月別アーカイブ: 2016年2月

女子バスケット元日本代表の原田さんの指導を受けました

先日のバレー部に続き、「ポカリスエット・ブカツ応援キャラバン2015」活動の一環で、2/25(木)バスケット部が元日本代表エースの原田祐花さんから直接指導していただきました。

原田さんはアトランタオリンピック7位入賞を果たしたときの中心選手で、長年、実力、人気ともに抜きんでた存在として女子バスケットボール界を牽引してこられました。そんな原田さんから直接指導してもらった本校の部員達は感激の面持ちでアドバイスにしっかり耳を傾けていました。

先週末、近畿大会で3位入賞ながら悔しい思いをしたばかりの新チームにとって、今回の原田さんの訪問は大きな刺激となりました。「原田さん、ありがとうございました!」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バスケット1

なぎなた部&バスケットボール部、京都で行われた近畿大会で大健闘!

1月31日(日)第28回近畿高等学校なぎなた選手権大会(相楽郡精華町・むくの木センター)

演技の部で、東尾朱莉(2年)・南出成美(2年)組が、近大豊岡高校に勝利し、見事優勝
さらに、個人の部で、南出成美が京都府立南陽高校に勝利し、3位に入賞しました。

2月20日(土)21日 (日)第26回近畿高等学校新人バスケットボール大会(舞鶴文化公園体育館)

1回戦  和歌山信愛83-70兵庫県立鳴尾
準々決勝 和歌山信愛89-54奈良文化
準決勝  大阪桐蔭62-59和歌山信愛(僅差で……)
堂々3位に入賞!

近畿では常に上位に名前を連ねる両クラブ。今後の活躍にもどうぞご期待ください。

JICAエッセイコンテスト表彰式に出席しました。

高校2年生の秋山記吏香さんがJICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2015で「独立行政法人国際協力機構(JICA)関西国際センター所長賞」を受賞し、2月11日にJICA関西でおこなわれた表彰式に出席しました。詳細は本校ホームページのスーパーグローバルハイスクールのページをご覧ください。

年々レベルアップする中学合唱コンクール

2月18日(木)午後、学年締めくくりの行事として体育館にて合唱コンクールを行いました。

どのクラスも2学期末から音楽の授業やホームルームの時間を使って練習を重ねてきました。
本番では、緊張しながらも皆と合わせつつしっかり声を出し、どのクラスもレベルの高い合唱を披露しました。

恒例の信愛幼稚園の年長さんたちによるかわいらしい合唱も大好評でした。

ご来場いただいた中学と幼稚園の保護者の皆様にも大変喜んでいただきました。

結果は以下の通り(*一年生は同点1位)
三年生 第1位 C組「明日への扉」
二年生 第1位 B組「愛唄」
一年生 第1位 A組「栄光の架け橋」、C組「ふるさと」

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

信愛リケジョがNHKのニュース番組で取り上げられます!

本校では、理系分野に興味を持ち将来研究や開発に携わりたいと志望する生徒を中心に、和歌山大学宇宙教育研究所所長の秋山教授などのご指導によってはやぶさ2の軌跡を解析するという、高校生にとって非常にハイレベルな研究を行っています。

先日(17日水曜日)の放課後にNHK取材班が来られ、その研究の様子を取材していかれました。

以下の番組のなかで紹介される予定です。

2月23日(火)PM6:30〜7:00「あすのWA!」(和歌山地域)
2月24日(水)AM11:30〜12:00「ぐるっと関西おひるまえ」(関西全域)

ぜひ、ご覧ください。(ただし、国会中継等があった場合には中止となるそうです)

元日本代表エースの山本隆弘氏がバレー部の指導に来校

2月15日(月)の放課後、オリンピック日本代表のエースとして活躍された山本隆弘氏が本校のバレー部の指導に来校されました。

これは、日本のスポーツ界で活躍したトップアスリートの「ブカツのレジェンド」達が、全国の高校に訪問して、あした勝つコツを伝授するプロジェクト「ポカリスエット・ブカツ応援キャラバン2015」の一環。

