投稿者「和歌山信愛」のアーカイブ

剣をさやに納めなさい。剣を取る者は皆、剣で滅びる

「イエスがまだ話しておられると、十二人の一人であるユダがやって来た。祭司長たちや民の長老たちの遣わした大勢の群衆も、剣や棒を持って一緒に来た。イエスを裏切ろうとしていたユダは、「わたしが接吻するのが、その人だ。それを捕まえろ」と、前もって合図を決めていた。ユダはすぐイエスに近寄り、「先生、こんばんは」と言って接吻した。イエスは、「友よ、しようとしていることをするがよい」と言われた。すると人々は進み寄り、イエスに手をかけて捕らえた。そのとき、イエスと一緒にいた者の一人が、手を伸ばして剣を抜き、大祭司の手下に打ちかかって、片方の耳を切り落とした。そこで、イエスは言われた。『剣をさやに納めなさい。剣を取る者は皆、剣で滅びる』」
『新約聖書』「マタイによる福音書」26章47~52節

養蜂家の方の中には、もちろん防護服をきちんと着て作業される方もいらっしゃれば、ほとんど普段着のような服装で作業される方もいらっしゃいます。刺されないのか、と何かの取材で聞かれたとき、普段着の養蜂家の方は、「蜂は、こちらが危害を加えようとしたり、怖がったりしない限りは刺さない」と答えられました。犬もそうです。よく吠えられる人、というのは、犬を怖がったり、その縄張りに侵入しようとしたりすることで吠えられるのです。
このようなことは、人間同士の関係にも言えます。怖がったり、危害を加えようとしない限りは、相手から攻撃されることはありません。もし攻撃されるとしたら、こちらの感情が、相手を鏡として、自分の方に返ってくるのです。
イエス様は、自分が捕まりそうになっても、身を守るために武器をとってはいけない、と言っておられます。「剣(つるぎ)」とは当時にとってはポピュラーな武器ですから、武器をとったら武器によって滅びる、と言っておられるわけです。
ですから、みなさんも周囲の人には笑顔を向けましょう。感謝の気持ちを表しましょう。それが実は、自分に返ってくることになるのです。

Presentation College Windsor (PCW) 留学生来校(随時更新)

本日、オーストラリア・メルボルンにある、女子のカトリックミッション伝統校であるPCW校より留学生9名と引率の先生方3名をお迎えしました。一行は本校生徒の家庭に1週間ホームステイをしながら、ホストシスターの教室で授業を受ける予定です。

全校朝礼では歓迎式典が行われました。紙岡副校長の、「お互いの異文化理解を深める貴重な機会にしていただきたい」と、歓迎の挨拶の後、引率のLane先生よりお礼のご挨拶をいただきました。引き続き、各生徒代表の挨拶では、「短い時間で最大限の成果を上げること」を誓い合いました。歓迎会の最後は、英語でのお祈りと聖歌で締めくくられました。

午前中は各教室での授業の他に、留学生全員参加による家庭科の調理実習も行われました。そして、午後はお楽しみの校外見学で、マリーナシティへ。短い時間でしたが、黒潮市場を見学したり、ハイダイブでスリルを味わったりと、生徒も先生も満足に満ちた表情でした。

明日もより一層の成果を期待しましょう。

 

2日目です。学校生活にも慣れ、本日は書道の授業に全員で参加しまた。初めて筆を持つ人もいましたがなかなかの腕前です。難しいお手本にも果敢にチャレンジしていました。

今日の校外見学は、イオンモール和歌山で買い物体験。短い時間でしたが、思い思いの品物を手に、ご満悦の様子でした。

学校に戻ってからはお掃除体験です。普段、オーストラリアの学校では、生徒はお掃除をしないとのこと。信愛伝統のお掃除隊に要領を教わり、喜んで教室をきれいにしてくれました。

3日目です。授業にも慣れてきました。一言も聞き漏らすまいとの姿勢が、真剣な表情からも伝わってきました。また、初体験の小テストにも奮闘しました。授業には引率の先生方も参加してくださり、オーストラリアと日本の学校の違いについても学ぶことができました。「授業は1単位が75分です。」という先生達のお話にはちょっとびっくり。しかも「ランチタイムは50分です。」という言葉には思わずため息。うらやましい限りです。

