月別アーカイブ: 2019年2月

いざや- 進まん 。 林 直 毅

いよいよ卒業証書授与式が2日後に迫って来ました。本番さながらの予行演習を明日に控えて、

今日は高校3年生だけで入退場や歌の練習、さまざまな表彰の際の動作の確認をしました。

昨日までは「高校を卒業するという実感がわかない」という高3生の声を結構耳にしましたが、

今日、めいめいが式場中央の通路を姿勢を正して何度も歩いた後は、間近に迫った式を意識しての

緊張感が、ようやく生徒たちの表情の中に読み取れるようになったと感じました。

卒業生のみなさん。明後日の式本番では、緊張から固くなることなく、元気いっぱい持てる力を

すべてつぎ込み、高校での最後の行事が、ひときわ輝く一生の思い出となるようにして下さいね。

今日も元気に! 林 三千夫

昨日は、国公立大学の前期試験がありました。高校3年生の皆さんは、積み上げてきた自分の力を信じて、高い壁にチャレンジしてくれたと思います。結果はどうであれ受験生が歩んできた日々は、必ず皆さんの人生の糧になることは間違いありません。光り輝き、希望に満ちた春は、もうすぐそこまできています。最後の最後まで頑張ってください!

同じく昨日、学年末試験の時間割発表があり、中学生と高校1、2年生の生徒の皆さんは試験モード突入!と言ったところでしょうか…。今年度の締めくくりとなる試験です。しっかりと次の学年につなげていけるように頑張りましょう。

以下は、あるスポーツメンタルトレーナーの言葉です。

夢に期限はない。

ただ、

残念ながら、

人生には期限はある。

目の前のチャンスを

逃している事に気付いているか?

1日の『質』を最大限に高めろ。

「今」を大切に、「今」を全力で努力し続ければ、必ず夢は叶います。

もう1つ。

楽しいと、

優しくなれる。

優しいと、

余裕が生まれる。

余裕が生まれると、

新しい事にチャレンジする。

新しい事にチャレンジすると、

新しい自分に出会える。

そして、

また楽しくなる。

何だか元気になりませんか?

「はっ!」と思わされる言葉ってありませんか?

「言葉の力」って凄いと思います。

ため息や愚痴は、周りの人の元気まで奪いますよね…。

信愛生諸君!

さぁー!今日も周りの人に元気を与え、笑顔にするような「言葉」をかけていきましょう!

国公立大学入学試験(前期日程) 遠藤 徹

本日、全国のほとんどの国公立大学で前期試験が実施されます。センター試験が終わってから、今日まで約1か月が経過しましたが、高校3年生はこの期間中、私立大学の受験と並行して国公立大学2次試験のための受験勉強に取り組んできました。また、それに向けて、各教科で2次対策の講座を設け、進路に応じて受験対策を行ってきました。

国公立大学2次試験は、センター試験と異なり、記述式で出題される問題が主流となり、途中の解き方,考え方を表現する力が必要になります。数学では、公式を導かせる問題が出題されることもあり、証明問題がよく出題されます。ただ単に答を導くだけでなく、「なぜ、そうなるのか?この事柄についてあなたはどう考えるか。」といった内容の問題が最近増えてきているように思います。また、複数の教科の内容を組み入れた「総合問題」を2次試験科目とする大学も増えてきました。

「大学入試センター試験」が2020年度(21年1月)から新テスト「大学入学共通テスト」に移行しますが,国語と数学に記述式問題が導入されます。社会に出てから必要とされる力が変わってきていることが入試改革の背景にあります。先行きが予想しづらいこれからの社会では、知識の量だけでなく、自ら問題を発見し、答えや新しい価値を生み出す力が重要となります。

今年の国公立大学個別試験も、2年後の「新テスト」実施に向けて、それを踏まえた内容(暗記中心の勉強だけでは対応できない、より「思考力・判断力」が必要なテスト)になると予想されます。日頃から日常生活や社会とのかかわりの中から、常に問題意識を持って学習に取り組むことが大切ですね。

受験生の健闘を祈ります。

数学科 仲川です

こんにちは。中学3年担任の仲川です。中学生は合唱コンクールも終わり、学年末試験に向けて日々勉強頑張っています。

今、大阪に木下大サーカスが来ているので、2月の初めに行ってきました。私はサーカスが好きで、大阪や和歌山にサーカスが来ると、かなりの確率で行っています。今回は子供を連れて行ったのですが、一番楽しんで観ていたのは多分私です。。

下の写真は公演最後の「写真撮影OKですよ時間」に撮ったものです。2枚目の写真左に丸い金網の中をバイクが走るやつ、あるじゃないですか。これは確か木下サーカスでしか見れなかった気がするのですが…間違ってたらごめんなさい。あと、このショーで使われるバイクはSUZUKIのバイクと決まっています。2サイクルのレース用のものだと思います。エンジン音が大きくて会場の子どもたちの多くは耳を押さえますが…私が子供の頃これを見た時は、ビックリ大興奮でした。今でも興奮します。3月11日までやっているので、良ければ観に行ってください。

信愛(生徒)の凄さ!!  

