その他」カテゴリーアーカイブ

和歌浦マラソン ハーフ(21.0975km)完走!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

10月28日に行われた和歌浦ジャズマラソンが開催されました。
直前に強い雨が降り、悪コンディションの中、信愛生はものすごくがんばりました。21.0975kmを11人が完走!ワンダフォー!
10kmを12人が完走!ワオー!ハーフマラソンのコースは、アップダウンが激しくロンドンオリンピックどころではありません。
そこを21.0975km!
2年前までまともに走ったことのなかったずぶの素人が、お城の周りをちょっとずつ走り始めて2年。
今では数人の先生も一緒にお城の周りを走っています。
走り始めた頃、お城を1周してゼイゼイ言っていた生徒たちがまさか21kmを走るようになるとは!
積み重ねれば、成し得ることが実感でき、素晴らしい宝物となりました。
写真は、21.0975km完走証です。完走証の後ろにどや顔が。

School of Lock 加藤ミリヤ先生と信愛生の歌う「Heart Beat」

120730-01

加藤ミリヤ先生と信愛生の歌う「Heart Beat」がいよいよ今晩オンエアです。FM大阪85.1MHz 午後10時から「School of Lockスクールオブロック」で!

収録の模様(動画)は下記のサイトからご覧いただけます。

http://www.tfm.co.jp/lock/2012/miliyah/
TOKYO FM School of Lock のサイトから

PDFダウンロードはこちら>>

中1 調理実習 クレープ!クレープ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中1が調理実習を行いました。クレープ作りです。
小麦粉、卵、牛乳、塩、こがしバターを入れて、冷蔵庫で少し寝かせて・・と本格的です。
穴あき、単なる小麦粉のかたまりになるものからプロ顔負けの素晴らしい出来栄えのものまで。形はどうでも自分達で作ったものは美味しい!バナナ、チョコレートをサンドしていただきます!

中2 県立図書館ウォッチング

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

普段、知らない図書館の裏側を見せていただきました。膨大な書庫。すぐに探せるように分類法に基づいて本が分類されています。迷路のような書庫から指定された本を探し出すゲームでは、みんな苦労していました。
貸し出し係りの体験、貴重な本の紹介、読み聞かせ体験など本とのかかわりの大切さを再認識した日になりました。

加藤ミリヤさん来校!一緒に合唱!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

7月12日(木)加藤ミリヤさんが来校!
ミリヤさんが歌う、コカコーラのロンドンオリンピックキャンペーンソング『HEART BEAT』を信愛生とミリヤさんで合唱しようという企画です。
「『信愛』と『加藤ミリヤ』とイメージが合わない・・」と思われる方もおいでかもしれません。ミリヤさんの生徒へのメッセージは、「心愛(しんあい)」。信愛とミリヤさんの基本は同じです。

また、加藤ミリヤブログ(Miliyah Blog | 加藤ミリヤ Official Blog)に当日の写真があります。ご覧になってください。

ところで、ファッションセンス抜群のミリヤさん、信愛の制服を「この制服、かわいいね。」と評してくれました。(本当!)

ラオス、ヨルダンの留学生と交流

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ラオス、ヨルダンの留学生、日本人の学生、スタッフ合わせて19人が来校しました。ラオスやヨルダンの人と日頃会うことがないので生徒達も興味深々です。
英語の授業を見学後、高2のクラスに分かれ交流。教育論をめぐりけっこう、活発な議論となりました。
その後は掃除。エプロンをつけて一緒にやりました。ヨルダンの学生からは、「掃除の習慣が素晴らしい」の声が。
理科の取り組み発表で、ロケット打ち上げ実験解説に対して「大変高度な技術はどうして持っているのか」、空気砲実験では、みんなが参加して行うなど、生徒ともども楽しみました。

