月別アーカイブ: 2018年4月

4月の終わりを迎えて  木村 宣史

みなさん、こんにちは。今年度1回目の百人一筆がやってきました! 木村です。

今年は高校3年生のクラスを担任していますので、クラスの生徒たちはみんなバリバリ!?受験勉強に励んでいます。

さて、4月の登校日は今日が最後。2日間のお休みの後は ”わかば祭” がやって来ます。校内ではその準備に追われる生徒たちの姿が多く見られます。盛り上がってきました!

ところで、みなさんはこの1ヶ月を「長い」と感じましたか?それとも「短い」と感じましたか?一説によると、「新しい情報を多く吸収すると時間は長く感じ、知っている情報ばかりだと時間は短く感じられる」そうです。私自身は毎年、4月は「長いなあ」と感じる月なのですが、新しい環境・新しい人たちとの出会いなど、入ってくる情報が非常に多い月だから長いと感じるのかもしれませんね。納得、納得。

さあ、5月が始まります。わかば祭があります! 聖母祭があります! 中間考査があります!まだまだ新しい情報がたくさん入ってきますが、それらを吸収しながら一日一日を大事に過ごしていきましょう。

 

日常のサイエンスに目を向けよう 岩下拓也

今年、中学理科・高校物理基礎・高校化学を担当している岩下です。

化学は目には見えない分子や原子といったものを取り扱うので、イメージが湧きにくく苦手科目とする人が多いのも事実です。(化学の教員としては悲しいですが笑)
しかし、日常で身の回りにある物や現象というのはほとんどが化学に関連することばかりです!!
例えば、鉄くぎを何日間も放置していたら、やがて鉄くぎが赤みがかってきますね?
その赤みがかったものの正体はさび=酸化鉄です!
この現象は、空気中に含まれている酸素と鉄がゆーっくりと長い時間をかけて、ちょっとずつくっついた(反応した)んです。
その結果、鉄が酸化鉄という全く違う物質に化学変化したんです!!

↑と、いきなり言われても理科があまり好きではない人には興味が無いかもしれません笑

しかし、私も小学生や中学生のときは、理科は一番苦手な教科でした。今から思い返すと、その当時は日常で見られる現象に対して興味・関心が全くありませんでした。その結果、理科を勉強するにあたって最も大事な「なぜそうなるのか?」という意識が無く、モチベーションも上がりませんでした。高校化学を勉強し始めてからようやくその意識が芽生え、ぐんぐん成績も上がっていきました。

日頃から様々なことに興味・関心を持っていると、物の見え方や考え方も変わってきます。それが原動力となって、また次のステップへと進んでいくことが出来ます。理科が苦手な人・嫌いな人はまずは日常生活で疑問に思うことがないか探してみましょう!きっと何か一つはあるはずです。まずはそこからです!

4月26日(良い風呂の日)  南正人

 今日、4月26日は、4(よい)2(ふ)6(ろ)=「良い風呂の日」なのだそうです。
 新年度も一ヵ月近く経ち、疲れも溜まってきていることでしょう。今日は、ゆっくりとお風呂にでも入ったらどうでしょう。
 ところで、君達が古典で勉強している平安時代のお風呂事情は、どうだったのでしょうか。

 当時、大量のお湯をたくのもひと苦労でしたから、基本的には蒸し風呂といったものが主流となっていました。現代でいうところのサウナですが、これならば大量のお湯を使わなくてもたくさんの人が入ることができたので経済的かつ合理的だったのです。ちなみに、入浴中は尻の下に布を敷きますが、この布が「風呂敷」の語源となっています。
 入浴後は身体をお湯で流し、身体を手拭いで拭いていたとされますが、基本的には、貴族たちはほとんどそれにも入ることがなかったとされています。その主な理由として、当時の貴族たちの生活のほとんどが占いによる吉兆によって決められていたからです。お風呂に関しても縁起が良いとされる日でなければ入らなかったのです。もしも悪い日取りに入浴などしようものならば、洗った部分から悪霊や邪気が入ってしまい体調を崩したり命の危険性があると考えられていました。また、庶民が行っていたような体に水をかけるといった行動も、基本的には神仏への祈りをささげるための清めとして以外は行われることがありませんでした。
 お風呂にほとんど入ることがない貴族たちは、結果として非常に体臭が強く、不潔であったと言われています。今でこそ入浴が大好きな日本人ですが、平安時代の特に貴族には湯船につかるという習慣がなかったと言われています。そのため貴族の身体周りはいつも「不衛生」だったと考えられており、特に女性はたくさんの着物を着込んでいるため、身体が垢まみれであり、白い粉(垢)が衣類に付着することもあったそうです。ちなみに当時お香が文化として根付いていた背景には、不衛生からくる体臭をごまかす目的もあったのだとか。

