将棋界期待の星出現のニュースを見て 遠藤 徹

今年度初めての百人一筆です。こんにちは、高3担当の遠藤 徹です。

先日、南先生のブログで将棋の藤井聡太四段の連勝記録のことが言及されていましたが

私も、このニュースについて強い関心を持っていました。将棋というと、日本古来のボードゲームとして、古くから行われてきているもので、皆さんも一度はしたことがあるのではないでしょうか。将棋で勝つためには、次の手を考える「読み」が大切になりますが、将棋のプロ棋士は百手以上先の手まで「読む」力があると言われています。しかし、それでも可能な手をすべて読むことはできません。それに、時間に制限があるルールの中では、「読む」力だけでは勝つことはできません。プロ棋士は、盤面の状況に応じて、読む必要のある展開とそうでない展開を、読む前に直感的に区別する能力が備わっていて、それが強さの源泉だと言われています。そして、一手ごとに盤面の状況が複雑に変化していく中で、数万種類あると言われている戦略パターンを,瞬時に使い分けながら戦っています。その力は、「読み」のヒューリスティックス(不完全だが簡単で効率的な思考方法・発見的思考),空間計算能力(映像を変化させて思考する能力),ゲシュタルト認知能力(形を見て直感的に判断する能力)等と言われています。

さて、このような能力を必要とするものは将棋に限ったことではありません。他にも囲碁やチェスをはじめとする多くのボードゲームにも当てはまるでしょうし、私が教えている数学にもその力が必要となります。数学の問題を解くときは、それまで習ってきた知識(定理や公式など)をもとに、いかに答を導くかを考えます。その解法(将棋で使われる戦略パターン)を組み立てるのに必要なものが、上記で述べた直観力や洞察力のようなものであったりするのです。

私は、小学生の頃、よく友達や兄と将棋(その頃はテレビゲームなどはなかった)をして遊んでいました。そして、負けまいと、その当時の将棋界の名人だった「大山康晴」の著書「将棋必勝法」という本を自分で買って読んだこともありました。私は、決して将棋が強い方ではありませんでしたが、将棋を指すのが好きで,その頃の趣味でした。皆さんもそうだと思うのですが、自分にとって関心があるもの好きなものに対しては、誰かに無理やりさせられなくても、自分から興味をもって取り組んできたはずです。そして、それを極めれば極めるほど、もっと難しいものに挑戦し攻略してやろうと躍起になり、時間を忘れて没頭したことがあるのではないでしょうか。

本来、人間には誰でも、知らないことを知りたい、出来ないことを出来るようになりたいという願望があり、その為の「知識欲」や「向上心」を備えています。しかし、その知識を得ることが、自分にとって将来の生活のために必要な価値のあるものに変わったとき,それを継続していかなければいけないという「義務」が生じ、自分にとって負担になるものに変わってしまうことがあります。そして、そのときに必要な力が「精神力」であったり「心のあり方」であったりするのです。

今、将棋界で注目を浴びている藤井聡太四段は,14歳でプロ棋士になり,歴代新記録となる公式戦29連勝を成し遂げました。まだ中学生の身でありながら、プロ棋士として将棋を生活の糧とする厳しい世界に入ったことだけを考えてみても,優れた才能の持ち主であるだけでなく、大変な「努力家」であり、粘り強い「精神力」の持ち主でもあるように思われます。

ところで、信愛では明日から「期末試験」が始まります。皆さんの学習に対する「向上心」をもって,今まで蓄えてきた「知識」を遺憾なく発揮し、最後まで粘り強く試験に臨むことを期待します。

南 正人

6月28日

 本日、6月28日の、6と28から、ふと思う。6も28も完全数だなぁ、と。
 完全数というのは、「ギリシアのニコマコスの頃から考えられ、ユークリッドによって名づけられた数で、6=3+2+1,28=14+7+4+2+1 などのように、その数の約数 (自分自身は除く) の総和が自分自身に等しくなる数のことで、28の次の完全数は 496。」と、ものの本にはある。
 国語の教師なのに、よくそんなこと知っているなぁと思われたかもしれないけれど、種明かしをすると、先日将棋の藤井聡太四段の連勝記録のニュースで、28連勝していた神谷八段が「僕は28という数字がとても好きで……」と言っていたので、28ってそんなに特別な数字だろうかと思って、ちょっと調べてみたら、「完全数」なるものに辿り着いた、というだけの話である。でも、僕はこういうの結構好きである。僕だけじゃなく、案外文系の教師は理系科目に興味を持っていたりする。そう言えば、小川洋子だって、早稲田大学の文学部出身の小説家だけれど、とっても数字にこだわりのある数学博士が登場する「博士の愛した数式」を書いていたでしょ?
 もちろん逆だってあると思う。数学の先生が「『笑』って漢字は、髪を長くした若い巫女の象形、と辞書にあるけど、どう見たって、笑った顔の象形だよなぁ」とか、理科の先生が「『大丈夫』って、一字一字の漢字の差異が微妙すぎて面白い」なんてところから、漢字の達人になっていたりして……。だって、バリバリの理系である医学部出身の作家は世の中にたくさんいるのだから。
 とにかく、僕が言いたいのは、他人をパターンで分類するのは面白い(体育会系、草食系、塩顔……等々)けれど、自分をパターンで分類しちゃいけないよってこと。そんな実態のない奇妙なものに縛られないで、もっと自由になってねってこと。
  

