日々の糧」カテゴリーアーカイブ

愛する者たち、互いに愛し合いましょう

愛する者たち、互いに愛し合いましょう。愛は神から出るもので、愛する者は皆、神から生まれ、神を知っているからです。愛することのない者は神を知りません。神は愛だからです。神は、独り子を世にお遣わしになりました。その方によって、わたしたちが生きるようになるためです。ここに、神の愛がわたしたちの内に示されました。わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して、わたしたちの罪を償ういけにえとして、御子をお遣わしになりました。ここに愛があります。愛する者たち、神がこのようにわたしたちを愛されたのですから、わたしたちも互いに愛し合うべきです。いまだかつて神を見た者はいません。わたしたちが互いに愛し合うならば、神はわたしたちの内にとどまってくださり、神の愛がわたしたちの内で全うされているのです。
『新約聖書』「ヨハネの手紙一」4章7~12節

「ヨハネの手紙」の作者ヨハネは、イエスの直弟子である十二使徒の一人とされています。この手紙自体が、本当にそのヨハネの手によるものなのかは、分かりませんが、最もイエスの教えをよく知っている人間が書いた、という手紙になるわけです。ここでは、前回考えた「目に見えないもの」への答えが書いてあるようにも思います。
神様は目に見えません。それはここでヨハネも述べています。しかし、見えないけれども、わたしたちが互いに愛しあえば、神はわたしたちの内にとどまるのだ、とヨハネは人々に説きます。
アメリカの哲学者ウィリアム=ジェームズは、「真理であるから有用、有用であるから真理」という言葉を自身の著書のなかで述べています。例えば、人間にとって役立つのであれば宗教は真理を言っている、ということになり、役立たないのであれば宗教の言っていることは真理ではない、ということです。極端な例を挙げれば、地中侵略を企む宇宙人がいることで、人類が団結して平和に暮らすことができるようになるのであれば、宇宙人の存在は真理だ、ということになるわけです。
神様というものも、目に見えないわけですから、真理とは信じられないかもしれません。しかし、その存在によって我々が互いに愛し合うならば、神様の存在は真理だ、ということになるわけです。
みなさんにとって、例え荒唐無稽なことでも、みなさんが幸せに暮らしていけるのであれば、それは真理である、としてよいのではないでしょうか。

見えないものは永遠に存続する

わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。
『新約聖書』「コリントの信徒への手紙二」5章18節

「コリントの信徒への手紙」は、「異邦人の使徒」と呼ばれたパウロが、ギリシア地方の信者に向けて書いた手紙です。当時、ギリシア地方もローマ帝国の一部でした。
聖書では、冒頭の箇所の後に、このように続きます。「わたしたちの地上の住みかである幕屋が滅びても、神によって建物が備えられていることを、わたしたちは知っています」と。
要するに、物質的なものは限りがあるが、精神的なものは永遠である、ということを言っているのではないでしょうか。ここでいう精神的なものとは、「神」や「愛」といったものを指すと思われます。私はここで、肉体は滅びるが霊魂は不滅だ、などといった神学的な話をしたいわけではありません。
『ONE PIECE』という漫画に、Dr.ヒルルクという人物が登場します。彼は、自分の死が近いことを悟りながら、医者として患者を最期まで治そうと努力しました。そのとき、悪王ワポルに対して、このようなことを言います。「人はいつ死ぬと思う? 誰かに忘れられたときだ」と。つまり、銃で撃たれたり、毒を飲んだり、不治の病にかかったり、そのようなことでは人間は死なず、人々に忘れられたときに死を迎えるのだ、と言うのです。
インドで活動した修道女マザー=テレサも、誰からも顧みられず、路上に放置されていた人々を引き取って、「死を待つ人々の家」を作りました。ここで亡くなった方は、きっと修道女たちによって安らかな死を迎えたことでしょう。肉体は死にましたが、気持ちはきっと穏やかだったはずです。
また、我々もお通夜やお葬式を通じて、亡くなった方を悼みます。七回忌や十三回忌といった法事も行います。やはり肉体は死んでいますが、人々の記憶のなかで故人はいつまでも生き続けるわけです。
我々も、物質的なものが永遠でないことを認識し、身近な人に対する愛情を、永遠に続くものへと高めていきましょう。

