実り多い秋となりますように…  木村 宣史

 黙っていても時間は無常に過ぎ去っていきます。夏が終わりました。私が担任をしている高校3年生はこの夏、ほぼ毎日学校に来て勉強に明け暮れる生活をしていました。

 いかに成績を上げるか。この難題に立ち向かった夏でした。個々が自分の中で目標を掲げ、その達成のために尽力しました。

 隙間の時間を有効に活用し、英単語や古文単語、計算テストに社会の暗記と、様々な課題に立ち向かう姿を多く見かけました。だんだん受験生らしくなってきたなと思います。

 緊張感が少しずつ出てきた9月。今日は夏の成果を図るマーク模試の2日目でした。高校3年生の皆さんは思うような手ごたえがあったでしょうか?

 過去を振り返っている時間はありません。(模試の復習・振り返りはするんですよ!) 残りの期間であなたたちはまだまだ伸びます。要は、いかに自分と向き合えるかです。闘う相手は自分の中にいる「弱い自分」です。それに打ち勝つことが必要です。

 「永遠に本番の入試が来ないでほしい!」なんてことを思う日も、これから先にはあるかもしれません。しかし、「その時」は必ずやって来ます。残された時間は全員に平等です。大事なのは使い方。みなさんが悔いのないように頑張ってくれることを願ってやみません。