月別アーカイブ: 2014年12月

山野雅哉

本日は、終業式・クリスマスミサがありました。

クリスマスミサは、信愛では最も大切な行事です。今日本中いたるところで、きらびやかなクリスマスムード一色ですが、信愛では派手さはないですが、静かにクリスマスをお祝いします。

クリスマス(Christ Mass)という言葉は英語で、Crist=キリスト・Mass=ミサ「キリストのためのミサ」という意味です。キリストの誕生を記念し、祝うためにミサに出席するという習慣からきた言葉らしいです。まさに信愛では本当のクリスマスを祝うのです。無題

冬休み      辻 慶一

つぶやきをご覧の皆様こんにちは!

一段と寒さが厳しくなってきましたね・・・体調のほうはいかがでしょうか。

さて、今回のつぶやきですが、間もなく待ちに待った!?冬休みが始まろうとしています。

生徒の皆さん・保護者の方々・先生方の予定はいかがでしょうか??

冬休みといえば、クリスマス・年末年始(年越・お正月)・お年玉などたくさんの行事があり、想像すればするほど色んな楽しみが待っていますね!!!

生徒の皆さんは素早く計画的に冬の課題を終わらせて、有意義な冬休みを過ごしていただきたいものです。高校3年生は受験が近づいていますので、体調管理をきちんとして、万全の状態で本番を迎えて下さい。

ところで、忘年会のシーズンですね・・・数ある忘年会での出来事で、楽しみの一つである余興でのビンゴゲーム!!なんと豪華な景品が当たるのですが、何枚かあるカードが全然当たりませんでした(悲)今までは当たっていたのに・・・残念な気持ちがありましたが、ポジティブに考えてみると、ここで運を使ってはいけないと!

ということは、どこで僕の持っている運を使うのか・・・先日、一獲千金を夢みて購入した年末ジャンボ宝くじ(一等賞)が当たるのではという期待をしています。

そして今から使い道を考えなければ(笑)

皆さんは夢を持っているでしょうか?

夢を持ち続けることは大事なことだと思いますし、僕は永遠に持ち続けます!!

頑張ります。

展示棚   山塚英章

私は職種上、行政や銀行、物販企業の方々等が来校された時に応対しています。               場所は1階の応接室で、来校された方は、応接に入る時は展示棚が死角になるので気付かないのですが、商談が終わって応接を出たとき、目の前にある展示棚の各スポーツ大会での優勝トロフィーや盾・賞状の多さに驚かれます。(大きな大会終了後は更新されているので、見たことがない人は一度ご覧あれ。)

正面玄関から入って、たった10mくらいの応接までの間に生徒の活躍した証が、沢山あるということです。 じゃあ校内すべてを回ったら、どれだけ驚かれることでしょうか??                         生徒の皆さんは多岐にわたり活躍しています。勉強・スポーツ・趣味・特技 等々・・

また、「何も興味ないわ~」と思う人も学生時代は視野を広げられるチャンスであり、やわらか頭でドンドン吸収できる年代です。別に活躍できなくても、全然かまいません。

何かしら夢中になれることを見つけることが出来れば大人になった時、その経験が生かされるでしょう。  見つけてみませんか。!!IMG_0691

林 三千夫

気がつけば、早くも12月も半ばになりました。今年も2週間と少しで終わります。12月は、日本では「師走」とも言いますが、その意味は諸説あり、はっきりしていないそうです。

・「師が走る」説=「師」が走るほど忙しい季節。しかし、「師」も諸説あり、御師(お寺や神社などへ参拝しに来る人々の案内する人)、お坊さん、先生などあるそうです。

・「し・果す」説=師走を「し」が「果す」ととらえるという意味で、つまりは「し」が終わるという説。「し」とは「仕事」や「四季」、「年」を意味しており、一年の最後の月という意味合いが強いのがこの説の特徴です。

・「当て字」説=奈良時代の書物には「12月」と書いて「しはす」という読みがながふってあり、もともと12月のことを奈良時代の人は「しわす」と読んでいたということで、つまりは師走という言葉は誰かが字の意味を無視して適当につけた言葉という説。

他にも諸説あるそうです。

何かと忙しくなる季節ですが、健康で充実感に満ちた気持ちで新しい年を迎えたいですね!

個人的に今年とても印象に残っていることは、テニスの錦織圭選手の大活躍です!世界ランクTop5に入る大活躍は、日本人にとって、アジア人にとって初の快挙であり、テニスファンのみならず、多くの人々に感動と勇気を与えてくれました。

スポーツに限らず、多くの日本人が世界を舞台に活躍していますが、大きな夢(目標)とそこに向かうための計画、そして努力がないとできないことだと思います。私も大きな夢に向かい、コツコツと努力していきたいと思います!

八幡 瑞穂

今年一年の世相を表す「今年の漢字」が本日、清水寺にて発表されました。

2014年の「今年の漢字」は「税」。

今年4月からの消費「税」の増加や、「税」金の有効な使い方を決める立場であるはずの政治家による「政治と金」問題(あの「号泣会見」も流行語大賞の候補に挙がっていましたね)が話題になったこと、来年10月に10%に引き上げ予定だった消費「税」増「税」が先送りされたことなど、多くの人にとって、「税」についてより一層考えさせられた年だったことが反映していると思います。

みなさんが、自分の過ごしたこの一年を漢字一字で表すなら、どんな漢字になりますか?今年一年を振り返るいい機会になりますし、一度考えてみるのもおもしろいですね!

「和歌山信愛岸和田支部」にて 遠藤 克彦

12月に入り、世間は忘年会シーズン真っ只中です。われわれ、教員の間でもいろいろな形でこの1年を総括しようという会があちこちで開かれます。先日、私が懇意にしていただいているH先生との話の中で、「ぼくらも今年1年、どっかで締めくくらなあかんな」という話になり、ささやかな食事会を開くことになりました。もちろん場所は、HOLYMPUS DIGITAL CAMERA先生邸。岸和田市にあり、ごくごく一部の教員の間では「和歌山信愛岸和田支部」、とか「和歌山信愛岸和田分校」とかいわれているところです。そこにこれまた最近懇意にしている某若手教員O先生とお邪魔することになったのです。3人で相談し、焼き肉でもやろうかという話になり、食材持ち込みでH先生邸リビングを使用させて頂くことになりました。ところで、H先生と言えば、生徒の皆さんもご存じのとおり当校随一のきれい好き。几帳面を絵に描くとこうだろう、という人であります。家の方も築2年半が経つものの新品同様、ほこり1つ、チリ1つ落ちていません、本当に。左の写真の背景をみれば想像できるでしょう!家に入ってこの美しさにまず感動。そして、いつものスーツ姿とは違う、エプロン姿(フランス製)の似合っていることにさらに感動。このピカピカのキッチンで、われわれが持ち込んだ食材を手早く処理してくれたその手際のよさにまたまた感動。学校では見ることができないH先生の素敵な一面を見せていただきました。もちろん、焼き肉がおいしかったことはいうまでもありません。ただ、食後数時間経った時のH先生のうめくような「臭いが…臭いがとれへん…」との声。H先生、臭いはいずれなくなりますから、大丈夫ですよ。ほんとに楽しい食事会でした。またやりましょうね。H先生。