大学体験について      鬼塚寛之

先日、高校1,2年生は進路指導の行事で、大学体験にいってきました。
私が引率した大学体験では、看護学科の教授の模擬授業で正しい「脈の測り方」等を教えて頂きました。その講義を受けた生徒の中からも、将来実際に看護師になる生徒もいるでしょう。看護師という仕事とは縁のない私にとっても、いろいろ考えさせられるお話をたくさんして頂きました。
 また、看護学科で実際に学んでいる学生さん達が、自分たちの学生生活について話してくれました。教授の先生や学生さん達のお話を聴いて勉強のやる気が出てきたという生徒さんもいるかもしれません。今回の体験で学んだことしっかり役立てることが出来るように応援しています。