お世話になります。体育科の辻です!
先日のバレンタインデーでは、生徒の皆様から心温まる素敵なプレゼントありがとうございました。
本当にスゴイです!!女子校ならではかと感じますが、とにかく凄すぎます!手作りのチョコやクッキー、手紙付きやプレゼント付きのもの、市販されているものや詰め合わせのものなど…幸せなひと時であったとともに数えきれないくらい相当なプレゼントでした!!
持ってきてくれた時や先生方に渡している生徒の表情を何気なく見ていたのですが、無口に差し出す子・恥ずかしそうにしている子・照れながらの子・笑いながらの子・コメントつきの子・会えなくて机においていく子などなど。
そこに発見がありました…皆の共通している点は、それは全員といっていいほど「最高の笑顔」なんです。
僕が思うに、「最高の笑顔」は周囲の生徒や先生方に「最高の幸せ」を分け与えているのではないでしょうか(笑)!! 幸せな人間がドンドン増えていくことを願います!
僕自身もなるべく「笑顔」でいるように心がけて日々の生活を送っています。そして周囲の人々に幸せをと考えていますが、どちらかというと生徒の皆に幸せを分け与えてもらっていることのほうが圧倒的に多いです。
ちなみに僕がもらった数はたくさんです。(正確には35個…笑笑) 家に持って帰り子どもたちに見せると、めちゃくちゃ喜んでくれて、「いっぱいあるやん」「こんなにもらったん」「すごいなぁ」「モテモテやん」など羨ましがられたんです。ちょっと自慢気に、人気あるんやでと自分で言いました!!

そして、昨日は合唱コンクールがありました。 まずは、信愛幼稚園児による合唱を3曲聴くことで心が癒され、中学12クラスのそれぞれの合唱を聴いて心が癒されました。我がクラス(中2B)は、課題曲である「心の中にきらめいて」自由曲である「青いベンチ」を披露しました。さらに追い打ちをかけて、心が癒されました。
結果は「優秀賞」。僕は最高のバレンタインプレゼントをいただいたような気分でした!!
みんなありがとう!そしてお疲れ様でした!!

合唱コンクール 面川美保子

21日は中学合唱コンクールがありました。各クラス、課題曲と自由曲の2曲を披露。2学期に自由曲の選曲、3学期に入って本格的に練習が始まりました。

中3生にとっては最後のコンクール。どのクラスも力が入って、直前まで必死に練習していました。

選曲の時や練習中に、小さな意見の対立が発生。今日の日を迎えるまでに、涙を見せることもありました。それは、良くしたい!という熱い思いがあったらこそ。

緊張の中での今日の発表は本当に素晴らしかったです。みんな、すごい!の一言です。

 

自由曲 『友 ~旅立ちの時~』 歌詞の後半です。

「友 さようならそしてありがとう

再び会えるその時まで

友 僕たちが見上げる空は どこまでも続き 輝いてる

同じ空の下 どこかで僕たちは いつも繋がっている」

中学3年間を思い出し、心を込めて歌った今日の一日を忘れないで下さいね。私もみんなからもらった大きな感動を忘れません。

プチ働き方改革 河合正登志

こんにちは、河合です。

昨日の和歌山の天気は終日雨でしたが、放課後に教室から見える空がものすごく綺麗でした。
とある生徒は、「なんだか不気味」と言っていましたが、オレンジがかった空は私の目にはむしろ幻想的に映っていました。
思いがけないところで素敵な風景が目に入ってくると、気分も晴れやかになりますよね。
今日から一気に暑くなっているそうですが、春はもうすぐそこなのでしょうか。

山本先生が趣味(筋トレ)のお話をされていたので、今回は便乗して少しだけ趣味?(筋トレではないです)の話をしてみようと思います。

最近話題になっている、「働き方改革」というワードをご存じですか?
日常の働き方・時間の使い方について、社会全体で考えて改めていこうというものです。
生徒の皆さんのご両親の会社・職場でも、きっと話題になっているのではないでしょうか。

私はこの波に個人的に乗り(本当はみんなで考えていくものですよ)、
時間を有効に使うために、1月から「プチ働き方改革(趣味)」を実施して参りました。

以下(自宅の和室です)をご覧ください。

・・・完全に趣味の空間ですね。

内容は次の3つです。

①L字デスクの購入・組み立て
大きなL字型の机を買いました。組み立てるのに大人2人でまる1日かかりました。

②デスクトップPC/サブディスプレイの設置
中央に置いてあるのがメインのPCです。1台で3種類のOSが動作します。前面にUSBハブや光学ディスクドライブも取り付け、使いやすくしています。
また、3月初旬にもう1台モニターを設置する予定です。

