新入生研修合宿   前田 紫

こんばんは。高校1年生担任の前田です。
本日6時間目に、高校1年生E~H組対象の新入生研修合宿の説明会がありました。A~D組は昨日のうちに説明を受け、明日出発です。2泊3日の研修では多くのプログラムが組まれています。校長先生の講和から始まり、進路指導部長の講和、学外から講師をお招きしてのマナー講座なども。もちろんみんなで楽しむ企画もあります。
この3日間で信愛高校での生活の基盤をつくり、クラスの親睦を深め、充実した高校生活が送れるように、みんなで有意義な研修にしましょう。

身体測定   八幡 瑞穂

この春から中学1年生を担任しています、八幡です。

入学してからまだ一週間も経っていないので、不安や戸惑いもあるようですが、少しずつクラスの友達とも打ち解け合って、楽しく過ごしている様子が見られます♪

そして、今日は健康診断と身体測定でした。〇㎝伸びていた!と、自分の成長を喜ぶ声もたくさん聞こえました。育ち盛りの中学1年生。これからの学校生活を通して、心も体も元気いっぱいに育っていってほしいなと思います(*^-^*)

今年度もどうぞよろしくお願いします。

修学旅行積み立て説明会  大村 寛之

2年連続の高校3年生担任および学年主任を経て、今年度は久しぶりに高校1年生の担当となりました。
久しぶりに受験生以外を担任するということでまだまだぎこちないですが、新しいクラス、学年がスタートしています。

さて、本日高校1年生は高校に入学してまだまだ間もない段階にも関わらず、業者の方をお招きして、早くも高校2年生の6月に実施される修学旅行の行き先の選択および積み立ての説明会を実施しました。

信愛の修学旅行は国内と海外の2本立てになっています。国内は雄大な大自然を感じることのできる北海道。そしてすでにご存じの方もいらっしゃるかも知れませんが、何と!海外の修学旅行先が次年度から現在のカナダが「イタリア」に変更になります。

私もそれほど造詣が深い訳ではないのですが、カトリックの総本山であるバチカン市国を含むローマやフィレンツェなど多くの世界遺産を巡る旅になるとのこと。ロバート・ラングドン教授シリーズであるダンブラウンの「天使と悪魔」を読んだ身としては、高校生の段階でその世界観を生で味わうことができるなんて「うらやましい!」の一言。

生徒たちは今週金曜日までに積み立ての選択をしなければなりません。まもなく新入生研修合宿も予定されていますし、バタバタした中ですが、なかなか贅沢な悩みですね。

 

ロケットガール4月15日にロケット打ち上げ決定です! 佐藤佳子

打ち上げたロケットをパラシュートで回収する予備実験中

昨年12月がら始動しました和歌山信愛ロケットガール養成講座(高校1年生の希望者対象)ですが、いよいよコスモパーク加太にて4月15日ハイブリットロケットの打ち上げが決定しました!

ロケットガール養成講座は和歌山大学教授 秋山 演亮先生のご指導で全長約1.2mのハイブリッドロケットの設計・製作からその打上げに至るまでをすべて高校生自身の手で実現する教育研究プログラムです。ロケットの製作・打上という高度で複雑なプロジェクトを達成するためにはどうすればよいか、生徒自身が問題点を発見し、仲間と協力してその解決に挑戦します。ロケット製作技術や理工系のおもしろさだけではなく、プロジェクトマネジメントやチームワークを学び、未来を担う人材としての教育効果が期待されます。

打ち上げの成功を祈ります!ロケットガールの皆さん頑張ってくださいね!!

 

 

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!!

今日は入学式でした。

真新しい制服を着た新入生の皆さんは、緊張した面持ちで式を受けていました。

今日は信愛中学校、信愛高校1日目ということで緊張や不安、期待の気持ちで大変疲れたと思います。今日はしっかり休んでくださいね。

また明日から学校生活が始まっていきます。早く信愛に慣れて、信愛の一員になっていってくださいね。

 

 

2018年度のスタートです! 山本茂樹

温かいを通り越して暑く感じるような日もありますが、みなさまはいかがお過ごしでしょうか。

さて、和歌山信愛中学校・高等学校では、いよいよ新年度が始まりました。ほっと一息つく春休みを過ごした中学2・3年生、高校2・3年生の始業式です。

信愛の始業式はまず、大掃除から始まります。春休み中にたまった汚れを拭き取り、ほこりをほうきで集めます。さすがに在校生は手慣れたもので、テキパキとお掃除を進めます。

