月別アーカイブ: 2018年10月

がんばれ広島カープ!!目指せ日本一!!  遠藤 克彦

現在、広島カープ対ソフトバンクホークスの日本シリーズの真っ最中。現在1勝1敗1分のイーブンです。第4試合は、これを書いている21:00段階では4対1でソフトバンクがリードしています。ちなみに私は30年以上に渡るカープファン。職員室には広島カープファンはあと2名。合計3名でカープを応援しています。昨日の第3戦の阿部選手の満塁ホームランにはテレビの前で狂喜乱舞してしまいました。今現在3点差で負けていますが、まだわかりません。今年のカープは「あきらめない」試合が多いです。全員野球でなんとかソフトバンクに食い下がってほしいものです。信愛の生徒にもカープ女子何人かいますよね。授業中にもカープの選手のクリアファイル、カープ印のペンケースを持っている生徒、カバンにカープのキーホルダーを付けている生徒に気付きます。さあ、信愛のカープ女子たち!宿題をやっている場合ではありません!(笑)日本シリーズを見よう!我が広島カープは現在窮地に追いやられています。なんとか念を送って、カープを勝利に導こうじゃありませんか!目指すは1984年以来の日本一!広島カープ万歳!

先日NHKで1979年日本シリーズ 広島カープ対近鉄バファローズ 江夏の21球 再放送やってました。凄まじい攻防の後、江夏と捕手水沼が抱き合い、広島カープが初の日本一の栄冠を手にした瞬間を見たとき、私に目にも涙が………。

ライフプランのLHR!

先週、中学2年生のHRで、「人生設計 ライフプラン」について考える授業がありました。何歳では自分はこんな自分になっていて、こんな仕事をしている、など自分の思い描く人生を発表し合い、それまでに何が必要かを考えていく作業です。

このような作業なので、ライフプランには各人の個性が出ると言いますか、際立つと言いますか、すごくその人らしさが出ている内容が見受けらます。「25歳で結婚する!」「○○歳でこんな仕事を立ち上げる、やってみる!」「○○歳の私はきっとこんな状態で、世界を駆けまわっている!」「しっかりしたお母さんになりたい!」どれも個性豊かですね。

来週中学2年生は職業体験を兼ねて課外授業に出かけます。仕事は自分の人生を特徴づける大切なものですから、自分のライフプランのどのように入り込んでくるのか、そのためにどんなことが必要で何を学ばなければならないのか。今回行ったライフプランが課外授業で役立てばいいですね!

来週は大学体験! 福山由貴子

来週の11月8日(木)に高1、2は大学体験があります。

年に1度、オープンキャンパスではなく、普段の大学を体験できる貴重な機会です。

私が見学させていただく大学では模擬授業もしていただけることになり、講義テーマ2つから1つを選択して受講することになったので、生徒たちに希望のアンケートをとり、今日がその提出締め切りでした。

今回準備していただいた講義テーマは次の2つです。

・東南アジア・ラオスの社会変化と人々の日常生活

・ストレスに挑むこころとからだの応答ースポーツ科学の視点からー

どちらのテーマもとても興味のひかれるもので、私はどちらの講義を受けさせていただこうかまだ迷っています・・・。しかし、生徒たちはテーマを見てすぐに決めているようでした。

来週の行事ではありますが、今からとても楽しみです!大学の方々、このような機会を作っていただきありがとうございます。当日もよろしくお願いします。

ホームページの重要性   山本 茂樹

入試対策室の副室長の山本茂樹です。
本日は、大阪の泉佐野市で、学校説明会を行ってまいりました。午前中に中学校、午後に高校入試の説明会をさせていただきましたが、一つ気づいたことがあります。本校では、説明会の後にアンケートをとらせていただいているのですが、その項目の一つに、「この説明会を何で知りましたか?」というものがあるのです。新聞広告や雑誌の広告、塾にはっていただいているポスターなど、いろいろな選択肢があるのですが、そのなかの一つにホームページというのがあります。そして何と、本日ご参加いただいた方々の実に83%の方が、今日の説明会の開催をホームページでお知りになったというのです。

ホームページということは、わざわざ本校のホームページにアクセスしていただいて、「いつ説明会があるかな?」と、積極的にご覧になっていただかないと、その情報は入手できないわけです。わざわざアクセスいただいたということに本当に感謝いたしますし、ホームページというものが馬鹿にならない発信ツールであるということを改めて痛感いたしました。

現在、ホームページは少しずつ改善を進めさせていただいているところです。このようにホームページをご覧になって説明会にお越しいただいている方が大勢いらっしゃるという事実に、勇気づけられるとともに、しっかりとしたホームページを作成しなければならないと、身が引き締まる思いがいたしました。これからも頑張って情報を発信してまいりますので、みなさんもぜひ楽しんでご覧になってください。

芸術鑑賞会がありました 仲川

昨日10月25日、年に一度の芸術鑑賞会でした。芸術鑑賞会はローテーションで回っており、演劇→古典芸能→そして今年は音楽鑑賞の年です。つじあやのさんにお越しいただき、楽しい90分間となりました。感想は…『さすがプロ』の一言に尽きますね。