午後はJR和歌山駅周辺で「トレジャーハンティング(宝探し)ゲーム」に挑戦しました。「日本のファンタ、味は何種類?」(オーストラリアでは1種類だそうです)「スーパーの人にインタビューしてください」など色々なミッションをクリアーしていかなければなりません。笑顔一杯で頑張りました。

土曜日が学校で過ごす最後の日となりました。12時頃から浴衣の着付けが始まりました。着付けの先生方にもお越しいただき本格的です。やはり年頃の女の子です。浴衣を着てとても嬉しそうでした。「かわいいよ」「きれいですね」と声を掛けられるたびに笑顔がこぼれます。アントネラ教頭先生も初めての生徒と一緒に初めての浴衣体験をされました。

昼食をはさんで、午後からは茶道室で、こちらも本格的な茶道体験をしました。茶道部員の英語のレクチャーを聴きながら真剣な表情でお茶を点てました。引率の3人の先生方も参加され、慣れない浴衣に正座と大変そうでしたが、ご自身で点てられたお茶の味は格別のようでした。

締めくくりは、お別れのセレモニー。校長から記念品を贈らせていただきました。

日曜日はホストファミリーと楽しい時間を過ごしました。バーベキューをしたり、家族で出かけたり楽しい思い出作りができたとのことです。

月曜日はJR和歌山駅に朝8時に集合でした。楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいました。お別れの時は、涙が止まりません。しかし最後は元気な笑顔を見せて、次の目的地の広島に向けて出発しました。

日本に着いた時にはハプニングもありましたが、とても良い交流体験ができました。これもひとえに関わってくださった皆様のお陰です。とりわけホストファミリーを引き受けてくださいました保護者の皆様、生徒の皆さんには心よりお礼を申し上げます。誠にありがとうございました。

建設現場見学会~土木ガール~

9月8日に建設現場見学に高1,2の希望者が参加してきました。

見学場所は和歌山南スマートインターチェンジと新吉礼トンネルの建設現場です。
普段は足を踏み入れることのできない現場の中まで入ることができ、現場にあるものどれもが新鮮で、見ただけでは何なのかわからないようなものの働きなども説明していただき、勉強になりました。
また実際に重機が動くところも近くで見て、振動を感じることができ、スケールの大きさに驚きました。

生徒たちもこれまで以上に建設というものに興味を持ったのではないかと思います。
貴重な体験をさせていただいて、本当にありがとうございました。

和歌山学生かるた大会

9月2日に玉津島神社で行われた和歌山学生かるた大会に、本校の競技かるた同好会の生徒が参加しました。

試合経験の程度によって部門が4つに分かれている本大会。入賞結果は以下の通りです。

選手権の部 2位:中学3年 有田 彩乃さん

選手権の部 3位:中学2年 佐藤 希美さん

伏虎杯の部 優勝:中学2年 坂本 紗瑛さん

伏虎杯の部 2位:中学3年 阪本 萌菜美さん

おめでとうございます(*^-^*)!来年も頑張りましょう!

会場に来て応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。

(ご報告が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。)

プレテストにご参加いただきありがとうございました。

お忙しいなか、また本日はあいにくの大雨のなか、プレテストにお越しいただき、まことにありがとうございました。日頃の勉学の成果は発揮できましたでしょうか?今回の結果は、本番の合否にはまったく関係がありません。できたという方はこの調子で、難しかったという方はさらに力を入れて勉強していただき、本番の入試に備えていただければ、と思っております。

さて、下の写真の傘がお忘れ物です。傘に関しましては、お間違えがあったようです。赤い傘で、柄にテープがされているものをもし間違えてお持ち帰りでしたら、ご連絡ください。

お心あたりがございましたら、073-424-1141
までご連絡ください。

【高3】センター試験説明会

センター試験まで後133日!!

本日、高校3年生はセンター試験の出願説明会を行いました。

日頃、センター試験まで◯日!と、よく言っておりますが、センター試験は普段の定期テストや学内で行う模試とは違い、その日が来れば自動的に受けられるものではありません。

また、出願時に不備があってセンター試験を受験できない…!なんてことになっては大変です!