岩出マラソン15kmへ挑戦!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

月11日(日)岩出マラソンに高校1年生有志が出場しました。
岩出マラソンは、起伏の大きな本格的なコースで、5kmごとを制限時間内に走らなければ失格になってしまいます。
スタート地点は、「ランナー」の人々がほとんどです。
その中で信愛生たちは「完走!」と意気軒昂。  いよいよスタート。晴天の中、軽やかに。
しかし、15kmは甘く有りません。しかもアップダウンの厳しいコース。
最後に、「ああ、これでゴールか!」と思った瞬間、眼の前にものすごい急坂が・・・。
しかし、これしきで心が折れるわけにはいきません。
最後の力を振り絞れ!結果は、全員が完走とはいきませんでした(ゴール前で制限時間が過ぎてしまった生徒も数名。残念!)が、9名が完走。立派!
完走ならず残念だった生徒は、和歌浦ジャズマラソン20km完走を誓って?いました。頑張れ!

ダウンロードファイルから様子をご覧いただけます。
PDFダウンロードファイル>>

ヤクルト京都工場見学(リケジョ・理系女子応援企画)

20120314-01

講談社Rikejo(理系女子) 企画によるGirls meet Yakult Tour & Workshop 開催!
3月12日に講談社の理系女子応援サービス「Rikejo」企画による「Girls meet Yakult Tour & Workshop」が開催され、本校の高校1、2年生の理系生徒40名がヤクルト京都工場を訪問しました。
ヤクルト社員の方にヤクルト製品について紹介や工場内を案内して頂いた後、講談社Rikejoスタッフの方々の進行で「働く」を考えるワークショップを行いました。
生徒とヤクルト社員、Rikejoスタッフの方々が対話しながら「働くこと」について考えました。
「7年後にヤクルトに入社したとしたら、どんな「いいこと」を生み出したいですか?」という質問に対して
「ヤクルトの出る蛇口をつくる!」
「乳酸菌入りのお米をつくる!」
「便秘が治る食品をつくりたい!」
「ヤクルトを宇宙食に!」
「飲みやすい、おいしい薬をつくりたい(ヤクルトは抗がん剤などの医薬品も開発しています)」
などなど、色々な意見が飛び交いました。お互いの意見を聞くことで新たな発見もあったようです。
最後に「ミルミル」をみんなでおいしく頂いて帰りました。
生徒達はヤクルトの製品や考え方などの「本物」にふれることで進路選択や将来設計について大きな刺激を受けたようです。
講談社Rikejo、ヤクルトのスタッフの皆さま、ありがとうございました。

ところで、昔、「7色のヤクルト」が販売されていたことがあるそうです。皆さん、知っていましたか?

大阪大学のノルウェー人イケメン博士が講演

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本日、大阪大学・日本語日本文化教育センターのヴォーゲ・ヨーラン博士が来校され、演題「Latest Developments in Linguistics」で講演していただきました。
ノルウエーの紹介の後、言語と社会との関係を分かりやすく話していただきました。「私は知っています。」「拙者は存じております。」「わて、知ってるでぇ。」「わたし、知ってるよ。」など言葉からキャラクター、地位などが分かるように、社会と言葉は密接に関係している、などという話で、言語学の一端を生徒も理解できたようです。
ところで、とっても男前のヨーラン博士。6ヶ国語を操れるそうで、語学の天才。どうやって勉強されたのでしょう。
「チャレンジ」しました、と話しておられました。
生徒も先生もその姿勢は見習わなければなりません。

芸術鑑賞会で5組の漫才を楽しむ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

和歌山市民文化会館で、全校生徒、保護者の方々で芸術鑑賞会を開きました。
今年は、吉本の5組(藤崎マーケット・銀シャリ・ウーマンラッシュアワー・海原やすよともこ・矢野兵動)の漫才です。最初の藤崎マーケットから最後の出演者全員の舞台トークまで生徒は超ハイテンション!楽しいひと時を過ごしました。

その様子はダウンロードファイルからどうぞ!