月別アーカイブ: 2012年3月

岩出マラソン15kmへ挑戦!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

月11日(日)岩出マラソンに高校1年生有志が出場しました。
岩出マラソンは、起伏の大きな本格的なコースで、5kmごとを制限時間内に走らなければ失格になってしまいます。
スタート地点は、「ランナー」の人々がほとんどです。
その中で信愛生たちは「完走!」と意気軒昂。  いよいよスタート。晴天の中、軽やかに。
しかし、15kmは甘く有りません。しかもアップダウンの厳しいコース。
最後に、「ああ、これでゴールか!」と思った瞬間、眼の前にものすごい急坂が・・・。
しかし、これしきで心が折れるわけにはいきません。
最後の力を振り絞れ!結果は、全員が完走とはいきませんでした(ゴール前で制限時間が過ぎてしまった生徒も数名。残念!)が、9名が完走。立派!
完走ならず残念だった生徒は、和歌浦ジャズマラソン20km完走を誓って?いました。頑張れ!

ダウンロードファイルから様子をご覧いただけます。
PDFダウンロードファイル>>

ヤクルト京都工場見学(リケジョ・理系女子応援企画)

20120314-01

講談社Rikejo(理系女子) 企画によるGirls meet Yakult Tour & Workshop 開催!
3月12日に講談社の理系女子応援サービス「Rikejo」企画による「Girls meet Yakult Tour & Workshop」が開催され、本校の高校1、2年生の理系生徒40名がヤクルト京都工場を訪問しました。
ヤクルト社員の方にヤクルト製品について紹介や工場内を案内して頂いた後、講談社Rikejoスタッフの方々の進行で「働く」を考えるワークショップを行いました。
生徒とヤクルト社員、Rikejoスタッフの方々が対話しながら「働くこと」について考えました。
「7年後にヤクルトに入社したとしたら、どんな「いいこと」を生み出したいですか?」という質問に対して
「ヤクルトの出る蛇口をつくる!」
「乳酸菌入りのお米をつくる!」
「便秘が治る食品をつくりたい!」
「ヤクルトを宇宙食に!」
「飲みやすい、おいしい薬をつくりたい(ヤクルトは抗がん剤などの医薬品も開発しています)」
などなど、色々な意見が飛び交いました。お互いの意見を聞くことで新たな発見もあったようです。
最後に「ミルミル」をみんなでおいしく頂いて帰りました。
生徒達はヤクルトの製品や考え方などの「本物」にふれることで進路選択や将来設計について大きな刺激を受けたようです。
講談社Rikejo、ヤクルトのスタッフの皆さま、ありがとうございました。

ところで、昔、「7色のヤクルト」が販売されていたことがあるそうです。皆さん、知っていましたか?

大阪大学のノルウェー人イケメン博士が講演

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本日、大阪大学・日本語日本文化教育センターのヴォーゲ・ヨーラン博士が来校され、演題「Latest Developments in Linguistics」で講演していただきました。
ノルウエーの紹介の後、言語と社会との関係を分かりやすく話していただきました。「私は知っています。」「拙者は存じております。」「わて、知ってるでぇ。」「わたし、知ってるよ。」など言葉からキャラクター、地位などが分かるように、社会と言葉は密接に関係している、などという話で、言語学の一端を生徒も理解できたようです。
ところで、とっても男前のヨーラン博士。6ヶ国語を操れるそうで、語学の天才。どうやって勉強されたのでしょう。
「チャレンジ」しました、と話しておられました。
生徒も先生もその姿勢は見習わなければなりません。

第61回和歌山信愛高校卒業式

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本日、第61回信愛高校卒業式が行われました。
新校舎建て替え工事のため、和歌山市民会館での卒業式です。

信愛の卒業式を一言で表すと、「凛」です。
式の最後は、
「祝歌」「卒業の歌」「校歌」と続きますが、
本当に美しい合唱で、見事に式を締めくくりました。