 どうですか。お風呂に入りたくなってきたのではないでしょうか。
 今日は、ゆっくりとお風呂に入って明日からの英気を養って下さい。

ピシッ!

こんばんは。中学1年生担任で、英語科の小西です。

生徒の間では割と知られているみたいですが、僕は若干潔癖症です。

そんな僕が許せないのが、教室の扉のスリットガラスに着いた指紋と

教室内で整えられていない机・椅子です。

特に自教室の机がガタガタ、椅子がきちんと仕舞われていないと、

ムキーーーー(; ・`д・´)!!!  となります。

だから新入生である自分のクラスの生徒たちには入学当初から口うるさく注意をしているせいか

最近は掃除のあと、みんなで協力してきれいに机と椅子を整頓してくれます。

今日は放課後教室に何人か残っているな、と思っていたのですが、

下校時刻を過ぎて教室をのぞいてみると、

キレイなままだった or 誰かがきちんと並べて帰ってくれていたみたいで

机がピシッと整っていて嬉しかったです。

これからも教室の美化にはしっかり努めていきたいです。

瑞々しさ 森川佳紀

皆さんこんにちは!
今年度は高校3年生担当の森川です。

高校3年生は受験生真っ只中です!
勉強で忙しい合間を縫って、わかば祭の準備を頑張っています。
私の経験上、”どんなことにでも一生懸命取り組むことができる人” は、色んなところで活躍している人が多い気がします。
受験生たちに限りませんが、ぜひ限られた学生生活を一日一日全力で過ごしてもらいたいものです。

さて、新年度が始まり新しいクラスにも慣れてきた頃でしょうか。
春は何かを始めるには気候的にもちょうど良い季節ですね!

うちはというと、我が家ではアボカドがすくすくと育っています。
↓↓前回記事↓↓
http://shin-ai.ac.jp/2013/hyakunin01/blog/2017/11/20/5117/

(左;110日目、右;170日目)
 

どんどんと大きくなっていて、毎日の成長の変化を見るのが楽しみです。
そして、つい先日、ふと植木鉢を見ると見慣れない芽が出ておりました。
なんだなんだと思って調べてみると、正体は昨年11月ごろに食べた柿でした!!
適当に植えた種でも、こうして寒い冬を越して発芽するなんて、ちょっと感動!

(左;種を植えてから120日目、右;140日目)
 

ビワ、アボカド、柿。そして先月には長男も生まれ、次から次へと新しい家族が増えて、我が家はとっても賑やかになりました(^^)

(アボカド; 230日目、柿; 170日目、長男; 40日目)

New Year, New Semester 宮前智子

Hello everyone, 高2担任の宮前です。新学期が始まって早1ヶ月になりますが、みんなはもう今年の目標を立てましたか? 高校の時、毎日クラブ活動で目標を立てられされた私。今年1年の目標は試合で頭に巻くハチマキに書き、それとは別に毎日毎日その日の練習での目標を書かされる…最初は何を書いて良いかわからなかったのですが、段々と自分の課題が見えてきたんです、これが。今日はブロック練習ですべてひじ下5㎝までネットから出す!! 試合の日は、スパイク成功率何%!とか。この習慣は社会人になってからも続き、今日の仕事は絶対にここまで終わらせる、とか毎日目標を立てていました。このプレゼンが成功したら、欲しかった物を買う!!というのも。Why don’t you try to set up your target for today ? It can be anything. Every little bit counts, so try it. It is worth trying. Really. You may be surprised how you change for good after a year…

