月別アーカイブ: 2016年4月

南 正人

本日は「わかば祭」!
天候にも恵まれ、最高の文化祭となりました。
生徒のみなさんの、こういう時の「頑張り」には、いつも感動させられるのですが、今年は僕自身が実行委員長をしたこともあって、より広くみなさんの活躍を見ることができ、みなさんが細かい所までよく気を配って、本当に一生懸命頑張っていたことがよくわかりました。
そして今日は、頑張った人ほど、楽しめたのではないでしょうか。
きっと努力に比例して、喜びは増大するのですね。
これからも、頑張ろうね、後の喜びのために、何事に対しても……。

北野 正和

明日は、信愛の文化祭である『わかば祭』があります。今日は、各クラスが一生懸命準備をしていました。

その中で、中1と高1は、新入生ミサをしました。お聖堂で元気よく聖歌を歌っている新入生を見て、入学式からたった3週間しかたっていないのに、立派な信愛生になったなあと嬉しくなりました。

明日は、天気予報は晴れだそうです。新入生も含めて楽しい『わかば祭』になることを祈っています。

平山 ありさ

この間から雨の日ばかり、今日の天気も雨でした。最近なんだか雨が多い気がします。。。

と思っていたのですが、本当に今年の春は雨が多いんだそうです。

春が終われば梅雨がやってくるというのに、雨ばかりでなんだか憂鬱な気持ちになってしまいます。

話は変わって、明後日はわかば祭です。模擬店の中には、グラウンドにテントを張って屋台をするクラスもあ

ります。せっかくのわかば祭。天の神様、どうかわかば祭の日だけは、雨を降らさないでください!

祝勝会  藤田絢香

皆さん、こんにちは。本年度最初の百人一筆、信愛二年生の藤田絢香です。

今日は朝礼で体育館に全校生徒が集まり、全国大会準優勝の高校ソフトテニス部、都道府県対抗の大会の選抜チームの一員として活躍した中学生の祝勝会がありました。大きな優勝カップを持ち、メダルをかけた選手たちを見ると、コートの上でたくましく戦う姿が目に浮かんできました。本当におめでとうございます。

私自身も学生時代、ソフトボール部に所属していました。たまに、その頃を振り返り無性にゲームがしたくなります。いろんな人に「めっちゃ打ちそう!」とか「ポジションキャッチャー!?」など言われるんですが、ポジションはピッチャーでした。ウィンドミルです。バレーボールも大好きなので今から校内バレーボール大会が楽しみです。

私が担任の持つ高2Eはわかば祭模擬店で、鬼ボールを売ります。鬼ボールとは、、、、、

気になる方は是非当日きてくださいね♪

野上 惠未

わかば祭を今週末に控え、いつも以上に学校が活気づいているように感じます!ちなみに私のクラスは綿菓子を売ります!イチゴ味やレモン味など変わり種も用意しているので興味のある人はぜひ♪♪

さて、私事ですが先日、兄の結婚式に出席してきました。 張り切って成人式以来の振り袖を着ました!友人の結婚式は今までに何回か出席してきましたが、兄の結婚式は友人の結婚式とはまた違うなんともいえない不思議な気持ちになりました・・・。妹ながら、兄も大人になったんだなぁ・・・と感動しました。笑 そして、花嫁さんによる両親への手紙の朗読を聞いていて、感謝の気持ちを言葉にして相手に伝えることは本当にすてきだなと感じました(^^)

IMG_2587

 

演劇にかける青春 石橋香織

私は今年度から演劇部の顧問を務めることになりました。とはいえ、私自身これまで演劇をやった経験も鑑賞した経験もなく、「演劇部ってどんな活動しているのかな?」と思っていました。

そんな時、生徒から「わかば祭で上演する劇を見に来て下さい!」と声をかけてもらいました。見せてもらったのは、部活紹介用の5分ほどの作品です。生徒が自ら台本を考え、配役を決めて、演じる。今回は高校3年生の演技を見せてもらいましたが、個性的なキャラクターが作り出す日常とはちょっと違う世界を、楽しく鑑賞させてもらいました。

偶然にも演劇部の高校3年生は、みんな授業で教えたことがある生徒ばかりでした。普段の授業では、ちょっと大人しい生徒かな?と思っていた生徒も、舞台の上に上がると役に入り込み、別人のように堂々としてキラキラと輝いて見えました。高校3年生は、わかば祭が高校最後の舞台となります。「やりきった!」と思える準備をして、本番に臨んでもらいたいと思います。頑張れ!演劇部!

