです。

今の教室を離れてしまうのは少し寂しい気持ちもありますが…
新校舎は本当にびっくりするくらいきれいです。
2013年、新たな教室にて新たな気持ちで頑張っていきたいものです!

2012年も 残りわずかですが 1日1日有意義に過ごしていきましょう(^^)

東口先生

12月10日、11日に高校1年生の家庭科の授業でテーブルマナーの講習会を行いました。場所はホテルグランヴィア。ホテルの方にマナー講師をお願いし、実際に食事をしながらの講習会です。料理は「前菜、スープ、魚料理、肉料理、サラダ、デザート、コーヒー」のフレンチのコース料理で、ナイフとフォークの使い方やナプキンの役割、グラスの持ち方まで色々なことを詳しく教えていただきました。初めは慣れない雰囲気に戸惑っていた生徒たちでしたが、料理が進むにつれて和気藹々と食事を楽しんでいました。もちろんマナーは完璧です!!
生徒たちには今回の経験をこの先の色々な場面で役立て行ってほしいと思います。

辻 慶一先生

百人一筆をご覧の皆様こんにちは!!前回は励ます(ハゲ増す)会の話をしました・・・どうでしたでしょうか!
今回は昼ご飯の紹介をさせていただきます。今はまっている食べ物はセブンイレブンで販売している「カレーうどん」です。お店屋さんで食べる美味しさと匹敵するぐらいの価値があります(営業しているわけではない)。 一度食べたらやみつきになること間違いなし・・・2日に一度の割合でいただいています。夏場は温玉しらすご飯にはまりましたが、今の楽しみは美味しい食べ物をさがすことです。もしよければですが、これはおすすめという絶品の食べ物があれば是非とも情報提供してください!お待ちしております。
間もなく新校舎が完成しますが、食堂がはいるとのこと・・・どのようなメニューがあるのかとても楽しみにしています!!
信愛中高を受験しようと考えている受験生の皆様・・・いよいよ近づいてきましたね!!体調を整えて万全の状態で本番を迎えられるように残りの時間を有意義にお過ごし下さい
新校舎でお会いしましょう!!

山本 恵先生

今朝、朝礼の時間にクリスマス献金を集めました。これは21日に行われるクリスマスミサで奉納するためのものですが、金額は決められていません。「自分が痛み(我慢)と引き換えに、困難の中にある人々のために何ができるのか」ということを考えて、各自が献金します。

また、先日から各クラスではクリスマスにむけて、それぞれの誓いを掲示しています。クラスによって「人のために自分ができること」や「自分自身を成長させるための目標」など誓いの内容は様々ですが、各クラスに授業に行って一人一人の誓いを見せてもらうことは、教員にとっては楽しみの一つでもあります。

このように、信愛では「クリスマス」は自己を振り返り、他者との関わりを見つめなおす格別の行事なのです。 信愛生も信愛に入学するまでは、「クリスマス」はケーキを食べてプレゼントをもらうだけの行事だったかもしれません。 しかし信愛に入学したことで、一年のしめくくりに自己と他者について考える機会をいただきました。そのことに感謝し、誓いが新しい年に受け継がれていくように努力しましょう。

最後に、私は、生徒のみんな・家族・友人・私を支えてくれる多くの人々の幸せを祈ります。
2013年も良い年になりますように。

上田 渉子先生

本日は中学校の入試・学校最終説明会が行われました。
本校の教育内容・入試内容について、また各教科の傾向と対策について説明させていただきました後、完成間近の新校舎を少しですがご覧いただきました。 ゆったりとした間取り、美しいステンドグラス、木のぬくもりのある落ち着いた教室…等々、「真新しい校舎で学ぶ信愛生」の自分をイメージしていただけましたでしょうか? 本日ご案内のお手伝いは、元気いっぱいの中学バレーボール部員がいたしました。

たくさんのご参加をいただき、ありがとうございました。
受験生の皆さん、体調を整え、受験までの一月あまりを「とことん」頑張ってくださいね。心から応援しています。

堀江 剛先生

中学生の理科の学習内容が動物の分野になりました。「タコは何類?」「シーフード!」これからの授業が楽しみです。理科のクイズで気分転換をしてみましょう。シーフードからの出題です。
次の①~⑦の動物を2つずつペアにして3つのグループをつくって下さい。どれとどれが近い仲間かわかりますか? ペアにならずに残るのはどれでしょう?

① アワビ
② ウナギ
③ ウニ
④ エビ
⑤ カニ
⑥ タコ
⑦ ナマコ

ヒント:節足動物(甲殻類),軟体動物,棘皮動物が2つずつ含まれています。「棘皮」は「きょくひ」と読みます。「棘」は訓読みすると「とげ」。ナマコのからだにあるイボイボは棘とみなされます。タコは軟体動物です。けっこう難問ですが,チャレンジしてみて下さい!