主に望みをおく人は新たな力を得、鷲のように翼を張って上る

ヤコブよ、なぜ言うのか
イスラエルよ、なぜ断言するのか
わたしの道は主に隠されている、と
わたしの裁きは神に忘れられた、と。エルサレムよ
あなたは知らないのか、聞いたことはないのか。
主は、とこしえにいます神
地の果てに及ぶすべてのものの造り主。
倦むことなく、疲れることなく
その英知は究めがたい。
疲れた者に力を与え
勢いを失っている者に大きな力を与えられる。
若者も倦み、疲れ、勇士もつまずき倒れようが
主に望みをおく人は新たな力を得
鷲のように翼を張って上る。
走っても弱ることなく、歩いても疲れない。
『旧約聖書』「イザヤ書」40章27~31節

『旧約聖書』には、三大預言書というものがあり、「イザヤ書」はその一つです。イザヤは紀元前8世紀のユダ王国の預言者(神の言葉を預かり、人々に伝える者)で、バビロン捕囚を予見し、人々に警告します。結局、ユダヤ人がバビロンに強制連行されたというのは、前回のお話で述べたとおりです。
イザヤは今回の箇所で、人々に神を疑うことの愚を説き、神が我々に力を与えてくれる、ということを訴えています。
みなさんも、仕事や勉強をしていて、すごく疲れたなあ、と感じることが多々あると思います。そんなとき、どのようにして疲れを癒そうとしますか。美味しいものを食べる、温泉につかる、スポーツで汗を流す、元気の出る音楽を聴く……。いろいろ方法はあると思いますが、身近な人(親や配偶者、子供など)に誉めてもらったり、あるいは顔を見たりしただけで元気が出る、ということはありませんか。
もちろん、聖書では「主」という言葉で、神様のことを強調しています。しかし、聖書の文章も、自分の身の回りに当てはめてみると、意外と得心する部分が多いと思ってもらえれば、ありがたいことです。

エルサレムよ、もしもわたしがあなたを忘れるなら

エルサレムよ
もしも、わたしがあなたを忘れるなら
わたしの右手はなえるがよい。
わたしの舌は上顎にはり付くがよい
もしも、あなたを思わぬときがあるなら
もしも、エルサレムを
わたしの最大の喜びとしないなら。
『旧約聖書』「詩編」137章5~6節

「詩編」とは、神への賛美をうたった詩をまとめたものです。この詩に登場する「エルサレム」とは、ユダヤ人の故郷の地名です。ユダヤ人はこのとき、新バビロニア(カルデア)という国によって祖国を滅ぼされ、新バビロニアの首都バビロンへと強制連行されていました。ですから、「エルサレムよ」という呼びかけは、ユダヤ人の祖国を思う魂の叫びだということができます。
故郷とは、都市だけのことを指すのではないように思います。たとえば、学校も故郷の一つではないでしょうか。大人の方は、卒業後に自分の出身中学校・高校に行くととても懐かしい気持ちがすると思います。私自身、教育実習で母校を訪れたときは、里帰りしたような気持ちになりましたし、中学校・高校時代の友人と会うと、十年以上会っていなくても、昨日も会っていたかのように接することができます。
信愛という学校も、みなさんにとっての故郷になって欲しいと思います。在校生のみなさんはいつかは巣立っていきますが、「信愛よ、もしもわたしが……」と叫ぶくらい、信愛のことを心の故郷として、守っていって欲しいと思います。

あなたの神である主を試してはならない

さて、イエスは悪魔から誘惑を受けるため、“霊”に導かれて荒れ野に行かれた。そして四十日間、昼も夜も断食した後、空腹を覚えられた。すると、誘惑する者が来て、イエスに言った。「神の子なら、これらの石がパンになるように命じたらどうだ。」イエスはお答えになった。
「『人はパンだけで生きるものではない。
神の口から出る一つ一つの言葉で生きる』
と書いてある。」次に、悪魔はイエスを聖なる都に連れて行き、神殿の屋根の端に立たせて、言った。
「神の子なら、飛び降りたらどうだ。
『神があなたのために天使たちに命じると、
あなたの足が石に打ち当たることのないように、天使たちは手であなたを支える』
と書いてある。」イエスは、「『あなたの神である主を試してはならない』とも書いてある」と言われた。
 更に、悪魔はイエスを非常に高い山に連れて行き、世のすべての国々とその繁栄ぶりを見せて、「もし、ひれ伏してわたしを拝むなら、これをみんな与えよう」と言った。すると、イエスは言われた。「退け、サタン。
『あなたの神である主を拝み、
ただ主に仕えよ』
と書いてある。」そこで、悪魔は離れ去った。すると、天使たちが来てイエスに仕えた。
『新約聖書』「マタイによる福音書」4章1~11節

