教育実習 平井拓真

 毎年6月は教育実習月間です。今年も卒業生が実習生として、2週間あるいは3週間の実習に臨みます。私はここ数年実習の仕事に携わり、今年も実習生を見守っています。
 先日、教育実習のオリエンテーションを開きました。私はいつも実習生に、教師にとって生徒とのコミュニケーションは大切であると話しています。特に、生徒にとって実習生は「教師」であり、年齢的に「お姉さん」でもあり、信愛を卒業した「先輩」でもあるので、コミュニケーションをとれるチャンスがたくさんありますよとアドバイスを送りました。
 信愛は一人ひとりを大切に育てる教育を根ざして今日まできています。実習生も、生徒として多くの先生から様々な指導やアドバイスをいただく中で、心身を成長させることができたのではないでしょうか。今度は自分が教師として、子どもたち一人ひとりの関わりを大切にする姿勢を、この実習で少しでも経験して学んでほしいと思います。
 今年の実習生の中から、将来教壇に立ち、多くの生徒にとって慕われる教師になる人が現れることを期待します。