月別アーカイブ: 2015年2月

高校卒業式を挙行しました。

春到来を思わせるうららかな陽光に恵まれた今日(2/28)、高等学校平成26年度卒業式を行いました。

仁坂吉伸和歌山県知事様を始め多数の来賓の方々、そして保護者の皆様の臨席を賜り、244名の生徒が学舎を巣立っていきました。

恒例の祝歌と卒業の歌では、例年に増して、自信に満ちあふれた力強い歌声が響き渡り、会場内の誰の心にも強く残る素晴らしい卒業式となりました。

「限りを尽くす」、「思いを遣る」、「感謝をする」ことを学んだ卒業生たち。その前途に幸多からんことを心から祈りたいと思います。
sotugyo3

sotugyo2
 

sotugyo1

sotugyo5

 

「シンクロン☆プロジェクト」 第3回ワークショップを行いました。

2月25日(水)、高校1年生のシンクロン☆プロジェクト第3回ワークショップを本校で開催しました。
今回は、前回班でまとめた家庭用台所スポンジの案をもとに、素材・パッケージ・キャッチコピーを考える作業を行いました。すぐに意見がまとまる班もあれば、最後まで絞りきれない班があったり、さまざまでしたが、「意見を出す」「意見を出しやすい雰囲気を作る」「案をまとめていく」という役割分担が自然にできていき、それぞれの個性が活躍しているのを感じました。
次回のワークショップではキクロンさんから提供していただく素材を使って実物を作ってみます。頭でイメージするのと実際につくってみるのとでは、手触り・使い心地・色合いなどさまざまな点で違いが出てくると思うので、発見がたくさんある楽しい活動になると思います。

DSC01381

DSC01401

DSC01409

神戸女学院大学と高大連携協定を結びました。

2月20日(金)、本校において、神戸女学院大学との高大連携に関する協定を締結しました。

お互いに交流を深めながら教育の充実・発展に努めていくことを定めた協定書に、神戸女学院大学の飯謙学長と本校の森田登志子校長とがそれぞれ署名捺印しました。
今後、大学の有する教育資源(大学の先生や研究室などの施設・設備、優秀な学生など)を活用しながら、より高度な学習に取り組むことができるのは、信愛生にとって大きなメリットです。

和歌山信愛高等学校が高大接続協定を結ぶ大学は、関西大学、京都女子大学、同志社女子大学に続き今回の神戸女学院大学が4校目となります。いずれの大学も、交流を深めるなかで推薦入学制度も充実し、進学する生徒が増加しています。

進学した生徒が早期から力を発揮するなど、メリットの多い連携。今後も充実発展させていきたいと考えています。

神女連携

中学校合唱コンクールを行いました。

2月19日(木)の午後、信愛中学校の伝統行事である「合唱コンクール」を行いました。

1年生から3年生までの12クラスがそれぞれ自分たちで決めた合唱曲を舞台上で披露。美しい歌声が体育館じゅうに響き渡り、保護者の方々や教員、聴衆の生徒達を魅了しました。
前半には、附属幼稚園の年長さんたちも参加。3曲メドレーで、こちらも元気いっぱい素晴らしい歌声を響き渡らせてくれました。

3学期も後半。毎年、この行事を通してクラスが一つになります。そして、締めくくりへ、新たな学年・クラスへ、ともに前進していきます。

*結果や様子(写真)については左上にある「百人一筆」コーナーをクリックし、2/19の溝本先生のコメントを見てください。

信愛高3生の健闘を祈る!

国公立大学の前期試験(2/25)が目前に迫ってきました。
今日も、放課後、あちこちで先生に添削指導を受けている高3生の姿が見受けられました。また、自習室では、遅くまで仲間とともに一心不乱に受験勉強に打ち込んでいる姿も。
受験本番まであともう少し。ここまで頑張ってきた自分を信じ、ペースを崩すことなく、本番を迎えてください。教職員および在校生一同、みなさんを応援しています!個別指導
自習室

「シンクロン☆プロジェクト」 第2回ワークショップを行いました。

2月4日(水)、高校1年生のシンクロン☆プロジェクト第2回ワークショップを本校で開催しました。今回は、各自が考えてきた家庭用台所スポンジの案をグループのメンバーにプレゼンし、キクロンの方が持ってきて下さった素材を参考にしながら、班の案を一つに絞る作業を行いました。形や色、使いやすさにこだわったたくさんの案が飛び交うなか、他のメンバーの良いと思う部分をどんどん採り入れて一つのものに作り上げていく様子を見ていて、今年度何度もおこなってきたグループワークによって本物の力が培われてきたのだなと感じました。
次回のワークショップではパッケージやロゴを考えます。これはマーケティング活動を要する作業です。参加する生徒の皆さんは、スーパーマーケットやドラッグストアに行く際には、商品棚をよく観察してきてください!

image1[1] image1[2]

 

高校1年生が「まちなか再生計画」でラジオ出演しました。

1月25日(日)に和歌山放送の「きらり☆元気!和歌山市」という番組内で放送された本校高校1年生の「まちなか再生計画with信愛生」発表会に関するインタビューが、和歌山市のホームページから聞けるようになりました。
すでに発表会は終わっていますが、直前の発表会にかける意気込みや、それまでの苦労・やりがいが伝わる内容になっています。
和歌山市のホームページから、「組織を探す」のバナーをクリックし、広報広聴課の中の「きらり☆元気!和歌山市」から、ぜひお聞きください。
IMG_1388 IMG_1202