月別アーカイブ: 2018年9月

Asian and Oceanian High School Students’ Forum 2018

Hello everyone, H2H担任のビル(宮前)です。今回は約一ヶ月前に和歌山県庁主催で行われたAsian and Oceanian High School Students’ Forum 2018についてみんなに報告したいと思います。このフォーラムはアジアオセアニアの20か国もの国々から高校生が集まり、それぞれ自分達が選んだ議題につきリサーチをし、英語でプレゼンをし、質疑応答をする(1人約15分)、というものですが、20カ国から集まった高校生と意見交換が出来る機会はそうあるものではなく、素晴らしい経験が出来るフォーラムだと思うのですが、あまり学校内で知られていないので、今日はこの場を借りて紹介させて下さい。信愛からは去年高3生が2人。今年は高3生が1人参加しました。
https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/022300/highschoolforum/d00155341.html


2018の写真はまだ和歌山県庁のホームページにアップロードされてないのですが、今年もきいちゃんは来てくれました。4日間のプログラムは初日に知事からの応援を頂き、

20ヵ国から集まった高校生達は自国の紹介をしてくれて、

みんなで高野山に行き、僧侶から説明を受け、精進料理を食べ、親睦を深めます。

まず、分科会と呼ばれるテーマごとに別れたグループ内で自分のプレゼンをして、(信愛生が発表しているところです)グループの他のメンバーからの質問に答えます。このプレゼンは約15分、もちろんすべて英語です。

各グループ1人1人のプレゼンを聞いた後は、自分達のグループのテーマに対する意見をまとめ、翌日の全体会に備えます。

最終日の全体会には信愛生が見学に来てくれました。

自分が選んだテーマに対し(ちなみに2018のテーマは津波、環境、観光、文化、教育)、自分でリサーチをしてパワポを作成し、質疑応答も含め15分間のプレゼンをするのは(それも英語で)なかなか準備に時間を要するものですが、今年も信愛生は立派にプレゼンをしてくれ、観客からの質問にも英語で答えてくれました。
チャレンジのしがいがあるフォーラムで、アジア各国の高校生の考え方、感じ方、に触れ合う良い機会なので、自分の可能性を広げてみたい方は是非!! If you are ready, pls let me know!!

体育祭の練習 和關果林

私は体育教員で、高校2年生の体育を担当しています。

今年の体育祭は、10月10日に行われます。
当日に向け、信愛生はとても頑張って種目の練習をしています。

私の担当する高校2年生の学年種目は、渦巻きリレーと大縄跳び(2人)です。
大縄跳びは、本当に難しく、教えている私も大苦戦しています。

しかし、練習を重ねるにつれ、怖くて全く跳べなかった生徒が、ほぼ引っかからずに飛ぶことができるようになってきました!
跳べるようになった生徒本人ももちろん嬉しそうですが、クラスのみんなが自然と笑顔で練習しています。
それを見て、私も笑顔になります。

回してくれている子も、しんどいなんて一言もいわず、むしろ「跳びにくくないかなぁ」と心配してくれます。

練習を重ねるにつれ、跳べる回数も増えますが、それ以上にクラスに思いやりが増えていくのが嬉しいです!
あと少し、クラスみんなで力を合わせて、当日はみんなが笑顔で楽しく、怪我なく体育祭を終えられますように。

頑張ろう!信愛生!

中学 Benesse 総合学力調査 岩下拓也

本日は、中学校全学年がBenesseの総合学力調査(模試)でした。試験は、国語・数学・英語・教科融合の4つで、午前中にこれらの試験を受けた後、午後からはベネッセコーポレーションの方に今回の試験の意図や今後の方針について語って頂きました。

そもそもこの模試は、現高1の学年から始まる新大学入試を見据えたもので、普段受けている定期試験とは一風変わった?様式になっています。私は、中学3年生の担任をしているので、彼女たちが実際に受験した中3用の問題を拝見しましたが、記述問題が多く、答えに至るまでの導出過程を重視している印象を受けました。

実際、ベネッセコーポレーションの方も「自分の考えをいかに相手にわかりやすく伝えるか」ということに重きを置いて解答することが大事だとおっしゃっていました。

今は、SNSやインターネットが急速に普及されている時代なので、「簡単に」「誰でも」情報を入手することが出来ます。しかし、その情報が「正しい」か「間違い」かを判断するのは自分であり、その判断に誰も責任を取ってくれません。だからこそ、自分自身が持っている「思考力・判断力・表現力」を磨いていく必要があると思います。