バレーの技術指導はもとよりコンディショニングやトレーニング、水分補給、栄養補給など豊富な経験と知識に裏打ちされた指導を約2時間にわたってしていただきました。2M01cmもの超長身から繰り出されるボールに始めはとまどっていた生徒たちですが、徐々に慣れていき、数多くのメニューをテンポ良くこなしました。終盤には男子でもなかなか拾えないようなボールを拾う場面もあり、お褒めの言葉もいただきました。
練習の締めくくりには、「自分で限界を作るな」「東京オリンピックの主役は君たち世代だ」「座右の銘である『志』をしっかりもってガンバってほしい」という力強い言葉をいただき、皆感激の面持ちでした。

今年の春高でベスト16入りを果たした選手達は今回の練習を機にさらなる高みに向かって挑戦していきます!「ありがとうございました、山本さん!」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

天体望遠鏡の作成と国立天文台ハワイ観測所との遠隔授業を実施しました

本校は、国立科学技術振興機構「中高生の科学研究実践活動推進プログラム」実施機関に選ばれ、15年度から3年間、国からの支援を受け、科学研究活動を実践しています。

今回、その活動の一環として和歌山大学と連携し、小惑星探査機「はやぶさ2」の軌道解析など「宇宙」をテーマにした活動を実施しました

2月12日(金)放課後に、和歌山大学教育学部・富田晃彦教授のご指導のもと、本校理科実験室で小型天体望遠鏡の作成を行いました。なかなかうまく作れず苦労する場面もありましたが、完成後にはみんなで窓から遠くの和歌山城を眺めたりして小型望遠鏡の使い方を練習しました。科学実験に使用する機器を実際に自分たちで作成することにより、その仕組みや原理についての理解を深められました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

翌13日(土)には和歌山信愛の理科実験室とハワイにある国立天文台ハワイ観測所をスカイプでつなぎ、現地の嘉数悠子先生の講義を受講しました。ハワイ島の標高4,200mの山頂にある「すばる望遠鏡」が明らかにした最新の宇宙についてのトピックスから科学研究者としてのプレゼンのコツまでテーマは多岐にわたり、理系女子にとって刺激に満ちた楽しい授業でした。
生徒たちからは活発に質問が飛び出し「ハワイの生活はどうですか?」、「今まで一番感動した研究結果はなんですか?」、「つい先日観測され大きな話題となった「重力波」について教えてください」など、予定時間をかなりオーバーしてしまうほど大いに盛り上がりました。研究者から直接最新の科学知識を学ぶことに加えて、女性科学研究者のキャリアについての理解も深められました。OLYMPUS DIGITAL CAMERA理科1

 

和歌山放送「わたくしの作文」で中学2年生、3名の作文が朗読されます

中学2年生、3名の作文がラジオ和歌山放送「わたくしの作文」で朗読されます。放送日は以下の通りです。

2月11日(木)午後12時40分~50分 横臼彩江さん「日本の行事」

2月24日(水)午後12時40分~50分 木下魅羽さん「私とリス」

3月9日(水)午後12時40分~50分 寺下梨桜さん「父がくれたもの」

(再放送は翌週の同じ曜日の午前5時20分~30分です)

 

また寺下さんの作文は年間審査会において和歌山放送賞銀賞に入選しました。後日、本人の朗読で再度放送される予定です(放送日は未定)。

毎日メディアカフェでの様子が和歌山版でも掲載されました!

先日ご報告させていただきましたが、若武者育成塾に参加していた信愛若武者チームが毎日メディアカフェのイベントで高校生として初めて登壇した件の続報です。

2月5日(金)の毎日新聞和歌山版でも掲載されました。
若干記事の内容は異なっています。
FullSizeRender

科学部がサイエンスキャッスルポスター特別賞を受賞しました。

昨年、東京で開催された中高生の科学研究発表会「サイエンスキャッスル関東大会」にて本校の高校2年生の科学部 山本昌奈実さん、近藤愛実さん、別所奈美さん、南優希さんの研究(タイトル「空気砲の円でない穴からでる空気の形について」)がサイエンスキャッスルポスター特別賞を受賞しました。

この研究発表ポスターはTEPIA 先端技術館(東京の旧国立競技場の近く)で展示されることになりました。

お近くにお立ち寄りの際は是非ご覧ください。