卒業式の歌の練習  中谷 良

 2月に入ってそろそろ1週間が経ちます。月日はあっという間に過ぎていきますね。今日は高校1・2年生を対象に卒業式の歌の合同練習がありました。
 
 信愛の卒業式では、卒業式の歌が非常に重要視されていると聞きます。そもそも、ローマ=カトリックが支配的であった中世ヨーロッパでは、音楽が国語(ラテン語)、理科、数学と同じくらい大切な学問の1つとして数えられており、キリスト教にとっては音楽や歌は非常に重要なものでした。そのことを踏まえると、この信愛で音楽が重要視されるのも納得がいきます。

 実際、合同練習での生徒たちの歌声には、彼女たちの気持ちが込められていることを実感でき、音楽や歌というのはやっぱり重要なんだなぁと実感できます。この調子で歌を練習し続ければ、在校生の心を一つにでき、きっと高校3年生を気持ちよく送り出すことができるでしょう!素敵な卒業式にしましょう!