月別アーカイブ: 2013年10月

西川誠則

今日はハロウィン当日。クリスマスほどではありませんが、巷では、何かと盛り上がっています。そんな中、本校では明日の物故者追悼ミサの前日準備を行いました。舞台の準備は万全です。あとは、バレーボール部、バスケットボール部の部員たちが練習後、床一面にイスを並べて完了です。関係者の皆様、お忙しい中の御参列、誠にありがとうございます。

さて、このミサの後、中1から高2までは一斉に秋桜祭の準備に取りかかります。来校を予定されている保護者、卒業生の方々、ご声援よろしくお願いいたします。

そして、そんな中も黙々と熱く闘い続けているのが高3生にクラブ生です。どちらも休日返上で鍛錬の日々。特に、バレーボール部、バスケットボール部は全国大会出場をかけた大きな試合を目前に控えております。こちらのご声援もよろしくお願いいたします。DSC_0678

おすすめアニメ映画「時をかける少女」 佐藤佳子

今日は、私のおすすめのアニメ映画「時をかける少女」をご紹介したいと思います。

東京の下町にある高校に通う女子高生・紺野真琴は、朝に弱く、遅刻をくり返す、お調子者の女の子です。学校の成績は中の下。ある日突然、時間を過去にもどってやり直せるタイムリープ(時間跳躍)能力に目覚めてしまいます。

最初はその能力に戸惑いつつも、妹に食べられたプリンを先回りして食べたり、遅刻した日に時間通り登校し、設問の内容を知っている抜き打ちテストで満点を取るなど、ささやかな私利私欲(?)のために自由奔放に自分の能力を使います。

過去を何度もやり直し、自分の思いどおりの生活を続ける真琴は、最初はその生活を満喫していますが、過去を変えていくことで友人関係に微妙な変化が訪れます。そして真琴は「過去を変えたこと」で本当に大事なものを永遠に失ってしまいます。

「あのとき、こうしていればよかった」「もっとテスト前に勉強しておけばよかった」など、私たちはついつい「現在の自分」の思い通りにならないことを、過去の自分の行動や周りの環境のせいにしてしまいがちですが、過去や周囲を変えるのではなく「現在の自分」が頑張ることが「現在の自分」を幸せにするのだと思います。

そしてその頑張りが、「未来の自分」につながるのだと思います。

 映画の中で、真琴は大事なものを失ってしまいましたが、その出来事をきっかけに、最後に自分の将来の目標を見つけ、未来に向かって大きく踏み出していきます。

 ぜひ、信愛生のみなさんも、真琴のように未来に向かって「時をかける少女」になってほしいと思います。

(この映画、音楽もなかなか素敵ですよ)

がんばってます 理系女子(りけじょ) 馬場吉久

和歌山信愛高校では,サイエンス・パートナーシップ・プログラム(SPP)の一環として,和歌山大学宇宙教育研究所,国立天文台ハワイ観測所と連携し,宇宙,天文についての体験学習を3回実施しました。9月28日(土)には,その成果を班ごとにまとめて,「天文少女になろう☆」SPP研究発表会を行いました。優秀だった1組8人は10月26日(土)に福山大学で行われた,「集まれ!理系女子 第5回 女子生徒による科学研究発表交流会」に参加し,パネル発表をおこないました。全国から集まった女子高校生に交じって堂々と発表していました。

科学部の理系女子もがんっばっています。パン用の小麦として最近北海道農業センターで開発された「ゆめちから」という小麦があります。この小麦はパン作りに重要なグルテンを多く含む、超強力粉を生じる夢の小麦です。しかし,その栽培方法などがまだ確定していません。施肥のタイミングや量など研究材料が多数あります。株式会社リバネスと敷島パンが募集した、自給率200%プロジェクト「ゆめちから」栽培研究プログラムに信愛科学部が応募し、信愛を含めて全国で3校が今年、栽培(タンパク質含量や,収穫量)の研究することになりまた。10月13日(日)に任命式と「ゆめちから」を使ったパン作り教室がありました。パン作りの大変さを実体験し,「ゆめちから」栽培の夢がふくらみました。

DSC_0266

 

 

 

