日々の糧」カテゴリーアーカイブ

主は与え、主は奪う。主の御名はほめたたえられよ

「ヨブの息子、娘が、長兄の家で宴会を開いていた日のことである。ヨブの家のもとに、一人の召使いが報告に来た。
『御報告いたします。わたしどもが、牛に畑を耕させ、その傍らでろばに草を食べさせておりますと、シェバ人が襲いかかり、略奪していきました。牧童たちは切り殺され、わたしひとりだけ逃げのびて参りました。』
彼が話し終わらないうちに、また一人が来て言った。
『御報告いたします。天から神の火が降って、羊も羊飼いも焼け死んでしまいました。わたしひとりだけ逃げのびて参りました。』
彼が話し終わらないうちに、また一人来て言った。
『御報告いたします。カルデア人が三部隊に分かれてらくだの群れを襲い、奪っていきました。牧童たちは切り殺され、わたしひとりだけ逃げのびて参りました。』
彼が話し終わらないうちに、更にもう一人来て言った。
『御報告いたします。御長男のお宅で、御子息、御息女の皆様が宴会を開いておられました。すると、荒れ野の方から大風が来て四方から吹きつけ、家は倒れ、若い方々は死んでしまわれました。わたしひとりだけ逃げのびて参りました。』
ヨブは立ち上がり、衣を裂き、髪をそり落とし、地にひれ伏して言った。
『わたしは裸で母の胎を出た。
裸でそこに帰ろう。
主は与え、主は奪う。
主の御名はほめたたえられよ。』
『旧約聖書』「ヨブ記」1章13節~21節

何という理不尽な話だろう、現代に生きる我々からすれば、そのように思える話です。『旧約聖書』に登場する「神」は、しばしばこのような恐ろしい面を見せます。興味のある方は、バベルの塔の話、ノアの箱舟の話、ソドムとゴモラの話なども参照してみてください。このような話を聖書に載せて、人々に神の言うことに絶対服従しなさい、と言っても、現代の人間からは受け入れがたいような気がします。

しかし、次に述べるお話を参考にしてもらえれば、この聖書のお話も我々の教訓となるところが多くあるように思います。

ある禅寺のお坊さんが、ある寄稿文で、明石家さんまさんのことを激賞されておられました。彼の生き様、発言が非常に深い示唆に富んでいる、というのです。さんまさんの発言とは、「人間裸で生まれてくるんやから、死ぬときにパンツ1枚はいていたら勝ちやないか」というものです。この言葉が、禅の考え方とよくマッチしているということで、とても評価しておられたわけです。禅には、「無一物」という言葉があります。この言葉は、もともとは「身体も心もそのように立派なものではない。もともと実体など無い(本来無一物)のだ」という意味ですが、「物」に固執してはいけない、というように考えることもできます。そういう意味で、さんまさんの言葉ともつながってくるわけです。多くの物を持っていても、死ぬときにはあの世まで持っていくことはできません。であれば、確かにパンツ1枚でも十分すぎる、と言えるでしょう。

聖書のお話にもどります。ヨブは当然、禅の考えを知っていたわけではありません。「主は与え、主は奪う」という表現をとっていますが、もともとは誰しも裸であったということについても言及しています。本来は神の偉大さを称える箇所なのかもしれませんが、我々現代の人間にとっては、人間の本来のあり方という意味でこそ、大きな教訓を持っているように思います。

剣をさやに納めなさい。剣を取る者は皆、剣で滅びる

「イエスがまだ話しておられると、十二人の一人であるユダがやって来た。祭司長たちや民の長老たちの遣わした大勢の群衆も、剣や棒を持って一緒に来た。イエスを裏切ろうとしていたユダは、「わたしが接吻するのが、その人だ。それを捕まえろ」と、前もって合図を決めていた。ユダはすぐイエスに近寄り、「先生、こんばんは」と言って接吻した。イエスは、「友よ、しようとしていることをするがよい」と言われた。すると人々は進み寄り、イエスに手をかけて捕らえた。そのとき、イエスと一緒にいた者の一人が、手を伸ばして剣を抜き、大祭司の手下に打ちかかって、片方の耳を切り落とした。そこで、イエスは言われた。『剣をさやに納めなさい。剣を取る者は皆、剣で滅びる』」
『新約聖書』「マタイによる福音書」26章47~52節