今日の試験が、今後の学習に繋がっていくことを教員一同願っています。

続けるということ 藤原 麻衣

ずっと探していたものがある。
それとは中学の美術の先生の紹介で出会った。そのシンプルさにビビビときた。その簡潔な言葉に惹かれた。簡潔でありながら、心に迫る強い意志を感じる言葉に。
ずっと好きだった。忘れたことはなかった。常に、探し求めていた。しかし時が過ぎゆくにつれ、思い出そうにも思い出せなくなる。探そうにも、手がかりがない。
毎年探してみるものの、中学生のころ、あの先生に紹介されたあのとき以来、再び出会うことはなかった。
ところが最近、CMでそれに似たものを見つけた。急いで検索し、とうとうたどり着いた。
私が探していたのは、「イチハラヒロコ」という現代芸術家だった。
現代芸術家。見つからないわけだ。私が「イチハラヒロコ」のことを知ったのはカレンダーだった。だから、毎年カレンダーが発売される時期になると、カレンダーのコーナーでおぼろげな記憶を頼りに探していた。しかし、「イチハラヒロコ」のカレンダーは大々的に市場に出回ることはなく、美術館や画廊で販売されているものだったのだ。見つかるわけがない。

こういうことがままある。「好きだ」と思ったはずなのに、忘れてしまう。小説、漫画、音楽、芸術作品…。そしてかすかな記憶を頼りに探し求める。たどり着いたものもあれば、いまだたどり着かないものもある。しかし、思い続けていれば、何かがひっかかるだろう。思えば、「イチハラヒロコ」にたどり着くCMを見たのはたった一度、それっきりだ。けれども、思い続けていなければ、CMがひっかからなかっただろう。タイミングが合えば、自ずと見つかるのだ。それが必要な時期に。そう思って、今も、いろいろなものを、なんとなく探している。

ただ「続ける」ということ。それが肝心なのだろう。

プレテスト返却会が行われました   中谷 由利加

本日、プレテストの返却会&オープンスクールが行われ、多くの中学3年生の皆さんにご来校いただきました。プレテストの講評や、今後の傾向と対策、そして学校説明などを皆さん真剣に聞いておられました。その後は、高校の授業を自由に見学していただき、ありのままの信愛の授業を知っていただきました。出席された方の感想には、「私語もなく、真剣に授業を受けていて驚いた」や、「笑いも起こるような授業もあり、楽しそうに感じた」などがあり、有意義なものとなったようで、うれしく思います。

これから受験まで約半年ですが、信愛の大切にしている「真面目にコツコツと!」を続けて、受験までしっかりと準備をしてもらえたらと思います。受験生の皆さん、本日は本当にありがとうございました。そして、今後の受験勉強も頑張ってください。

「コーラスライン」  池内 理香

先日、ブロードウェイ版のミュージカル「コーラスライン」を観劇しました。「コーラスライン」は、劇団四季によって演じられていたり、映画化されていたりしたこともあるミュージカル作品です。かなり有名で人気のあるこの作品を、タイミングが合わず、観る機会がないままだったので、今回は何とか頑張ってチケットを取りました。ブロードウェイ版ということは全て英語のはず、内容が分かるのだろうかと心配でしたが、何と舞台の左右に電光掲示板が用意されていて、そこに字幕が映し出されるようになっていました。

ミュージカルと言えば、豪華なセットが多い中、この作品の舞台にセットされているのは鏡だけ。役者たちも稽古場から出てきたような質素なレオタード姿。主役はなく、ブロードウェイのオーディションを舞台にダンサーの個人の過去をミュージカルで表現していくというもの。
それだけに、音楽・歌・演技だけで観客をひきつけなければならないという役者さんたちにとっては難しい作品なのだと思いました。
はじめからラスト直前まで、おさえられた舞台だっただけに、ラストでのラインダンスは圧巻でした。

賢い女性   大谷真以子

先日、テニスの四大大会である全米オープンで日本人の大坂なおみ選手(20)が優勝しました。日本人初の四大大会優勝に日本中が沸き立ちました。

September 8, 2018 – 2018 US Open Women’s Singles Champion Naomi Osaka.

彼女の決勝戦の相手は女子テニス界の女王、アメリカのセリーナ・ウィリアムズ選手。大坂選手の憧れの存在であり、グランドスラム合計優勝回数男女通して現役1位の「テニス界の女王」です。この全米の決勝戦は、彼女にとって昨年の出産を経て現役復帰後初のグランドスラムの優勝がかかった試合でした。

