お知らせ」カテゴリーアーカイブ

ニュース和歌山の取材を受けました

本日、本校の卒業生の保護者の方1名、在校生の保護者の方2名にお越しいただき、本校の副校長の紙岡と座談会を行っていただきました。ニュース和歌山の記者の方1名、営業担当の方1名が記事作成に当たられました。

お話も多岐にわたり、盛り上がりました。

なお、この模様は8月10日発行のニュース和歌山の終面に掲載されます。

イタリアB班 ミュンヘンにて

先ほど無事にドイツのミュンヘン空港到着しました。EU圏を出国し、現在関西空港への飛行機へと乗り継ごうとしているところです。

ただ、現時点で40分のDelayとなっております。
おそらく、関西空港到着時点では多少遅れを巻き返すのではないかという予想ですが、お迎えに関しては関西空港の到着情報を確認いただきますようによろしくお願いいたします。

イタリアA班、ローマを出発します

イタリアA班です。こちらはすべての行程を無事に終え、これから予定通りローマを出発します。

旅行中、大きなトラブルもなく、みんな元気にしています。

この後、ミュンヘンで関空便に乗り換え、帰国します。これで、旅先からの報告も終了になります。ありがとうございました。

教育実習オリエンテーションについて

6月1日のオリエンテーションのお知らせです。
・開始時刻 10:00
・会場 3号館多目的ホール(変更)
・持参するもの
 実習関連書類、上履き、下足袋、筆記用具
です。
徒歩あるいは公共交通機関で来校してください。
「賛美の歌」「聖書」の有無を伺います。確認しておいてください。

リビング和歌山の取材を受けました

本日、リビング和歌山の記者の方1名と、カメラマンの方1名の計2名の方が来られ、
本校副校長紙岡が約30分間に及ぶインタビューを受けました。何と、記者の方は本校の卒業生でした! 自ずと会話も盛り上がります。
この様子は、リビング和歌山6/22号の「受験特集」のページに掲載される予定です。
内容は、「入試担当者インタビュー」と「説明会・見学会案内」の2つです。
ぜひ、ごらんください。

GAC(Global Activity Club)の活動に新展開!

カンボジアで教育支援活動を行なっているシスターを応援したいという生徒たちが集まって活動する「GAC」に新展開です。

5月24日(金)テスト最終日の放課後、海南市にある蚊取り線香などで有名な「紀陽除虫菊」さんを訪問させていただきました。


これは、昨年度のカンボジア研修に参加したGACの生徒が、例年よりも雨季が長く、蚊に刺されたことをきっかけに、カンボジアには蚊の影響によってデング熱やマラリアなどで苦しんでいる人がいることを知り、日本の蚊取り線香が現地の方々に役立つのではないかと考えたことが発端となっています。
少し前から同社の小久保社長様と連絡をとっていたのですが、テスト最終日で学校が早く終わるのなら、工場を見学に来ませんかというお話をいただき、急遽の訪問となりました。


蚊取り線香、湿気取り、入浴剤の製造ラインや新製品を開発する施設などを見学させていただき、その後は自分たちの活動紹介とこの活動に取り組む思いをプレゼンさせていただきました。

その思いが通じたのか、実現されるかは未知数ですが、GACの生徒がアイディアを出し、「紀陽除虫菊」様と協働し、新商品(おそらく蚊取り線香)を開発するプロジェクトがスタートすることになりました。なかなかおもしろいことになりそうです。

また、6月1日(土)14:00から入部希望者を対象にクラブ体験を実施します。既存のクラブ活動の概念を覆し、様々なことにチャレンジするGAC。新入生を中心に一緒に楽しんでくれる人の入部も募集しています。

オンライン英会話のサイトに自宅からアクセスする方法

前記事で紹介されている通り、本校ではオンライン英会話がスタートしております。
当該システムには、ご自宅からパソコンやタブレットなどの端末を使って
アクセスすることができます。
* 担当していただいた先生にメッセージの続きを書きたい
* 担当していただいた先生からのメッセージをもう一度読みたい
などの場合、ご利用ください。

IDをパスワードを用意して、以下のサイトからログインしてください。
(授業のときと同じサイトにアクセスできます)
なお、IDをもらっていない方は、ログインすることができません。

https://www.linguage.jp/LINTEM/member/userauth/

【中学1年】紀北研修に無事出発しました!

本日、紀北青少年の家で行われる新入生研修に向けて、中学1年生が出発しました。
みんな、お友達と3日も一緒に過ごせるということで、ウキウキとした表情でした。
集団生活のなかで、自分のわがままを我慢する、ということを自然と覚えることができると思います。信愛でのプログラムを通じて、生徒たちは一歩一歩大人に近づいていくわけです。有意義な研修になることを期待しています!