養蜂家の方の中には、もちろん防護服をきちんと着て作業される方もいらっしゃれば、ほとんど普段着のような服装で作業される方もいらっしゃいます。刺されないのか、と何かの取材で聞かれたとき、普段着の養蜂家の方は、「蜂は、こちらが危害を加えようとしたり、怖がったりしない限りは刺さない」と答えられました。犬もそうです。よく吠えられる人、というのは、犬を怖がったり、その縄張りに侵入しようとしたりすることで吠えられるのです。
このようなことは、人間同士の関係にも言えます。怖がったり、危害を加えようとしない限りは、相手から攻撃されることはありません。もし攻撃されるとしたら、こちらの感情が、相手を鏡として、自分の方に返ってくるのです。
イエス様は、自分が捕まりそうになっても、身を守るために武器をとってはいけない、と言っておられます。「剣(つるぎ)」とは当時にとってはポピュラーな武器ですから、武器をとったら武器によって滅びる、と言っておられるわけです。
ですから、みなさんも周囲の人には笑顔を向けましょう。感謝の気持ちを表しましょう。それが実は、自分に返ってくることになるのです。

求めなさい。そうすれば、与えられる

「わたしは言っておく。求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。あなたがたの中に、魚を欲しがる子供に、魚の代わりに蛇を与える父親がいるだろうか。また、卵を欲しがるのに、さそりを与える父親がいるだろうか。このように、あなたがたは悪い者でありながらも、自分の子供には良い物を与えることを知っている。まして天の父は求める者に聖霊を与えてくださる」
『新約聖書』「ルカによる福音書」11章9節~13節

夏休み明けというものは、働くようになってからも、学生の身であっても、沈んだ気持ちになることが多いと思います。休みの間は仕事や勉強のことを忘れて解放感に浸っていたのが、急に現実世界に引き戻されるわけですから、当然といえば当然です。次の長期休みは冬休みか、などと考えると、出口の見えないトンネルに入ってしまったかのような錯覚すら覚えるかもしれません。
しかし、イエス様はおっしゃっています。「(困難なこと、大変なことに直面しても)答えや解決方法を求めなさい」と。さらに、「求めれば、与えられる」と断言されているのです。つまり、我々が、困難なこと、大変なことに直面したとしても答えや解決方法を求め続ければ、必ず解決に至る、と説いておられるのです。
最後の部分に出てくる「聖霊」とは、宗教学者の中でも議論が分かれるものであり、簡単には一言では言い表せませんが、ここでは、「エネルギー」としましょう。すると、最後の部分は「天の父(神様)は解決方法を求める者にエネルギーを与えてくださる」、と読むことができます。
生きていく上で、困難なこと、苦しいことはたくさんあります。特に、現代社会に生きる我々は、今までの人類が経験したことがないくらいの、ストレス社会に生きています。しかし、聖書の言葉に思いを馳せ、少しでも楽な気持ちになっていただきたいと思います。

神はあなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらない

「あなたがたを襲った試練で、人間として耐えられないようなものはなかったはずです。神は真実な方です。あなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます」
『新約聖書』「コリントの信徒への手紙 一」10章13節

仕事や勉強に追われる日々を送っておられる方は多いと思います。どうしてこんなにつらいのだろうか、と悩むこともあるでしょう。また、自分だけでは改善できそうもない、人間関係や病気などといったことに苦しむ方もいらっしゃるかもしれません。あるいは、先ごろ起こった地震などもそうです。私地震の実家も震源地に近い高槻市にあり、父親・母親は幸い無事でしたが、ガスが止まるなどして、日常生活に支障をきたすような状況に陥りました。現在も苦しんでおられる方がたくさんいらっしゃいます。
しかし、どうかみなさん、一人で悩み、抱え込まないでください。聖書の言葉ですから、「神は」と始まり、「試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます」と書いてありますが、神様だけが助けてくれるわけではありません。周囲の身近な方々、家族や友人といった方々から、必ず救いの手が差し伸べられます。同じようなことで悩み、苦しんでいる方は大勢おられます。その悩みや苦しみを共有し分かち合うことで、わずかばかりかもしれませんが、苦痛は和らげられるのです。
みなさんから見れば大した悩みではないかもしれませんが、私自身、悩み苦しんだことは多々あります。しかし、その都度、必ず誰かに助けていただきました。今は、少しでも誰かの助けになり、その恩返しをしたいと思います。みんなで助け合い、支え合うことができるようになれば、本当に、「耐えられないような試練」というものはなくなっていくのではないか、と期待しております。

新しいぶどう酒は、新しい革袋に入れるものだ

「だれも、新しいぶどう酒を古い革袋に入れたりはしない。そんなことをすれば、ぶどう酒は革袋を破り、ぶどう酒も革袋もだめになる。新しいぶどう酒は、新しい革袋に入れるものだ」
『新約聖書』「マルコによる福音書」2章22節