決勝戦での大坂選手のプレーは素晴らしかった。「コートに入ったらセリーナも一選手。憧れの存在であることを意識せず、試合に集中できた」と語ったように、観客がセリーナ選手の優勝を望む完全アウェーの中、冷静沈着、キレのある彼女らしいプレーで相手を圧倒し、優勝を勝ち取りました。一方のセリーナ選手は、思うようなプレーができないいら立ちからラケットを破壊したり、審判に暴言を吐くなど、「女王」らしからぬ言動が多く見られました。優勝トロフィー授与のセレモニーは、セリーナ選手の優勝を願っていた観客らの審判に対するブーイングの嵐に包まれました。大阪選手はセリーナ選手に慰められ少し笑顔は見せたものの、インタビューでは、涙ながらに自分の勝利を観客に謝罪しました。彼女のキャリアの中で最も喜ばしく、輝かしいはずの瞬間なのに…と見ていて悲しくなりました。と同時に、彼女のふるまいは、彼女が真の意味でのチャンピオンであることを証明していることを強く感じ、とても誇らしくなりました。

この件はネット上でも多くの物議を醸しました。試合後、大坂選手はいくつかのアメリカのトークショウやニュース番組に出演し、この件について多くの質問を浴びせられましたが、決勝戦の彼女のプレイ同様、冷静に誠実に(ときおり彼女らしい天然なコメントも交えながら)対応し、その一つひとつに彼女の謙虚さが表れていました(今回の件を大きく報道したいテレビ局側が望んでいたような回答ではなかったでしょう)。その様子を見ていて、いつも校長先生がおっしゃる「賢い女性」とは彼女のような人のことを言うのだな、と思いました。彼女であれば、今後テニス界で輝かしい成績を修め、トップに居続ける存在になっても、後進の選手たちのお手本であり続けてくれるでしょう。これからの大坂選手のさらなる活躍を期待して応援していきたいと思います。

The Ellen DeGeneres Show

 

 

応援合戦

本日より、体育祭で行われるブロック対抗応援合戦の練習がスタートしました。
中高各クラスが、赤・青・黄・緑の4ブロックに分かれ、音楽に合わせて応援歌やパフォーマンスを行います。初回は各ブロック20分ずつの短い練習時間ではありましたが、高2の体育委員さんのパフォーマンス指導のもと、それぞれうまく練習出来たように思います。本番でどのようなパフォーマンスが披露されるのか、今からとても楽しみですね☆今年の体育祭は10月10日(水)です。皆さん、練習頑張りましょう!

実り多い秋となりますように…  木村 宣史

 黙っていても時間は無常に過ぎ去っていきます。夏が終わりました。私が担任をしている高校3年生はこの夏、ほぼ毎日学校に来て勉強に明け暮れる生活をしていました。

 いかに成績を上げるか。この難題に立ち向かった夏でした。個々が自分の中で目標を掲げ、その達成のために尽力しました。

 隙間の時間を有効に活用し、英単語や古文単語、計算テストに社会の暗記と、様々な課題に立ち向かう姿を多く見かけました。だんだん受験生らしくなってきたなと思います。

 緊張感が少しずつ出てきた9月。今日は夏の成果を図るマーク模試の2日目でした。高校3年生の皆さんは思うような手ごたえがあったでしょうか?

 過去を振り返っている時間はありません。(模試の復習・振り返りはするんですよ!) 残りの期間であなたたちはまだまだ伸びます。要は、いかに自分と向き合えるかです。闘う相手は自分の中にいる「弱い自分」です。それに打ち勝つことが必要です。

 「永遠に本番の入試が来ないでほしい!」なんてことを思う日も、これから先にはあるかもしれません。しかし、「その時」は必ずやって来ます。残された時間は全員に平等です。大事なのは使い方。みなさんが悔いのないように頑張ってくれることを願ってやみません。

負けないように枯れないように 森川佳紀

恒例の植物成長日記(柿、びわ、アボカド)を更新したいと思います。

↓↓前回記事↓↓
http://shin-ai.ac.jp/2013/hyakunin01/blog/2018/04/24/森川佳紀-2/

さて、前回のご報告から5ヶ月ほどが過ぎました。
現在の様子はというと・・・。

(柿;300日目)

(びわ;450日目)

実は5月頃から害虫の影響か、柿もびわも枯れかけていました。害虫駆除の効果か、なんとか持ちこたえました!柿もびわも、一時全ての葉が茶色くなるまでになってしまっていました。

これは人間の成長においても同じことが言えると思います。
筋力アップのためには筋肉痛を避けては通れないことや、成長痛などにも通じるところがある気がします。いつまでも順風満帆なことってなかなかないことでしょう。
高校3年生は今日明日で模試を行っていますが、これも同じで、個体差はあるものの、皆筋肉痛を経験しているはずなのです。

ところで、我が家のアボカドはというと、まさに黎明期を迎えています。

(アボカド;370日目)

葉っぱは枯れ落ちていますが、こんな見た目ながらも茎はしっかりとしているのです!
筋の通った考えや思想は腐らず、いつか芽生えの時期がくるものです。

負けないように枯れないように。
いつか笑って咲く花になろう。
ガンバレ!受験生!!