酒井慎也

皆さん、こんにちは。信愛で理科を教えている酒井です。

今年度は中2の学年に所属しています。

私の今年度の目標は「どんどん実験をすること」です。実験して、観察をすると実に様々な現象が見えてきます。教科書に載っている実験でもやってみると、匂いがあったり、別の変化があったりと興味・関心のそそられることがいっぱいあります。

そんな風に自然と見つめて、「不思議だな!」と思う心を育てるのが理科だと思うので、今年度は実験をどんどんやっていき、信愛生の知的好奇心につながってほしいと思います。

ちなみに、中2は全クラスとも初回の授業以外は実験室で授業をしています。この前は「鉄と硫黄の混合物」を加熱し、硫化鉄をつくり、それに塩酸をかけて、硫化水素を発生させました。硫化水素はとても不快な匂いがしていましたが、多くの班で反応を確認できたので、実験としてはうまくいきました。

 

硫化水素H2S・・・・腐卵臭といわれ、実際に卵の腐ったようなにおいがします。温泉の匂いにもにています。

おかげさま   東 可奈子

2018年度が始まって2週間が経ちました。少し遅くなりましたが、1年生のみなさん、ご入学おめでとうございます。2・3年生のみなさん、進級おめでとうございます。
さて、本校では毎年4月に校長先生が学校のテーマを決めてくださいます。今年度のテーマは「お陰様」に決まりました。普段は「陰」にいる人や物に、「お」をつけ「さま」をつけ、惜しみない敬意と感謝の気持ちを伝える素敵な言葉だと思います。一年間「お陰様」を意識して過ごすことで、周囲の支えに気づき感謝できる人に、そして時には日が当たっていないところでも誰かを一生懸命に支えてあげることのできる「お陰様」になってほしいと思います。私も生徒のみなさんが主役の学校生活において、良い「お陰様」となれるよう一年間頑張ります。今年度もよろしくお願いいたします。

5月2日(水)わかば祭              田福克裕

信愛では、先週から紀北青少年の家で、中学・高校1年生の新入生研修会が実施されています。

それに並行して学校では、新入生歓迎も兼ねた、わかば祭の準備も進んでいます。

生徒達は、各クラス、クラブ、有志による発表や模擬店、展示と大忙しですが、生徒の活動以外のイベントをご紹介致します。

 

まず、保護者の皆様の「教育後援会」です。毎年模擬店を出店して頂いております。今年も「ホットドック」です。パンが暖かいホットドックは見かけますが、しっかりパンが焼けた、少し焦げ色のついたコッペパンのホットドックの美味しさ。これを伝える言葉が見つかりません。1つ100円で、どこか懐かしく、幸せになれるお味です。当日券もあると伺っております。

 

次に、卒業生の方々の「愛友会」です。抹茶・焼き餅・珈琲など食券なしで販売して頂いております。本校は、お母さんも卒業生、そしてお祖母様も卒業生という生徒たちも結構います。幅広い年代の皆さんが、懐かしいお話など楽しい時間を過ごして頂いております。

 

そして、献血バスにも来て頂き、献血を実施しています。和歌山ライオンズクラブの方々のご協力も頂いています。希望してくれる生徒も多いのですが、年齢の制限があったり、自分の持ち場の活動が忙しかったり、なかなか献血出来る生徒が少ない状況です。毎年、来校頂いている保護者の皆様に、ご協力頂いている状況です。今年も実施予定です。どうかお時間を見て、ご協力頂けますと幸いです。

 

他にも、「麦の郷・はぐるま」のパン、クッキーなど、「むすびの家」のおにぎりや豚汁、もちろん本校食堂「杏亭」でも麺類などの販売を計画しています。

 

生徒達の活動意外に、たくさんの方々のご協力で成り立っております。感謝の気持ちでいっぱいです。

5月2日が、楽しい一日になるように、今日も準備を進めてまいります。