話は変わりますが、私の家は子供が5人おります。かといって大家族のテレビ番組(なぜか必ず収録期間中に『今日は温泉に家族旅行の日!』というわざとらしい設定がある)に出れるほどの人数ではありませんが…辻先生の心温まる家族ネタに引き続いて、大家族あるあるネタ聞いてください。

  • 外食するとテーブルが分かれる
  • カーディーラーに行くと『7人乗りなのでおじいちゃんおばあちゃんも乗れますよ!』と言われるが乗れない
  • 誕生日が近いとケーキラッシュになる
  • 買ってきた菓子パンに記名する
  • 米は30キロ単位で買う(和歌山でよかった~)
  • 家族旅行に行けない
  • シャンプー類は18㍑の業務用を買う
  • 運動会、休憩する暇がほぼない
  • 授業参観は分刻みのスケジュール
  • 『お子さんは3人?』と声をかけられることがあるが、『他にまだいます』となぜか言いづらい

他にもいろいろあるんですけど、それってウチだけ?的なものも多いのでこのぐらいで終わります。

そういえば丸田五郎先生も5人兄弟だったかな?

「お手伝い!!」

百人一筆をご覧の皆様 いつもありがとうございます!
ご無沙汰しております…保体科の辻です。

毎回時間をかけて知恵を絞り切りつぶやきの内容を考えています。悩んだ挙句に、今回のつぶやきは…「お手伝い」についてです。
先日の出来事です…小1になる息子(昊佑)が、お家のお手伝いをするということになりました。
昊ちゃんが選んだお手伝いは、「トイレ掃除!!」でした。いざトイレに出陣し、母と一緒に便器の中や周りをゴシゴシと擦り、途中には母からの温かい声掛けや掃除の仕方の指導を受けながら、笑顔一杯で時には共に鼻歌を口ずさみ、小1ながらに純粋な気持ちで、それはそれは一生懸命に取り組んでいたのです。
終わった後、やり切った感を出しつつ戻ってきたので、「頑張ったなぁ~ありがと!」「キレイになったぁ?」と声をかけました。すると、「めちゃめちゃキレイになったで…もぅ使ってもいいでぇ!」という答えが返ってきました。じゃあ、また次もお願いするでぇ!という会話の後に……あっ!!、僕は瞬間にあの歌を思い出したので、「トイレをキレイにしたらカッコよくなるんやで!」「トイレには神様がいてるんやで!」と。そしたらビックリした顔で驚きながら、「トイレに神様がいてんのぉ?」「カッコよくなるん?」(笑)

ここで……皆さんの中には記憶にある方がいらっしゃるかと思いますが、数年前に一世風靡をした歌をご存知でしょうか??
そう、あの名曲 植村花菜さんの「トイレの神様!!」です。
一部紹介…①一曲の時間 ☞ 9分52秒 長~い((笑))
②トイレにはキレイな女神様がいる(美人=べっぴんになる)
③祖母との生前の会話を歌った曲(実体験:小3~23歳)
※小学校(祖母と同居)・思春期(祖母とすれ違い)・上京2年後(祖母入院)
祖母亡くなる・現在 という順番の歌詞である。

疑問を抱いていた、昊ちゃんと隣にいた姉に、「トイレの神様」っていう曲があるから聴いてみるかぁ?の問いに、聴いてみたいとのこと。静かに聴き入ることその数分後…二人の目から何粒かの涙が……最終的には二人ともボロボロと涙を流していました(笑) ※しばらくの間、二人の姿を見守っていました。
その後、昊ちゃんの疑問は、心の中で解決したのだと思います。

「信愛」には神様がいて、勉強で頑張っている生徒やクラブで頑張っている生徒をいつでも見守ってくれています。そして掃除も大切な授業の一つで、信愛の生徒たちは、毎日決まった時間に水色のエプロンをつけて一生懸命に掃除に打ち込んでいて、その姿はとても素晴らしいです。信愛の生徒皆は「神様」に見守っていただきながら、日々「美人=べっぴんさん」に成長していることでしょう。
僕も「男前!!」になります(笑)

高校1年 ポスターセッション

10月24日 6限・7限の時間帯で
高校1年生がポスターセッションを行いました。

4つのテーマに分かれ、合計41枚のポスターが体育館に並びました。
それぞれの案が発表され、今後は12月のパワーポイントでの発表に向けての準備に取りかかります。

高校1年生は、新テスト1年生!! 
自分の考えを述べる・協力して課題に取り組む…など
学力のみでなく、多くの力が求められています。

今回のポスター発表を終えて、今後の活動にどのような形で活かしていくのか楽しみです。

次回のパワーポイント発表は
12月14日(金)・15日(土)を予定しております。
公開形式となりますので、多くの方にご参加いただき、生徒の発表の様子をご覧いただきたいと思います。

高1の生徒のみなさん、ポスター発表お疲れ様でした!
次はパワーポイント発表に向けて頑張ろう!!(^^)

「セルフ・マネジメント」 河合 正登志

こんにちは、河合です。久しぶりの投稿となります。信愛に着任してから、早くも7ヶ月が過ぎようとしています。

私の所属する中学3年生は、職業体験が間近に迫ってきており、ドキドキ・ワクワクしている生徒が多いように見受けられます。実社会で社会人として働く方々と触れ合う素晴らしい機会なので、ぜひ実り多い体験となるように祈っています!

