がんばってます 理系女子(りけじょ) 馬場吉久

和歌山信愛高校では,サイエンス・パートナーシップ・プログラム(SPP)の一環として,和歌山大学宇宙教育研究所,国立天文台ハワイ観測所と連携し,宇宙,天文についての体験学習を3回実施しました。9月28日(土)には,その成果を班ごとにまとめて,「天文少女になろう☆」SPP研究発表会を行いました。優秀だった1組8人は10月26日(土)に福山大学で行われた,「集まれ!理系女子 第5回 女子生徒による科学研究発表交流会」に参加し,パネル発表をおこないました。全国から集まった女子高校生に交じって堂々と発表していました。

科学部の理系女子もがんっばっています。パン用の小麦として最近北海道農業センターで開発された「ゆめちから」という小麦があります。この小麦はパン作りに重要なグルテンを多く含む、超強力粉を生じる夢の小麦です。しかし,その栽培方法などがまだ確定していません。施肥のタイミングや量など研究材料が多数あります。株式会社リバネスと敷島パンが募集した、自給率200%プロジェクト「ゆめちから」栽培研究プログラムに信愛科学部が応募し、信愛を含めて全国で3校が今年、栽培(タンパク質含量や,収穫量)の研究することになりまた。10月13日(日)に任命式と「ゆめちから」を使ったパン作り教室がありました。パン作りの大変さを実体験し,「ゆめちから」栽培の夢がふくらみました。

DSC_0266