高校3年生の生徒が選挙事務体験活動に参加しました。

6月17日(金)、高校3年生の3名の生徒が和歌山県選挙管理委員会主催の選挙事務体験活動に参加しました。県立和歌山商業高校、市立和歌山高校の生徒さんたちと一緒に「選挙時啓発の取り組み」と「7つ道具について」の2つのグループに分かれて、和歌山県選挙管理委員会の方から説明を受けながら、実際の活動を体験させていただきました。

DSC03066

 

これは「7つ道具」の確認作業です。たくさんの取材の方が来られていたので、少し緊張しています。

 

 

DSC03060

 

これは街頭啓発活動の配布物を袋詰めしているところです。

 

 

 

活動の最後に一人一人感想を述べました。本校の生徒は「選挙の裏にこれだけ多くの事務仕事があるなんて想像もしなかった。」「これまでは親の選挙についていくだけだったけど、これからは自分たちの番。」「これだけ大変な思いをして準備をしてくださっているのだから、18歳になったら必ず選挙に行きます!」と言っていました。先日の本校での講演会をはじめ、18歳選挙権を意識させられる場面はずいぶん増えてきたと思います。新聞やニュースで何がどう報じられているのかをよく吟味した上で、「一票を投じる。選挙権を行使する。」ということを大切にしてください。