北野正和

こんにちは。高3担任の北野正和です。ただいま信愛は体育祭を終えて、秋桜祭(文化祭)に向けて準備中です。私が顧問をしている科学部のみんなも忙しい中、準備に追われています。その中、2つの学年は違った動きをしています。その1つの学年は中学2年で、長崎へ研修旅行に旅立ちました。台風が心配されていますが、何とか無事に出発しました。そしてもう1つの学年は高校3年です。高校3年は、わかば祭(春の文化祭)の舞台発表をしたので、今は受験勉強に励んでいます。春の文化祭では、各クラス一致団結して、これから1年共に戦っていく友達と深い絆をつくりました。その目に見えない絆は、今の時期でもいい形で残っているような気がします。今週末には、外部模試を受験することになってます。また次の連休は学校で勉強会があります。休みなく頑張る信愛生を見ていると、本当に粘りがあり感心します。私も逆に頑張らないとと元気とやる気をもらいます。これからいよいよ入試本番に向かいます。春の一致団結したクラスの絆を心において、共に頑張りましょう。

藤田淳四郎

10月も下旬にさしかかり、少し肌寒い日も増えてきたように感じます。あっという間に10月も終わり、11月になろうとしています。先日体育祭が行われたばかりですが、生徒の気持ちはもう11月2日に行われる文化祭へと切り替わっています。舞台発表でダンスをしたり、お化け屋敷をしたり、豚汁・おにぎり・パフェ・たません・タピオカジュース…などなど、さまざまな商品を販売したりと、各クラス11月2日に向けて準備しています。去年は、校舎建て替え工事の最中での文化祭開催だったので、現在に比べると少し狭いスペースでの開催となりました。今年は校舎も完成し、スペースも広くなり、個人的にもどのような文化祭になるのか楽しみにしています!!生徒のみんなも、一生懸命準備しているので、ぜひ思い出に残る文化祭になってくれれば…と思います。授業・宿題・行事など…何事にも、一生懸命に取り組んでいる様子はすばらしいと思います(^^) 自分自身も ダンス練習&豚汁作り できるかぎり協力していこうと思います!! 明日は天気がどうなるのか心配ですが、授業&準備が行えることを祈っています(^^)

The calm before the storm – Allen

I don’t think I am alone this morning when I say that 「my legs hurt」. A lot of energy was spent yesterday at the Big Whale Stadium during this year’s sports festival. I was most impressed with the yellow block, who cheered the loudest out of the four. When the students lined up to hear Sister Morita’s goodbye address, the look on the faces of some of the third year students told me that reality was sinking in. After six years this was their last sports day, school is rapidly coming to an end, and the life of a new world outside Shin Ai’s cozy confines is steadily approaching.

For my own class, second grade junior high school, that realization is far in the distance. For now they are focused on the upcoming school trip. Tomorrow we leave for Nagasaki. There has been much discussion amongst the teachers for the past week about what to do regarding the approaching typhoon. However, checking the radar this morning it appears that it is moving east, away from Kyushu. Prayers work!

Thanks to the great planning of Horie-sensei and Nakatani-sensei, I have no doubt that the trip will go off without a problem. Have a wonderful weekend! いってきます!

遠藤 克彦

 今日は中高そろっての体育祭。和歌山ビッグホエールという体育館におきまして、「女子たちの熱き戦い」が繰り広げられました。今年は例年になく新しい企画が盛りだくさんの体育祭であったように思います。中2のクラス対抗の「Dance Battle」、ブロック対抗の応援合戦、校内で活動しているクラブが参加する「クラブ対抗リレー」、昼休みに行われた信愛幼稚園年長組の「元気いっぱい、笑顔100%(ダンス披露)」。幼稚園から中学、そして高校が一体になっての大きな大会になりました。

私はちなみにボクシング同好会の顧問をやっており、部員の生徒とともに「クラブ対抗リレー」に参加しました。勝負は度外視、どれだけのパフォーマンスができるかの競技です。「走りながらミットうちをするぞ。おれが併走するから合図をしたらいつもやってる、ワン(左ジャブ)ツー(右ストレート)スリー(左ジャブ)フォー(右ストレート)だ」と指示をだし、恥ずかしがる部員たちとなんとか出場し、無事リレーは終りました。それなりの反応も得ることができ、最初は恥ずかしがっていた部員たちも達成感を得たようです。体育祭が終った後、早速「私、空手やってるんですけど、ボクシング、行っていいですか?」「私中学のときフェンシングやってたんですけど行っていいですか」という2人の生徒たち。「おお、どんどんきてきて。そんな子大歓迎。」と私。こんな形でいろんな生徒との授業以外でのつながりができていくのがうれしいですね。

