月別アーカイブ: 2014年2月

いよいよ卒業式             奥澤 敏彦

年が明け、センター試験、私大入試、国公立前期試験とあっという間に過ぎました。気が着けば、明日は卒業式。

今日、卒業感謝ミサと卒業式予行が行われ、明日の卒業式の準備が着々と進められています。

IMG_9393

私大受験・国公立大の前期試験が終わったとはいえ、勝負はこれから(国公立中期後期、私大後期日程)という生徒もたくさんいます。最後まで頑張り、志望校合格を勝ち取ってほしい。

中 めぐみ

今日は学期末テストの時間割発表でした。いよいよ今年度最後のテストですね。生徒の皆さんはテスト勉強に「一生懸命」取り組めているでしょうか?

「一生懸命」という言葉は「武士が賜った『一カ所』の領地を命がけで守り、それを生活の頼りにして生きたこと」を意味する「一所懸命」から派生しているそうです。

日本史上で初めて「武士道」という言葉が登場したのは山本常朝著の『葉隠』という本だと言われています。『武士道とは死ぬことと言われたり』という一文から始まる本なのですが、このフレーズを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

『葉隠』序文では、上記の文のあとに「我人生くる方が好きなり。多分好きの方に理が付くべし。」という文が続きます。

「私たち人間は、生きるほうが好きだ。だいたい人間は好きな方に理由をつけてそちらを選ぼうとする。だからこそ、いざというときに領地を命がけで守れるよう日頃から「死ぬ」ということを意識しておかなければならない」という意味だと私は解釈しています。

人間、どうしてもしんどいことや嫌なものを避け、楽なことや好きなものを求めてしまいがちですよね。テスト期間になると、普段しない部屋の掃除をし始めて勉強を後回しにしてしまったり、好きな教科ばかり勉強してしまったり・・・経験したことがある人も多いのでは?

是非、今回の学期末テストは日本古来の思想「武士道」に習い、好きなものよりもまず嫌なこと・苦手なものと向き合い、「一所懸命」勉強に取り組んでいってもらいたいなと思います!

仲川 淳三

先週の土曜日、生徒会役員によるけやき通り清掃活動を行いました。これは平成27年度高校総体の県高校生活動推進委員会の自主活動の一環として行ったものです。

始めてみてびっくり、なんとゴミの多いこと!それも約8割がたばこの吸い殻です。生徒たちは最初は道具を使っていましたが、あまりの多さに途中から素手で拾っていました。エライ!今年の生徒会の役員には本当に頭が下がる思いです。一緒に手伝ってくれた生徒さんたち、ありがとうございました。いい経験になりましたね。IMG_0613 IMG_0615

いよいよ本番!  前田 紫

今日は国公立大学の前期入試です。
受験生のみんなが、今まで努力してきた成果を、出し切れますように。
教職員一同お祈りしています。

下の写真は、我がクラスの後ろの黒板に書かれている言葉です。今年の信愛高校3年生の合言葉です。

平常心

いつも通りにやれば大丈夫!!
落ち着いて頑張って!

マカオに想う  和田由紀

 地方の大学に通っている長女は大学の試験も終わり、長い春休みに突入したというのに、戻ってこない。やっと「今週末帰るから。」という連絡があったと思うとどうやらその翌日からの香港・マカオ行きの旅の足がかりに我が家を使うだけのためのようだ。娘は香港・マカオに行くのは初めてだというが、実際には一歳の時に一度行っている。記憶にもないのは仕方がないが、私自身にとってはその旅が一番思い出深いものになっている。
 香港を足がかりにマカオへ日帰り旅をした。一歳の娘をベビーカーに乗せ、私はよく下調べもせずマカオに降り立った。20年前のマカオは世界遺産に登録されるずっと前で、素朴でとりたてて華やかさを感じることもない地だった。公共バスに乗ったものの途方に暮れている私に、行き先を聞いてくれ、香港ドルしか持たないと知ると自分のマカオのお金をくれ、「さあ着いたから、このお金を入れて降りなさい。」と言ってくれた。そしてベビーカーを担いで下ろしてくれた。その人はたまたま乗り合わせただけの中年の男性。また、迷子になって入ったホテルのカウンターの人に行き先を聞くと、「ちょっと待って。」と自分の友人のタクシーの運転手を呼んで私たちをその人に送らせた。その人は私の「料金は?」という声を聞こえなかったように優しい微笑みだけを残し去って行った。小さな資料館の中では「あなた日本人?行ったことがあるの。素敵な国ね。」と気さくに声をかけてきてくれた20代の女性がいた。二言目には「お金、お金」という声の飛び交う香港から私は素朴だが温かなこのマカオの人達にどれだけ幸福な想いを抱かせて頂いたか、今も忘れることはない。どんな美しい風景もどんなおいしい料理も人々の心の温かさに勝るものはないのだと感じることのできた旅だった。
 和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたり、17件もの世界遺産を有する日本であるが、温かなおもてなしの心こそ、日本が世界に誇るもの無二のものであると思う。少し、はにかみ屋さんが多いが、温かな心を持っているという意味では信愛生もマカオの人たちに負けないものを持っていると思う。その優しい気持ちを忘れず、さらに磨いていってほしいものです。

