おすすめアニメ映画「時をかける少女」 佐藤佳子

今日は、私のおすすめのアニメ映画「時をかける少女」をご紹介したいと思います。

東京の下町にある高校に通う女子高生・紺野真琴は、朝に弱く、遅刻をくり返す、お調子者の女の子です。学校の成績は中の下。ある日突然、時間を過去にもどってやり直せるタイムリープ(時間跳躍)能力に目覚めてしまいます。

最初はその能力に戸惑いつつも、妹に食べられたプリンを先回りして食べたり、遅刻した日に時間通り登校し、設問の内容を知っている抜き打ちテストで満点を取るなど、ささやかな私利私欲(?)のために自由奔放に自分の能力を使います。

過去を何度もやり直し、自分の思いどおりの生活を続ける真琴は、最初はその生活を満喫していますが、過去を変えていくことで友人関係に微妙な変化が訪れます。そして真琴は「過去を変えたこと」で本当に大事なものを永遠に失ってしまいます。

「あのとき、こうしていればよかった」「もっとテスト前に勉強しておけばよかった」など、私たちはついつい「現在の自分」の思い通りにならないことを、過去の自分の行動や周りの環境のせいにしてしまいがちですが、過去や周囲を変えるのではなく「現在の自分」が頑張ることが「現在の自分」を幸せにするのだと思います。

そしてその頑張りが、「未来の自分」につながるのだと思います。

 映画の中で、真琴は大事なものを失ってしまいましたが、その出来事をきっかけに、最後に自分の将来の目標を見つけ、未来に向かって大きく踏み出していきます。

 ぜひ、信愛生のみなさんも、真琴のように未来に向かって「時をかける少女」になってほしいと思います。

(この映画、音楽もなかなか素敵ですよ)