今週末の日曜日(10月27日)はまたまたやってきました、和歌浦ベイマラソンの日。昨年ハーフマラソン&10キロにエントリーし、出走者皆完走という感動の結末を見せてくれたわがH3B組は今年は受験勉強のためにパス。その日は河合塾の模擬試験を受けにいくことになってます。(まさしく受験生だ…。昨年からの時の流れを感じます。来年は何人かがまた走りたいと言っています。)そのかわり、校内でランナーを募集したところ、中高合わせて47名の申し込みがありました。高校生が大半です。そして10キロにエントリーしています。今のH3Bの生徒たちがあえて選んだ茨の道を、後輩たちがうけついでくれると思うと嬉しくなってきます。彼女たちはきっと大切なことをマラソンを通じて得ることができるはずです。私もできるかぎりずっと彼女たちとともに走りたいと思います。しかし、ただ一つだけ心配があるんです。日曜日、台風頼むから来ないで……。

 

 

 

明日の出番を待つ2台のカメラ  奥澤敏彦

写真部では2台のカメラを所有しています。Canon EOS Kiss X6iとX2の2台です。明日は体育祭です。部員が交替で撮影をします。バッテリーへの充電も完了。2台のカメラは明日の出番を待っています。

DSC_0003

カメラは部員たちにいつでも貸出できます。自分のカメラが無くても活動できますので、受験生の皆さん入学後はぜひ写真部に入部してくだい。

和歌山県高等学校総合文化祭写真部門展が11月15日(金)~17日(日)に和歌山ビッグ愛で開催されます。

山本 恵

ここ数日で急に寒くなり、教室でも上着を着ている生徒が増え、「いよいよ秋が来たのだな」とうれしく思います。

秋の信愛は体育祭・文化祭・学年行事の準備で大忙しです!今週の水曜日、中学3年生は職業体験の事前連絡のために、それぞれがお世話になる事業所さんへの電話かけをおこないました。見ず知らずの人に電話をかけるのは大人の私でも少し緊張しますが、生徒のみんなの緊張はそれはそれは大きなものであったと思います。そばで電話かけの様子を見ていると、「おっ!受け答えが上手!」とか「臨機応変に対応しているな」とか、生徒のみんなの新たな発見があり、感心しました。

電話かけが終わるとすぐに文化祭の準備にスイッチ切り替えです。食券を作る係、チラシを描く係、看板を作る係に役割分担して、お互いに指示を出し合いながらテキパキと動いていて、さすが中学3年生だと感心しました。明日は食券販売です。たくさん売って、たくさん買ってください!

今朝の放送朝礼で「段取り八分」というお話がありました。私は「まさにその通りだな」とかみしめながら聞いていました。クラスのみんなには話をしましたが、職業体験の電話かけがスムーズに進んだのは、前もって話すことをきちんとまとめてあったからです。明日の食券販売がうまくいけば、それは準備をしっかりしてあるからです。勉強面でもそうですよね。小テストに合格するのは、きちんと準備(勉強)してあるからです。定期テストで良い成績をおさめられるのは計画的に準備(勉強)してあるからです。すべては段取り(準備)次第なのです。

慌ただしい日々が続きますが、優先順位をしっかりつけて、でも全てをおろそかにすることなく、よく考えて行動してください。楽しい体育祭・文化祭、学びの多い学年行事にしましょう!

藤原 麻衣

ちょうど一年前、初めて「つぶやき」を投稿しました。
去年の私は、「最近めっきり涼しくなってきたので、夏の間は閉めていた新校舎自慢の大きな窓を開け放して授業をしています。とても風通しがよく、気持ちのよい風が教室を吹き抜ける」と書いていましたが、今年は空気が冷たく、窓を開け放っていると涼しいどころか、寒さを感じます。先週まで汗をかきながら授業をしていたのに・・・。
今年の9月10月は、気温の差が激しく、体調を崩した人も多かったのではないでしょうか。天気予報を見てみると、今後は最高でも25度くらいのようです。そろそろ半袖をしまうことができるでしょうか・・・?
そんなことを考えていたのですが、昨日半袖のブラウスを着ている生徒を見たことを思い出しました。その生徒に「寒くないん?」と声をかけた所、「まったく!むしろちょっと暑いくらいですよ!」という答えが返ってきました。・・・暑くはないだろう、暑くは!!

体育祭や研修旅行、ミサやコスモス祭、遠足(高校生は大学見学)・・・と、11月にかけて行事が目白押しです。風邪をひかないようにして、行事をめいいっぱい楽しみたいですね。そして、行事を楽しんだあとはスイッチを切り替え、やるべきことを丁寧にやっていきましょう。