投稿者「和歌山信愛」のアーカイブ

中学入試A・B日程の出願締切は木曜午後5時となります

受験生のみなさま、いよいよ最後の追い込みとなっております。くれぐれも体調管理にお気をつけいただきたいと思います。

さて、本校の中学入試のA日程午前・午後、B日程の出願締切が明日木曜日の午後5時となっております。受験をお考えいただいている方で、まだ出願がお済みでない方は、明日の午後5時までに出願をお済ませください。
なお、C日程に関しては、1月21日(月)午前9時から1月23日(水)午後4時までとなっております。

受験生のみなさまが日頃の勉学の成果を発揮されますことを、ご祈念申し上げます。

第36回全日本中国語スピーチコンテストの結果報告

去る1月13日(日)に、東京・飯田橋日中友好会館地下大ホールにおきまして、第36回全日本中国語スピーチコンテストの全国大会が行われました。
弁論の部高校生部門では、本校の高校2年の登立帆風さんが全国からのベスト6まで上り詰めましたが、惜しくも優勝は逃し、奨励賞に入賞しました。
応援していただいたみなさま、本当にありがとうございました。

「Stanford e-Japan」発表会をおこないました

1月7日、高校2年生の大城さんが昨年の8月から12月まで参加した「Stanford e-Japan」について、全校生徒に発表を行いました。

少し写真が見にくいですが・・・


「Stanford e-Japan」はアメリカのスタンフォード大学が日本の高校生を対象におこなっているプログラムで、選考を通過した30名がパソコンを介したバーチャルクラスで、日米関係について学び、ディベート等をおこないます。
大城さんの場合は8月後半~12月前半(秋コース)のほぼ毎週土曜日、学校に自分のパソコンとモバイルワイファイを持ってきて、4限終了後、誰もいない教室を借りて取り組んできました。

学校の勉強との両立は大変な部分もあったと思いますが、大城さんの発表にもあったとおり、普段の生活では学べないことや気付けないことに出会える貴重な経験になったと思います。また、他校の生徒に対して自分の意見を英語で発信するという点においても、大きな学びになったと思います。

「一つのテーマについて、長期にわたって、様々な視点を持って、深く考える」という点においては本校のSGHの活動と似ていますが、「全てを英語で学び、英語で発信する」という点においては、少しハードルが上がるかもしれません。しかし、流暢に話せなくても英語が好きな人、誰かと何かについて意見を出し合うのが好きな人にとってはぜひ挑戦してほしいプログラムです。大城さんに続く次期生が出ることを願っています。

三学期始業式が行われました

新年、明けましておめでとうございます。
2019年の始まりです。
始業式では、校長先生が平成とともにご自身の校長生活があったと語られたうえで、聖書にあるイエス様の「私は先に行って待っている」というお言葉についてお話をされました。

生徒たちも、「神様が先で待っていてくださる」ということを聞いて、新年の決意を新たにしていたように思いました。

つづいて、中国語クラブの壮行式が行われました。
先にもご報告させていただいたとおり、第36回全日本中国語スピーチコンテスト和歌山県大会で優勝した高校2年の登立帆風さんが、東京で行われる全国大会に出場します。登立さんがスピーチの一部を披露し、顧問の北がスピーチについて解説し、伝えるということの大切さについて話をしました。

表彰伝達については、また個別にご報告させていただきます。

サイエンスキャッスル2018関西大会で優秀ポスター賞を受賞しました

12月23日に大阪明星中学校・高等学校で行われたサイエンスキャッスル2018関西大会に本校の生徒が参加し、優秀ポスター賞を受賞しました。また、本校卒業生の山本昌奈実さん(広島大学2回生)もこの大会に参加し、企業ブースで発表を行いました。詳しくは、「信愛サイエンスラボ」をご覧ください。

信愛サイエンスラボ

12月23日 クリスマスコンサート(屋形町教会)

タイトルの通り、12月23日(日)に屋形町教会で行われた

クリスマスコンサートに合唱同好会とハンドベル部が参加しました。

教会の静謐な雰囲気の中で、心ひとつに演奏することができました。

音楽も、その前に行われたミサも、知らない人とでも

同じ空気を共有できるからいいですね。

カンボジア研修が始まりました

今年度もカンボジア研修が始まりました。例年より参加人数も日数も増え、さらに充実した内容になっています。
昨日の朝、関空を出発し、現在は2日目の行程がはじまったところです。これまでの記事とこれからの記事はスーパーグローバルハイスクールのページでご覧ください。

スーパーグローバルハイスクール

【生徒会企画】輝く未来へサクラ咲ケ

今年も生徒会による高3生応援企画がはじまりました。今年のテーマは「輝く未来へサクラ咲ケ」です。

写真ではわかりにくいかもしれませんが「合格祈願」の文字は、中学1年生から高校2年生までの全クラスから集まった応援メッセージの寄せ書きでできています。

また、下の部分には高校3年生の担任の先生方の写真と応援メッセージを貼っています。
だるまは昨年に引き続き再登場です。

先生方には受験指導のお忙しい中、生徒会にご協力をいただきまして、本当にありがとうございました。また、生徒会の生徒たちも毎日夜遅くまで準備を頑張ってくれました。

センター試験まで、あと27日となりました。全校生徒で高校3年生の受験を応援していきたいと思います。頑張れ!!

二学期終業式およびクリスマスミサが行われました

本日、高校のスポーツクラス以外の全学年全クラスで、二学期終業式が行われました。
生徒たちは、校長先生のお若い時のボランティアのお話に、真剣に耳を傾けていました。

その後、カトリック屋形町教会のパウロ神父様をお迎えして、クリスマスミサが行われました。

ハンドベル部の演奏もあり、クリスマス聖歌が美しいメロディで奏でられました。

生徒や教職員のみならず、保護者に方々にもご参列いただき、いろいろなことがあった2018年を振り返りながら、心を一つに合わせてお祈りすることができました。これぞ、カトリックミッションスクールの信愛でしかできない体験です。非常に厳粛な雰囲気のとてもよいミサだったと思います。

高校スポーツクラス二学期終業式が行われました

ご報告が遅れましたが、昨日、12月18日に高校スポーツクラスの終業式が行われました。その他のクラスの終業式は今週の土曜日、12月22日(土)となります。


すでにお知らせしましたように、バレーボール部およびバスケットボール部が全国大会に出場することになっており、その準備・遠征等のためです。
バスケットボール部は12月23日から始まる第71回全国高等学校選手権大会バスケットボール大会、バレーボール部は1月5日から始まる第71回春の高校バレー全日本バレーボール高等学校選手権大会に出場します。

みなさま、全国で勝利をつかめるよう、応援をよろしくお願いいたします!