悪魔がイエスを誘惑したエピソードです。一つ目の「パンの話」、三つ目の「国々の話」は、物質的な欲望に関する戒めを伝えているように思います。現代は飽食の時代ですから、とりあえず食べるものには困らないという生活をされている方は多いでしょう。なかには、毎日毎日豪華な食事を食べている、という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、だからといってそれが即、幸せということが言えるでしょうか。現代に生きる我々は、物質的には恵まれていても、心の病にかかっている方が大勢いらっしゃいます。まさに、「人はパンだけで生きるものではない。」と言えるでしょう。
また、三つ目のエピソードも、物質的なものだけでは人間が幸せになれるわけではない、ということを示しているように思います。
二つ目のエピソードは少し解釈が難しいように思います。「主を試す」というシチュエーションは、あまり起こらないように思えるからです。しかし、「試す」というのを「甘える」というように解釈してみてはどうでしょう。イエスは神に甘えず、神殿の屋根から飛び降りることをしませんでした。彼は神を信じていましたが、それに「甘え」て、神を「試す」ようなことはされなかったのです。
翻って我々の生活を振り返ってみるとどうでしょうか。誰かに甘えていませんか。家族だから、これくらい言っても大丈夫とは、内心思ってもいないでしょうが、ついつい家族にはきついことを言ってしまったり。あるいは、友人に対して、そのような態度をとってしまったり。そのような「甘え」は、ある意味、その人のことを「試している」ようなものです。イエスの言葉は、「『あなたの神である主を試してはならない』とも書いてある」といういたってシンプルなもので、詳しい説明をつけていませんが、だからこそ我々にとって解釈がしやすく、深みのある言葉だと言えるでしょう。

神の国は、からし種のようなものである

「更に、イエスは言われた。「神の国を何にたとえようか。どのようなたとえで示そうか。それは、からし種のようなものである。土に蒔くときには、地上のどんな種よりも小さいが、蒔くと、成長してどんな野菜よりも大きくなり、葉の陰に空の鳥が巣を作れるほど大きな枝を張る」
『新約聖書』「マルコによる福音書」4章30~32節

からし種とは小さなものです。イエス様は最初、「神の国」を小さなからし種にたとえます。しかし、成長したらどんな野菜よりも大きくなると述べて、その無限の可能性について言及されます。
実は、中国の思想家であり性善説を唱えた孟子も、同じような考えを述べています。孟子は、人間は本来善なので、心の中にある善の種を育てていくように説いているのです。「四端」と孟子は呼んでいますが、「惻隠(あわれみ)の心」は「仁」の種、「羞悪(悪を憎む)の心」は「義」の種、「辞譲(へりくだる)の心」は「礼」の種、「是非(善悪を見分ける)の心」は「智」の種、としているのです。また、仏教でも「善根」という言葉があり、やはり種のようなものから、善が芽生えていく、という考え方を伝えています。
イエス様は聖書の別の箇所では「神の国はあなたがたの心の中にあるのだ」ともおっしゃっています。つまり、我々が心の中にある善の種に水や肥料をやり、雑草を抜けば、しっかりとした善の心が育っていくのだ、とおっしゃっているのでしょう。そうすることで、いわば「神の国」が自分たちの心の中に宿る、ということになるのです。
我々が生きていくうえで、指針ともなるべき、含蓄のある言葉だと思います。