それに関連して、今回は「セルフ・マネジメント」という言葉について少しお話してみようと思います。
信愛生のみなさんは、この言葉を耳にしたことがあるでしょうか?「初めて聞いた!」という方は、意識してみてください。

「セルフ・マネジメント」とは、簡単に言えば「自己管理能力」のことです。『目標や夢を叶えるために、自分自身を律していくこと』と解釈してください。
元々は行動科学・心理学の分野で用いられた言葉らしいですが、今や日常で当たり前のように飛び交っています。実は多くの企業が、莫大なコスト(=お金)をかけて社員に「セルフ・マネジメント」を体得させるための研修を行っています。

・・・なぜでしょうか?

答えは単純です。社員の「仕事・作業の生産性(=効率)を高め、会社に貢献してもらうため」です。
同じ給料を払うのなら、同じ時間でなるべく多くの仕事をこなしてもらいたいのは当然ですよね。

先生方も生徒には同じようなことを期待します。同じ時間に多くの課題に取り組んでもらい、より多くのことを吸収してもらいたいわけです。
同じ時間内で課題をきちんとこなせる人、こなせない人は、単純に「頭の良し悪し」で決まるわけではないハズです。きちんと「自己管理できているか、できていないか」の差だと、私は思います。

それでは、生徒のみなさんは学校生活の中で、どのように自己管理する力をつけていけば良いでしょうか?
ポイントは「目標をはっきりさせる」ということだと思います。後で振り返られるよう、なるべく目標を数値化しておくと良いと思います(ex. 1週間で英単語を20個覚える! などです)。このように、目標を数値化することを定量化といいます。

人間は、達成すべき目標と方法をはっきりとさせることで、意識が変わり、行動が変わります。
小さな目標でもいいので、「いつまでに、どのように達成するか」ということを意識し、具体的なスケジュールを立てた上で日々の課題に取り組んでみてください。

最後に、絶対に忘れたらダメなことが一つあります。それは、★目標を達成できた自分へのご褒美です。
努力して目標を達成できた自分を褒めます。ショッピングに行ったり、テーマパークに行って遊んだり、旅行に行ったり…といったところでしょうか。
もちろん、遊んだ後には『切り替え』が大事です!また新しい目標を立て、それに向かってひたむきに努力するわけです。努力した分、ご褒美を有り難く感じます。

このセルフ・マネジメント能力は、みなさんが大人になって、社会に出てからも必ず生きてくる力です。ぜひ今のうちから習慣化してみてください!!

P.S.
私の自分へのご褒美は、専ら毎週末のラーメンです!(なんだか最近、顔がまんまるになってきました)

再提出ノートの出し方   寺中恵理

私は今年、中学1年生、中学2年生の授業にいかせてもらっています。

もう2学期も半分がすぎました。中学1年生は、宿題のノートの出し方もとてもよくなってきました。何度も何度も再提出になっても(先生たちは細かくチェックしていますので(‘◇’)ゞ)めげずに頑張ってOKになるまでとことん頑張っています!難しい問題でも時間をかけて頑張ってやってきています。

そんな中、遅れて出す時や、再提出のノートを出すときにはメモがついてきます。

やはり気持ちが大事。いつもこんなメモがついてきます。ちなみに中2の子です↑

そんなある日、こんなメモが…

中1です。少々平仮名が多いですが・・・(笑)

ちょっとのことなんですが、たまーにこんなメモが置かれていると、なんだか嬉しい気持ちになります♪これがあるから、仕事にも力が入るんですよね~★まだまだ可愛い中学生です。

高校3年生保護者会  田中多佳枝

本日は中学3年生と高校3年生の保護者会がありました。

お忙しい中、保護者の方々にはご出席いただきありがとうございました。

高校3年生はいよいよ受験シーズンに入り、全体会での話も進路の話が中心でした。

さて、わがクラスの生徒たちは相変わらず元気いっぱいで、休むことなく登校しています。

なんと、最近彼女たちが何だか受験生らしくなってきたように見えるのです。

(気のせいでなければよいのですが)

よく言われることですが、現役生は今からまだまだ学力が伸びる時期です。

自分の進路に向け、精一杯取り組んでほしいと思います。

不安はある、不安があるからこそ、準備をし勉強する。不安をなくすにはやるしかない!

しっかりとやりきって、その不安が、みんなの自信と力に変わることを期待してます。

Don’t give up and hang in there!   I beleive in you, girls!

受験が近づくということは、彼女たちと過ごす時間もカウントダウンされているのだと思うと何だ

か寂しさを感じます。 そう感じるのにはまだ早いのですが、秋という季節のせいでしょう

か。。。