なお、わかば祭での上演スケジュールは次の通りです。ぜひ、彼女たちの舞台を見に来て下さい。また、新入部員も大募集中です!

★9:00~9:50 空想世界と三銃士(演劇部)

★10:22~11:07 Final Wonder Story(演劇部引退組)Image Image-1 Image-2

新入生研修会 中学            田福克裕

今年も、紀北青年の家で、新入生研修会を、高校1年生の1班が4月15日(金)~17日(日)。2班が入れ替わりで17日(日)~19日(火)そして中学1年生も19日(水)~21日(金)に実施されました。

17日(日)は暴風警報が出ていたため、2班の出発が遅れてはしまいましたが、他は順調に有意義な会となりました。

私は中学1年生の担任として参加しました。生徒たちは、校長先生、山野先生そして大先輩の山田笑子先生のお話しを聞きながら信愛生としての自覚が芽生えていたようでした。

これから6年間のスタートを良い形できれたと思います。2か月前に卒業した高校3年生のように逞しく成長してくれることを願いました。image1

補助輪    木村 宣史

50636665_220x141こんにちは。今年度1回目の百人一筆を書かせていただきます。

1年生の担任となって約2週間が過ぎました。私のクラスの生徒たちは高校から信愛に来た子たちなので、ようやく日常のリズムが整ってきつつあり、先日の紀北研修を経て話の出来る友人も増えてきたようです。

これからどのように彼女たちが成長していくのか、楽しみでもあり心配でもあります。

そこでタイトルの「補助輪」の話になるのですが、これは生徒に対する自分の立ち位置を表す言葉として私が日頃意識しているものです。自立するために必要なものであるけれども、いつまでもあってはいけないものであり、また目立たないけれども支えとなっているものだと思います。

まだ彼女たちはこれから先の人生を自己決定していく上で指導してあげなければいけないことがたくさんあります。でもあくまで自己決定するための「支え」でなくてはいけません。自転車がいつか補助輪なしで軌道に乗って走っていくように、彼女たちの人生も補助輪をはずして自分の力で前に進んでいけるようにアドバイスをしていきたいと思います。

ちなみに私も自転車通勤ですが、たまの強風にあおられてよろけながらなんとか通勤しています。まるで自分の人生のよう(笑)

 

 

~すべきだ。が私を焦がす。 藤原 麻衣

国語科の藤原です。
勤め始めてから、ずっと古典の指導に携わらせて頂いていたのですが、本年度から現代文も担当させて頂けることになりました。古典は文法や古語など、暗号解読のような楽しさがあり、そこに惹かれたのですが、現代文の楽しさは、また別の所にあるんだなあと発見しました。
それは、筆者の熱を感じること。何度もくり返される主張によって、筆者の熱い気持ちを一身に浴びる。それのなんと心地よいことか。

熱い気持ちというのは、人の心を動かします。熱意がある人に、人は惹かれるのです。私はそう信じていました。そして、今回現代文を学ぶ機会を与えて頂き、ますますそう思うようになりました。

私は、熱さを伝えていきたい。熱い人になってもらいたい。夢中に慣れるものを見つけて欲しい。
と、決意新たに始まった新年度、どうなるでしょうか。自分自身も楽しみです。

また、各階に二台のプロジェクターが設置されました。これを活用した授業作りにも挑戦中です。
挑戦続きの一年です。進化できますように。

高校新入生研修1班   松岡豪

こんにちは、数学科の松岡です。
15日から17日まで、紀北青年の家にて高校1年B,C,D,H組の新入生研修に行って参りました。
その一部を簡単にではありますが、ご報告させていただきたいと思います。

1日目
校長講話・マナー講座・集団行動などを通して、信愛高校生としての心構え・振る舞いを身につけました。DSC00575 DSC00583

2日目
進路・仕事の講演を受け、前段階として準備してきた学部・学科調べを完成させ、皆の前で発表しました。DSC00669 DSC00730

3日目
研修期間を振り返って高校生活への抱負を記し、無事に研修を終えることができました。DSC00742 DSC00747

天候不順などによるスケジュールの変更もありましたが、臨機応変に対応してくれていたと思います。
研修で学んでことを心に留め、これからの高校生活を充実したものにしていきましょう。 お疲れ様でした!