主は与え、主は奪う。主の御名はほめたたえられよ

「ヨブの息子、娘が、長兄の家で宴会を開いていた日のことである。ヨブの家のもとに、一人の召使いが報告に来た。
『御報告いたします。わたしどもが、牛に畑を耕させ、その傍らでろばに草を食べさせておりますと、シェバ人が襲いかかり、略奪していきました。牧童たちは切り殺され、わたしひとりだけ逃げのびて参りました。』
彼が話し終わらないうちに、また一人が来て言った。
『御報告いたします。天から神の火が降って、羊も羊飼いも焼け死んでしまいました。わたしひとりだけ逃げのびて参りました。』
彼が話し終わらないうちに、また一人来て言った。
『御報告いたします。カルデア人が三部隊に分かれてらくだの群れを襲い、奪っていきました。牧童たちは切り殺され、わたしひとりだけ逃げのびて参りました。』
彼が話し終わらないうちに、更にもう一人来て言った。
『御報告いたします。御長男のお宅で、御子息、御息女の皆様が宴会を開いておられました。すると、荒れ野の方から大風が来て四方から吹きつけ、家は倒れ、若い方々は死んでしまわれました。わたしひとりだけ逃げのびて参りました。』
ヨブは立ち上がり、衣を裂き、髪をそり落とし、地にひれ伏して言った。
『わたしは裸で母の胎を出た。
裸でそこに帰ろう。
主は与え、主は奪う。
主の御名はほめたたえられよ。』
『旧約聖書』「ヨブ記」1章13節~21節

何という理不尽な話だろう、現代に生きる我々からすれば、そのように思える話です。『旧約聖書』に登場する「神」は、しばしばこのような恐ろしい面を見せます。興味のある方は、バベルの塔の話、ノアの箱舟の話、ソドムとゴモラの話なども参照してみてください。このような話を聖書に載せて、人々に神の言うことに絶対服従しなさい、と言っても、現代の人間からは受け入れがたいような気がします。

しかし、次に述べるお話を参考にしてもらえれば、この聖書のお話も我々の教訓となるところが多くあるように思います。

ある禅寺のお坊さんが、ある寄稿文で、明石家さんまさんのことを激賞されておられました。彼の生き様、発言が非常に深い示唆に富んでいる、というのです。さんまさんの発言とは、「人間裸で生まれてくるんやから、死ぬときにパンツ1枚はいていたら勝ちやないか」というものです。この言葉が、禅の考え方とよくマッチしているということで、とても評価しておられたわけです。禅には、「無一物」という言葉があります。この言葉は、もともとは「身体も心もそのように立派なものではない。もともと実体など無い(本来無一物)のだ」という意味ですが、「物」に固執してはいけない、というように考えることもできます。そういう意味で、さんまさんの言葉ともつながってくるわけです。多くの物を持っていても、死ぬときにはあの世まで持っていくことはできません。であれば、確かにパンツ1枚でも十分すぎる、と言えるでしょう。

聖書のお話にもどります。ヨブは当然、禅の考えを知っていたわけではありません。「主は与え、主は奪う」という表現をとっていますが、もともとは誰しも裸であったということについても言及しています。本来は神の偉大さを称える箇所なのかもしれませんが、我々現代の人間にとっては、人間の本来のあり方という意味でこそ、大きな教訓を持っているように思います。

剣をさやに納めなさい。剣を取る者は皆、剣で滅びる

「イエスがまだ話しておられると、十二人の一人であるユダがやって来た。祭司長たちや民の長老たちの遣わした大勢の群衆も、剣や棒を持って一緒に来た。イエスを裏切ろうとしていたユダは、「わたしが接吻するのが、その人だ。それを捕まえろ」と、前もって合図を決めていた。ユダはすぐイエスに近寄り、「先生、こんばんは」と言って接吻した。イエスは、「友よ、しようとしていることをするがよい」と言われた。すると人々は進み寄り、イエスに手をかけて捕らえた。そのとき、イエスと一緒にいた者の一人が、手を伸ばして剣を抜き、大祭司の手下に打ちかかって、片方の耳を切り落とした。そこで、イエスは言われた。『剣をさやに納めなさい。剣を取る者は皆、剣で滅びる』」
『新約聖書』「マタイによる福音書」26章47~52節

