祝日の登校、お疲れさまでした。 西川誠則

本日は祝日にも関わらず、登校日でした。

午前中に授業参観が行われ、多くの保護者の方々に授業の様子を見ていただきました。教室に入りきれず、廊下から参観していただくクラスもありました。

その後、本校教育後援会主催の研修会が行われ、白百合女子大学教授、星野正道司祭にご講演をしていただきました。聖書の中の物語を題材に、聖書が若者に贈ることばについての分かりやすいお話でした。

午後は全日本バレーボール高等学校選手権大会(通称:春高バレー)和歌山県大会決勝に、中高全生徒で応援に駆け付けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果は、フルセットまでもつれる激闘を制し、見事優勝を果たしました。

信愛  開智

第1セット 20 25

第2セット 27 25

第3セット 28 30

第4セット 25 18

第5セット 16 14

生徒の皆さんの熱のこもった精一杯の声援が選手の心に届き、度重なるピンチも乗り切ることができたのだと思います。1月5日開幕の本番にも期待が高まります。

生徒の皆さん、長時間にわたる応援、お疲れさまでした。