もう高校生活も残すところ半年です。いつまでも人に頼ってばかりもいられません。

自分のことは自分でできるよう、皆、自分事として、いつになく真剣な表情で説明を聞いておりました。

どうか、高3生全員が不備なく出願できますように。

本校 吉田晋先生作成の「はやぶさ2(探査機)のデータを用いた物理ビデオ」がアップされました。

本校の吉田晋先生による「はやぶさ2(探査機)のデータを用いた物理ビデオ」がアップされました。和歌山大学との共同事業です。英語での説明です。ぜひ、ご覧ください。(下記のアドレスです。)

https://youtu.be/nFvM-BlYpiU

(内容)

万有引力  地球が太陽の周りを公転するのと同様に、はやぶさ2は万有引力により、太陽の周りを回ることを説明しています。

ドップラー効果 スイングバイ(惑星探査機が遠くまで行く時に惑星の重力を使って加速する)当日、はやぶさ2から地球に送られてくる電波にドップラー効果が観測されました。そのことを示すデータを紹介しつつ、ドップラー効果について説明します。

 

 

 

9月の入試・学校説明会のお知らせ

9月の入試・学校説明会の予定です。

9月 8日(土)
中・高プレテスト(本校)
8:30~12:15頃(事前申込制)
(コース等によって終了時刻は変わります)
保護者対象説明会(本校)
9:00~10:00(申込不要)

9月11日(火)
塾の先生方対象 入試・学校説明会
(ホテルグランヴィア和歌山)
10:45~12:00(事前申込制)

9月13日(木)
塾の先生方対象 入試・学校説明会
(岸和田浪切ホール)
10:45~12:00(事前申込制)

9月15日(土)
プレテスト結果返却会(本校)
(高校オープンスクール)
10:30~12:30
※プレテストを受験されていない場合も、
ご連絡いただければ参加していただけます。

9月18日(火)
入試・学校説明会
(本校)
10:00~11:30(事前申込制)

9月22日(土)
入試・学校説明会(有田川町きびドーム)
中 10:00~11:30(申込不要)
高 13:30~15:00(申込不要)

9月24日(振替休日)
進学塾ネクスト様主催 入試説明会
(ホテルいとう)
10:05~10:45(事前申込制)

9月24日(振替休日)
入試・学校説明会(岸和田浪切ホール)
中 10:00~11:30(申込不要)
高 13:30~15:00(申込不要)

ぜひふるってご参加ください。
ご不明点等ございましたら、本校入試対策室
副室長 山本茂樹 073-424-1141(代)
までご連絡ください。

求めなさい。そうすれば、与えられる

「わたしは言っておく。求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。あなたがたの中に、魚を欲しがる子供に、魚の代わりに蛇を与える父親がいるだろうか。また、卵を欲しがるのに、さそりを与える父親がいるだろうか。このように、あなたがたは悪い者でありながらも、自分の子供には良い物を与えることを知っている。まして天の父は求める者に聖霊を与えてくださる」
『新約聖書』「ルカによる福音書」11章9節~13節

夏休み明けというものは、働くようになってからも、学生の身であっても、沈んだ気持ちになることが多いと思います。休みの間は仕事や勉強のことを忘れて解放感に浸っていたのが、急に現実世界に引き戻されるわけですから、当然といえば当然です。次の長期休みは冬休みか、などと考えると、出口の見えないトンネルに入ってしまったかのような錯覚すら覚えるかもしれません。
しかし、イエス様はおっしゃっています。「(困難なこと、大変なことに直面しても)答えや解決方法を求めなさい」と。さらに、「求めれば、与えられる」と断言されているのです。つまり、我々が、困難なこと、大変なことに直面したとしても答えや解決方法を求め続ければ、必ず解決に至る、と説いておられるのです。
最後の部分に出てくる「聖霊」とは、宗教学者の中でも議論が分かれるものであり、簡単には一言では言い表せませんが、ここでは、「エネルギー」としましょう。すると、最後の部分は「天の父(神様)は解決方法を求める者にエネルギーを与えてくださる」、と読むことができます。
生きていく上で、困難なこと、苦しいことはたくさんあります。特に、現代社会に生きる我々は、今までの人類が経験したことがないくらいの、ストレス社会に生きています。しかし、聖書の言葉に思いを馳せ、少しでも楽な気持ちになっていただきたいと思います。