人の体の細胞は、一説には約6年ですべて入れ替わると言われています。つまり、人間は6年で生まれ変わる、と言ってもいいでしょう。そう考えると、昨日の自分よりも明日の自分の方が、実感はできないかもしれませんが、成長している、ということになります。
そのように成長しているのに、「小学生のままがいい」、と小学7年生、8年生というわけにはいきません。人間は、成長の過程にあわせてふさわしい教育の場に移っていく必要があります。小学生だった自分は中学生(新しいぶどう酒)となり、小学校(古い革袋)から中学校(新しい革袋)に移らなければならない、ということです。もちろん、中学生の場合は、新しく高校に入学する、ということになります。
信愛生のみなさんは、いつかは大学やその他の学校に進学することになると思います。その時、みなさんは信愛で成長したことにより新しいぶどう酒となり、古い革袋となった信愛という学校を巣立ち、大学などの新しい革袋に入っていく、というわけです。
信愛を卒業し、社会で活躍するようになった時にみなさんが、信愛という学校を、古いながらも昔懐かしい、愛着のある革袋と思ってもらえるように、私どもも頑張ってまいりたいと思います。

あくまでも忍耐しなさい

聖書の言葉と聞くと、身構えてしまうかもしれません。しかし、ヨーロッパやアメリカでは多くの人が聖書に親しんでいます。世界一のベストセラーは、聖書なのです。ここでは、聖書の言葉をみなさんに味わっていただき、私なりの雑感を書き留めていきたいと思います。
入試対策室副室長 山本茂樹

「わたしの兄弟たち、いろいろな試練に出会うときは、この上ない喜びと思いなさい。信仰が試されることで忍耐が生じると、あなたがたは知っています。あくまでも忍耐しなさい。そうすれば、完全で申し分なく、何一つ欠けたところのない人になります」
『新約聖書』「ヤコブの手紙」1章2~4節

 私は高校3年生を担任する時、必ず生徒に、「自分の好きなことを一つ、我慢しなさい」と言っています。私自身の受験の体験から、我慢するということの大切さを知っているからです。
今の生徒たちであれば、何を我慢すればよいでしょうか。スマホ、ゲーム、音楽、マンガ……。それらを我慢すれば、それに費やしていた時間を、勉強にあてることができます。いや、勉強でなくても、健康管理のために少しランニングをしたり、早めに就寝したり、時間を有効に使うことができるのではないでしょうか。
 しかし、何よりも我慢することで培われるのは、精神力です。受験(あるいは人生そのものと言ってもよいかもしれません)とは、思うようにならないことの連続です。心が折れそうになることもあるでしょう。そんな時、大好きなことを我慢することができた経験を持っている人ならば、きっと乗り越えることができるはずです。
 我慢と忍耐は、ほぼ同義と考えてよいでしょう。聖書の言葉を糧に、みなさんも自分が我慢できているか、忍耐できているか、考えてみてください。

「ミミズの話」

 目もない耳もない。手もなければ足もない。色は黒い。日の当たる所よりも日陰が好きときているから、色ばかりでなくて性格も暗そうだ。ミミズはそんな生き物です。
ドロの上をはいつくばって動き回り、ドロの中にもぐりこみ、ドロを食ってはドロを出す。ミミズはそんな生き物です。  これでは「そんな生き物」が「損な生き物」と響きかねません。
 しかし、そんなミミズを四十年という長い年数をかけて研究した人がいます。進化論で有名なあのチャールズ・ダーウィンです。ダーウィンはミミズの観察研究を一八三七年にロンドンの地質学会において「土壌の形成について」という論文の中で発表し、その研究を継続して、ついに『ミミズの作用による肥沃土の形成およびミミズの習性の観察』を出版しました。それが一八八一年のことです。その翌年にダーウィンは七十三歳でその生涯を閉じるのですから、その生涯の半分以上をミミズの観察研究に費やしたことになります。そしてその半生をかけた研究から引き出された結論は次のようなものでした。
「全土を覆うすべての肥沃土は何度もミミズの消化器官を通ってきたのであり、また、これからも何度も通ることになるだろう。」
 この結論に対して、これは容易に予測できることですが、ちっぽけなミミズにそんな大きな仕事ができるわけではないという推測から、「ミミズのか弱さ、その小ささから考えて、ミミズがそんなことをやったとは到底考えられない」という反論が出されました。しかし、ダーウィンは「それは単なる先入観から言っているだけで、事実の観察に基づくものではない」と応じて、「私の調査によれば、どんなに少なく見積もっても、一エーカーあたり、一年に約十五トンの土を摂取し、排出している」と述べています。念のために書いておくと、このダーウィンが出した結論は現在でも最先端の内容を持つものとして認められているそうです。
 目もない耳もない、手もなければ足もない。
 色は黒くて、性格も暗そうな。
 ミミズはそんな生き物です。
 ドロの上をはいつくばり、ドロの中にもぐりこむ。
 ドロを食ってはドロを出す。
 ミミズはそんな生き物です。
 そんなミミズが自分に与えられた口と消化器官を使ってやりとげる仕事も尊ければ、そんなミミズに注がれたダーウィンのまなざしも尊いものです。
 こう書いておいて、『創世記』の一節を結びということにしておきましょうか。

『神はおつくりになったすべてのものをご覧になった。見よ、それは極めて良かった』