あくまでも忍耐しなさい

聖書の言葉と聞くと、身構えてしまうかもしれません。しかし、ヨーロッパやアメリカでは多くの人が聖書に親しんでいます。世界一のベストセラーは、聖書なのです。ここでは、聖書の言葉をみなさんに味わっていただき、私なりの雑感を書き留めていきたいと思います。
入試対策室副室長 山本茂樹

「わたしの兄弟たち、いろいろな試練に出会うときは、この上ない喜びと思いなさい。信仰が試されることで忍耐が生じると、あなたがたは知っています。あくまでも忍耐しなさい。そうすれば、完全で申し分なく、何一つ欠けたところのない人になります」
『新約聖書』「ヤコブの手紙」1章2~4節

 私は高校3年生を担任する時、必ず生徒に、「自分の好きなことを一つ、我慢しなさい」と言っています。私自身の受験の体験から、我慢するということの大切さを知っているからです。
今の生徒たちであれば、何を我慢すればよいでしょうか。スマホ、ゲーム、音楽、マンガ……。それらを我慢すれば、それに費やしていた時間を、勉強にあてることができます。いや、勉強でなくても、健康管理のために少しランニングをしたり、早めに就寝したり、時間を有効に使うことができるのではないでしょうか。
 しかし、何よりも我慢することで培われるのは、精神力です。受験(あるいは人生そのものと言ってもよいかもしれません)とは、思うようにならないことの連続です。心が折れそうになることもあるでしょう。そんな時、大好きなことを我慢することができた経験を持っている人ならば、きっと乗り越えることができるはずです。
 我慢と忍耐は、ほぼ同義と考えてよいでしょう。聖書の言葉を糧に、みなさんも自分が我慢できているか、忍耐できているか、考えてみてください。