松井 涼

 以前、脳科学の本を読んでいた時に、作り出す表情が与える脳への影響について触れている箇所がありました。内容はというと、口角を上げて笑顔を作り出すと、たとえ気持ちは伴っていなくとも、脳に対してポジティブな効果があったというものです。
 また別の科学雑誌では、うつ病の人に対して、眉間にしわが寄らないよう矯正しただけで、症状が和らいだという結果も報告されていました。
いずれも、気持ちは伴っていなくとも、表情を明るくするだけで、気持ちは変わるということを示しているのだと思います。
 学年末試験まで2週間を切りました。国公立大学の前期試験も迫ってきています。大きなプレッシャーによって、不安や心配を感じている生徒もいるかもしれません。そんな状況にいるときだからこそ、笑顔を忘れないでほしいです。

努力の才能

 和歌山信愛では、朝礼の時間帯に、いろいろな先生の話が放送されます。今日のお話は「オリンピック」そして「努力」についてでした。多くの選手達が、「結果が出るともちろん嬉しいが、メダルに届かなくても、それに向かって努力をし続けられたことが嬉しかった」等の感想を述べています。大学受験にも同じことが言えるかも知れません。入学したときから少しずつ目標にする大学について考え始め、情報を集め、合格するために何をすべきか考え、勉強する。「努力の才能」の大きさは人によって違うかもしれませんが、その人なりに一番実力が発揮できるような努力の形を見つけて、それをサポートしたい。私たち教員は、そんなふうに考えています。もうすぐ国公立大学の前期試験です。毎日登校する高3生の顔は、りりしく引き締まっています。ここまで来ると私たちは健闘を祈るばかりです。素晴らしい未来に続く受験にできますように。

冬季オリンピック

数学科の中西です。ソチオリンピックの熱い報道が続いている今日この頃です。そんなニュースを聞きながら思い出したことをつづります。
ひとつは,リレハンメルオリンピックです。この年は自分が高校3年生で大学受験の年でした。国公立大学2次試験に向けて必死に勉強中だったので,オリンピックの内容はあまり覚えていません。しんどかったなぁ,ということくらいしか思い出せません。前期日程は不合格だったので,思い出の中のしんどさは増幅しているかもしれません。
もうひとつは,長野オリンピックです。大学4年生も終わりに近づき,卒業研究に忙しい頃でした。実験(計算機シミュレーション)して,データを整理して,分析して,検討して,論文を執筆して,添削してもらって,訂正して。さらに,実験して,データを整理して,……(以上,ひたすら繰り返し)。睡眠時間が3日間で3時間くらい,なんて日もありました。いまから思いだしてもすこし冷や汗がでます。
このように,冬季オリンピック(の時期)にはあまりいい思い出がありませんが,しんどいことをなんとか乗り越えた先には何か新しいことが待っている,ということを実感してきた思い出でもあります。

ともあれ,高校3年の受験生,がんばれ。

合唱コンクール 溝本 祐子

DSC_0100

今日は中学校合唱コンクールでした。
練習の時間があまりなかったと思いますが、どのクラスも心を一つにして、きれいなハーモニーを響かせてくれました。

私のクラスも練習し始めたころは、「このままで大丈夫なのだろうか…」とずいぶん心配しましたが、何と、最優秀賞をいただきました! おめでとう!
少し日が過ぎてしまいましたが、最高のバレンタインの贈り物でした(^-^)

私はここ数年、ずっと合唱コンクールを見ているのですが、年々とレベルが上がってきているように思えるのは私だけでしょうか? 
来年も美しい歌声を聞かせてもらえることを楽しみにしています。

辻 慶一

先日2月14日は年に一度のバレンタインデー。
チョコレートをいただき、本当に有難うございました。
手作りチョコやクッキー、気持ちがこもっているものばかりで本当に感謝です!!

チョコレートを渡す時の生徒の皆さんはニコニコ、恥ずかしそう・・・色々ですが、共通しているのは、最高の「笑顔」をしていることです。ムスっとしている人や怒っている人はだれ一人いないのです。皆さんの笑顔は本当に素晴らしい。
僕はとても心が癒されました。
笑顔でいると周りの人が幸せになり、また幸せになると笑顔がふえて周りの人が幸せになる・・・一度鏡の前で、自分の笑顔を見て下さい!!
信愛中高の生徒の皆さん、そんな笑顔や幸せが溢れる学校生活を送って行きましょう。