③観葉植物の購入
長時間イスに座っていると、どうしても気分転換が必要になります。勉強も同じですよね。
そこで今回はじめて観葉植物を買ってみましたが、めちゃくちゃハマり込んでしまいました。もっと色々と探してみようと思います。

ここ数週間、休みの日はずっと上のようなことに時間を費やしていました。
まだ完成はしていないのですが、この環境にしてから授業で使う教材を作ったり、
動画・音楽を編集する時間がものすごく短縮されたように思います。

生徒のみなさんも、机の周りをすっきりさせたり、筆箱・カバンの中を整理したり、
リラックスグッズを置いたり?など自分で工夫して、心地よい空間で勉強できる環境をつくってくださいね!
次回は完成した部屋の様子をアップしようかなと思っています。

さて、いよいよ明日は中学校の合唱コンクール本番です。本日の5・6限目、中学生は最後の練習を行いました。
遅くまでみんなで練習しているクラスをたくさん見かけました。今日はゆっくり休んでください。
中学生・幼稚園のこどもたち全員で、素晴らしい思い出となる合唱コンクールにしましょう!

筋トレ 山本 哲耶

これといった趣味が無い私ですが、唯一あるとすれば筋トレです。週に2、3回1時間程度ですが和歌山市内のジムに通っています。筋トレはとにかく自分が成長していることを実感できることが楽しいです。子どもの頃のように無条件で毎日すくすくと成長することもなくなってきていますし、下手をすると衰えていく一方なので、ただただ成長していることを体感できて楽しいです。トレーニングの最中はしんどくてしんどくてやめたいと強く思うのですが、昨日より重たい物を持ち上げられるようになることが嬉しくてなんだかんだ筋トレを数年続けています。その時は大変だけれどもこつこつ努力し続けることで良い結果がともなうという過程は学習にも同じことが言えるのではないでしょうか。日々の努力は絶対に裏切らないので皆さんもいろんなことにチャレンジして頑張っていきましょう。応援しています。ということで今日も元気に重いバーベルに挑戦してやろうと思っています。

2月の終わりにエアメールで・・・。

 2月は「逃げる」と申しますが、この時期は日々の移り変わりの早さを肌で感じる季節
ですね。おまけに朝方の冷え込みには堪えるものがあります。「早さ」や「寒さ」、そして
春から新生活を控えている人にとっては、「準備」であるとか、何かと忙しい2月でござ
います。
 さて、本日2月18日は「エアメールの日」だそうです。飛行機によって初めて郵便物が
運ばれたのが、1911年のこの日だそうで、インドのアラハバードで開かれていた博覧会に
おいて、会場から8キロほど離れたナイニジャンクション駅まで6000通の手紙が飛行機で
運ばれたことを起源としています。「文字」は、私たちが日々使用している「言葉」を目に
見える形で表した記号です。「手紙」もその範疇に入りはします。しかし、どことなく
「手紙」には、温かみであったり、思いであったり、「おもみ」など、時間はかかりますが、
言葉では言い尽くせないものも包んでいるような感じもします。手紙はもらうとうれしいで
すし、送る側もどことなく緊張させてしまう、不思議なものですね。
 近年は、「手紙」の量も減り、簡単に画面で文字を映し出すことが多く、また送る時間も
全くかからなくなるなど、本当に便利で合理的になりました。でも、手紙が持つ「おもみ」
なども感じられなくなり、少し寂しい感じもします。国境を越え、遠くにいる人に思いを
届けた「エアメール」。日常を早く感じてしまう忙しいこの時期だからこそ、今まで自分が
過ごしてきた「おもみ」や周りの人からの「思い」というものを捉え直して、文字に起こし
てもいいかもしれませんね。
 

入学者説明会・採寸が行われました  山本茂樹

本日は、4月から本校に新しく入学される新入生のみなさまをお迎えして、説明会や制服の採寸が行われました。
午前中は新中学生、午後は新高校生でした。

さて、採寸ということで、思い起こせば30年以上前、私も京都の洛星中学校に入学するための採寸に行っておりました。確か3月の中旬か下旬ごろだったと思います。そのときに、制服のサイズをどのように測ったか、ということは憶えておりません。憶えているのは大雪だった、ということです。記憶の中ですので誇張があるかもしれませんが、十数センチは積もっていたように思います。3月ですので、京都でも珍しい、記録に残る大雪だったということです。道路の隅っこを歩くときに「すごい雪やな、さすが京都!」と言っていたように思います。ですから、新生活への期待といったものよりも、大雪といった方に気持ちがいっていたのでしょう。細かいことは、本当に憶えておりません。

さて、みなさんはどうだったでしょうか。比較的寒かったとはいうものの、温暖な和歌山です。雪などもなかったので、新生活に向けての気持ちの方が強かったのではないでしょうか。「初心忘るべからず」と言います。今日の「頑張ろう!」という気持ちをいつまでも忘れずに、しっかりと信愛での生活を過ごしていただきたいと思います。