続いて、体育館に入り式典としての始業式の始まりです。体育館に入る時は、沈黙を保ち整列した状態で入ります。信愛生の所作の一つひとつが、傍から見ているととても美しく感じられます。

校長先生は、今年度の努力目標である「お陰様」という言葉についてお話をされました。謙譲の美徳を表すとても日本らしい言葉です。校長先生が自らの体験を元にお話をされたので、生徒たちもしっかりと聴き入っていました。

最後に、新任の先生方の紹介がありました。左から英語の中谷先生、数学の河合先生、国語の高倉先生、事務の藤崎先生です。藤崎先生は信愛の卒業生で、ソフトテニス部のメンバーでした。2009年の夏の高校野球和歌山県大会の始球式で、豪速球を投げて紀三井寺球場を沸かせたことをご記憶の方もいらっしゃるでしょう。

明日は入学式になります。新入生のみなさんは期待と不安の入り交じった気持ちかもしれませんが、私達はみなさんのご入学を心待ちにしていました。2018年度、私達教職員はもちろんですが、中学1年から高校3年生までの信愛生、保護者のみなさま、関係者のみなさま、ぜひぜひ一緒に頑張っていきましょう!

平成29年度中学課程修了式・第三学期終業式

本日、中学課程修了式・第三学期終業式が行われました。

中3生のみなさん。出会いからはや3年がたちました。
大学入試が新方式になるこの学年のみなさんが、少しでも思考力・判断力・表現力を身につけられるようにと、プレゼンやレポートを書いてもらうということを意識したり、さまざまな行事を企画したり、私たち教員も張り切って楽しく過ごさせてもらいました。
みんなの笑顔が先生たちの楽しみでした。
中学修了にあたり、みなさんの成長を支え応援してくださったご家族の皆さまに、心からの感謝を伝えてくださいね。信愛で得たたくさんの経験を糧に、高校での勉強もしっかり頑張っていきましょう!

英語暗唱大会

本日3・4限目に中学生英語暗唱大会が開催されましたので、その様子をお伝えします。
最初は1年生。題材はZorba’s Promise。Zorbaという黒猫と1羽のカモメの成長を描いた物語。
登場人物ごとに声色を変えながら、感情豊かに表現してくれました。

次は2年生。題材はDolphin Tale。実話を基にした映画が作られているので知っている人もいるかもしれません。
ソーヤ少年とイルカの温かい交流の物語をジェスチャーなども交えながら堂々と朗読してくれました。

最後は3年生。題材はThe Story of Nishikori Kei。錦織圭といえば日本が誇る1流のテニス選手ですが、
彼の今があるのは13歳で単身アメリカに渡って以来、様々な苦労を乗り越えてきたからなのですね。
失敗から学ぶこと、決して夢をあきらめないことの大切さを力強く訴えてくれました。

大会の最後を締めくくったのは、今年の和歌山市英語暗唱大会で3位に輝いた大石さんのスピーチ。さずがの一言で我々全員が圧倒されました。

最後になりましたが、出場してくれた皆さん、また長時間にわたって暗唱を一生懸命聞いてくれた皆さん、素晴らしい時間をありがとうございました。

平成29年度ももうすぐ終わります   金森英岳

みなさんこんにちは、お久しぶりです、金森英岳です。

 

3月も中旬となり、高校3年生のみなさんは新しい生活に向けての準備が始まっている頃でしょうか。

 

さて、平成29年度も締めの時期となりました本日、中学3年生は、練成会を行いました。詳しい内容についてはここでは控えさせていただきますが、ご家族をはじめ、これまでの生活の中で関わっていただいた周囲の人たちとの繋がり、交わりについて改めて考え、感謝し、その気持ちを形にしましょう、という趣旨であります。そのあと、中学校課程修了のミサを参加しました。ミサの中で、神父様に祝福をいただいたメダイを、校長先生から手渡していただきました。これら画像を添付しておきます。

 

まだまだ幼いと思っていた中学3年生も、あと2週間もすれば高校生です。4月からは高校生としての生活が始まります。こちらが勝手に不安になってしまいますが、生徒たちは元気いっぱい、心配なし、大丈夫、のようです。