養蜂家の方の中には、もちろん防護服をきちんと着て作業される方もいらっしゃれば、ほとんど普段着のような服装で作業される方もいらっしゃいます。刺されないのか、と何かの取材で聞かれたとき、普段着の養蜂家の方は、「蜂は、こちらが危害を加えようとしたり、怖がったりしない限りは刺さない」と答えられました。犬もそうです。よく吠えられる人、というのは、犬を怖がったり、その縄張りに侵入しようとしたりすることで吠えられるのです。
このようなことは、人間同士の関係にも言えます。怖がったり、危害を加えようとしない限りは、相手から攻撃されることはありません。もし攻撃されるとしたら、こちらの感情が、相手を鏡として、自分の方に返ってくるのです。
イエス様は、自分が捕まりそうになっても、身を守るために武器をとってはいけない、と言っておられます。「剣(つるぎ)」とは当時にとってはポピュラーな武器ですから、武器をとったら武器によって滅びる、と言っておられるわけです。
ですから、みなさんも周囲の人には笑顔を向けましょう。感謝の気持ちを表しましょう。それが実は、自分に返ってくることになるのです。

求めなさい。そうすれば、与えられる

「わたしは言っておく。求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。あなたがたの中に、魚を欲しがる子供に、魚の代わりに蛇を与える父親がいるだろうか。また、卵を欲しがるのに、さそりを与える父親がいるだろうか。このように、あなたがたは悪い者でありながらも、自分の子供には良い物を与えることを知っている。まして天の父は求める者に聖霊を与えてくださる」
『新約聖書』「ルカによる福音書」11章9節~13節

夏休み明けというものは、働くようになってからも、学生の身であっても、沈んだ気持ちになることが多いと思います。休みの間は仕事や勉強のことを忘れて解放感に浸っていたのが、急に現実世界に引き戻されるわけですから、当然といえば当然です。次の長期休みは冬休みか、などと考えると、出口の見えないトンネルに入ってしまったかのような錯覚すら覚えるかもしれません。
しかし、イエス様はおっしゃっています。「(困難なこと、大変なことに直面しても)答えや解決方法を求めなさい」と。さらに、「求めれば、与えられる」と断言されているのです。つまり、我々が、困難なこと、大変なことに直面したとしても答えや解決方法を求め続ければ、必ず解決に至る、と説いておられるのです。
最後の部分に出てくる「聖霊」とは、宗教学者の中でも議論が分かれるものであり、簡単には一言では言い表せませんが、ここでは、「エネルギー」としましょう。すると、最後の部分は「天の父(神様)は解決方法を求める者にエネルギーを与えてくださる」、と読むことができます。
生きていく上で、困難なこと、苦しいことはたくさんあります。特に、現代社会に生きる我々は、今までの人類が経験したことがないくらいの、ストレス社会に生きています。しかし、聖書の言葉に思いを馳せ、少しでも楽な気持ちになっていただきたいと思います。

神はあなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらない

「あなたがたを襲った試練で、人間として耐えられないようなものはなかったはずです。神は真実な方です。あなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます」
『新約聖書』「コリントの信徒への手紙 一」10章13節

仕事や勉強に追われる日々を送っておられる方は多いと思います。どうしてこんなにつらいのだろうか、と悩むこともあるでしょう。また、自分だけでは改善できそうもない、人間関係や病気などといったことに苦しむ方もいらっしゃるかもしれません。あるいは、先ごろ起こった地震などもそうです。私地震の実家も震源地に近い高槻市にあり、父親・母親は幸い無事でしたが、ガスが止まるなどして、日常生活に支障をきたすような状況に陥りました。現在も苦しんでおられる方がたくさんいらっしゃいます。
しかし、どうかみなさん、一人で悩み、抱え込まないでください。聖書の言葉ですから、「神は」と始まり、「試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます」と書いてありますが、神様だけが助けてくれるわけではありません。周囲の身近な方々、家族や友人といった方々から、必ず救いの手が差し伸べられます。同じようなことで悩み、苦しんでいる方は大勢おられます。その悩みや苦しみを共有し分かち合うことで、わずかばかりかもしれませんが、苦痛は和らげられるのです。
みなさんから見れば大した悩みではないかもしれませんが、私自身、悩み苦しんだことは多々あります。しかし、その都度、必ず誰かに助けていただきました。今は、少しでも誰かの助けになり、その恩返しをしたいと思います。みんなで助け合い、支え合うことができるようになれば、本当に、「耐えられないような試練」というものはなくなっていくのではないか、と期待しております。