月別アーカイブ: 2016年10月

10/29(土)入試・学校説明会を開催します。【会場:エブノ泉の森ホール(泉佐野市)】

中学校が午前10時~、高校が午後1時30分~。予約は不要です。

2017(H29)年度入試の詳細および本校の教育の中身について具体的な資料を用いながら説明いたします。また、卒業生の体験談(午前のみ)もお聞きいただけます。中学受験を考えておられる小学校の女子児童・保護者の方、および高校受験を控えた女子中学生・保護者の方は、ぜひご参加ください。

会場(泉の森ホール)の詳細は以下をご覧ください。
http://www.cf-izumisano.or.jp/izuminomori/

ロケットガール養成講座 発表会

和歌山大学主催の「ロケットガール養成講座」(2016年1月〜5月)に参加した高校2年生の生徒たちによるハイブリットロケットの作成、打ち上げについての発表会を実施しました。

生徒たちはA班、B班、C班の3班に分かれて、全長約1.5mのハイブリットロケットを作成し、加太コスモパークでロケットの打ち上げを行ないましたが、ロケット作成の流れの説明、作成する上で苦労した点、うまく行った点、失敗した点とその理由、養成講座を通じて学んだことなどを班ごとに発表しました。
冬の寒い中での燃焼実験などや、ロケットの作成がうまくできなくて辛くて大変でやめたくなったときも、自分たちが作ったロケットが空高く飛んで行くところを見てみたい!という強い気持ちでロケット打ち上げを目指して頑張った熱意がよく伝わってきました。発表後は、生徒や教員からも活発に質問もありました。
生徒の発表後に、和歌山大学協働教育センター (災害科学教育研究センター)教授の秋山先生から以下の講評をいただきました。
「今後、世界情勢が混迷していくなかで『自分で考えて行動すること』が大事で、その上で、他人と協力し目標に向かっていかなければならない場面が増えていく。ロケットガール養成講座は、ハイブリッドロケットの設計・製作から、その打上げに至るまで、すべて高校生自身の手で実現していく企画で、この講座を通じて、自分で考えて他人と協力して目標に向かう上で大切なことを体験して学んで欲しい。」

参加した生徒と指導者の強い情熱がよく伝わるとても良い発表会で、聴衆の生徒、教員は大いに刺激を受けました。
%e3%83%ad%e3%82%b1%e3%82%ac%e7%99%ba%e8%a1%a8%e4%bc%9a%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92

%e3%83%ad%e3%82%b1%e3%82%ac%e7%99%ba%e8%a1%a8%e4%bc%9a%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%97

中高生科学研究実践活動推進プログラム 成果発表会

9月25日(日)に東京で開催された「中高生科学研究実践活動推進プログラム 成果発表会」に参加しました。
当日は、国から「中高生科学研究実践活動推進プログラム」として採択された全国144校の教員と生徒が集まりました。
成果発表会では144校から選抜された57校が発表を行い、本校からは高校2年B組の中口朋美さんが「はやぶさ2の受信電波から感じるスイングバイ」という演題で、和歌山大学の電波望遠鏡が受信した惑星探査機「はやぶさ2」の電波を解析した結果について発表しました。(スイングバイとは地球の重力を利用して惑星探査機が加速する方法です。スイングバイを利用すると惑星探査機の燃料の節約になります。)
多くの先生方、高校生、中学生が発表を聞きにきてくれました。ありがとうございました!

%e7%a7%91%e7%a0%94%e6%b4%bb%e5%8b%95%e7%99%ba%e8%a1%a8%e4%bc%9a

科学部が総合飲料メーカーの研究所で研究発表と実験を行いました。

(株)リバネスが主催する中高生のための学会「サイエンスキャッスル」において本校科学部員が発表した研究テーマ「空気砲の円ではない形の穴から出てくる空気の輪について」は、各方面から多くの反響がありました。
リバネス社からこの研究に大変興味を持たれた企業の方を紹介いただき、本校科学部員の高校1年生、高校3年生の5名が8月3日にその企業(総合飲料メーカーS社)の学研都市にある研究所を訪問。研究発表と実験を行いました。
研究発表の質疑応答では、同社の研究員の方々から貴重なアドバイスをたくさん頂きました。その後、研究所のハイスピードカメラを用いて空気砲の実験を行い、研究所内を見学しました。
訪問した生徒たちにとっては大変貴重な体験となり、今後の研究に向けて大いに刺激を受けました。S社所有のハイスピードカメラをお借りして、さらに空気砲の研究を進める予定です。
ご多忙のなか、大変丁寧にご指導いただきました研究員の皆さま、リバネス社の百目木様に深く感謝いたします。
なお、今回の本校科学部員の企業における研究発表については、リバネス出版発行の冊子「教育応援」にも一部紹介される予定です。
また、今回の活動は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の「中高生の科学研究実践活動推進プログラム」の支援を受けて実施しました。

体育祭

9月28日、ビッグホエールにて中学高校合同体育祭を行いました。

赤青黄緑のブロックにわかれて、どのブロックも一生懸命頑張っていました!!

いろんな競技を通して、クラスの中も深まったことでしょう。

いつもとは違う生徒たちの様子で、とても楽しそうでよかったです✩

お足元が悪い中、見に来てくださった保護者のみなさま、ありがとうございましたm(_ _)m

体育祭画像