思わぬところに落とし穴が 阿部哲也

「ミナミヌマエビ 産卵」の画像検索結果

こんにちは、理科担当の阿部です。僕は、趣味で今年の春から自室でミナミヌマエビというエビを飼い始めたのですが、そのエビ達が最近卵を持ち始めました。(自分で撮ったものではないのですが、上の写真が卵を持ったミナミヌマエビです)このまま順調にいけば、小エビがたくさん生まれて水槽が賑やかになるのではないか、と期待に胸を膨らませています。

さて、実は、エビの飼育に挑戦したのは今回が初めてではなく、前にも一度あります。しかし、その時はなんと水槽に入れたその日中に、すべてのエビが死んでしまいました。(エビ達ごめんね)なので、この春に再びトライするときは、絶対に失敗しないように、飼育前に情報収集をしていました。その時にふと目に留まったのが「農薬除去」です。エビを買うときは一緒に水草も入れるのですが、売り物の水草にはたくさんの農薬がついているので、農薬を取り除いたほうがいいということがネット上に書いてありました。半信半疑のままペットショップの水草に農薬除去剤を試してみると、でるわでるわ、白い沈殿(農薬)が水草からたくさん出てきました。ペットショップでは、ものすごくたくさんの農薬が使われていたのです。そうして、農薬を取り除いたことだけが良かったのかどうかはわかりませんが、今は卵を持つほど、順調にエビ達が育っています。前回は、売り物の水草は安心だろうとまったく気にもかけていなかったのですが、そこが思わぬ落とし穴だったのでしょう。

テスト勉強で、問題に悩んでいる皆さん、最初の一行目で計算ミスしていませんか?もう一度前提を見直してみると、思わぬ落とし穴で引っかかっているかもしれません。よ~く確認しましょう。今週の金曜日から期末試験ですが、頑張って乗り切ってくださいね!!

 

Sr.平良  中学2年長崎研修

皆さん、こんにちはSr.平良です。

中学2年生は、6月11日から13日の3泊4日で、『平和への祈り、キリスト教の歴史を訪ねて』の研修旅行を行いました。

この研修では、原爆の地である長崎で世界平和のためにお祈りを捧げると共に、日本にキリスト教をもたらしたフランシスコ・ザビエルのゆかりの地である平戸にも足を運びました。

平戸ザビエル記念教会の語り部の山野さん(85才)の話の中で、一生懸命やれば⇒「知恵がでる」 中途半端にやれば⇒ 「愚痴が出る」 いいかげんにやれば⇒「言い訳がでる」と。そ の言葉一つひとつには85才に見えないかくしゃくとした山野さんの生きてきた道があり、その姿の中にザビエルがもたらした信仰の種を見たように思いました。

 

『一粒の麦は、地に落ちてしななければ一粒のままである。だが死ねば多くの実を結ぶ』

ヨハネ12:24

 

また色々な取り決めを守るためにガマンすること、研修がスムーズに進んでいるのは、その裏で尽力して下さっている方々がいらっしゃるからで、それに感謝すること、など・・・たくさんの気づきがありました。

この体験と気づきがこれからの彼女たちの歩みを支えるものとなることを願っています。

 

この実り豊かな研修を与えて下さった皆様、神様に感謝!!

お土産   辻 慶一

百人一筆をご覧の皆さま・・・いつもありがとうございます!!

こんにちは、保健体育科の辻です。

6月は、各学年で校外研修や旅行があり(中1関空見学・中2長崎研修・中3東京方面・高1海遊館・高2カナダと北海道・高3ユニバ)生徒たちが楽しみにしている一つの行事でもあります。

クラス担任をした生徒や授業で関わった生徒などから、それぞれのお土産をいただきました・・・心温まるお土産、本当にありがとうございます!!

ところで、お土産にはいくつかの種類があることをご存知でしょうか??

僕なりにですが、①現地の名産物②笑顔③話④無事帰校 ※これ以外にあれば教えて下さい!! ①~④については皆さんでどういう意味があるのか想像してみて下さい(笑)

ここで、お土産をいただいたお話を紹介させていただきます。

校内で出会ったとき、廊下ですれ違ったとき、お帰り!楽しかった?どうやった?などと声をかけると様々な返事が返ってきました!

メッチャ楽しかったでぇ! また行きたい! 私らと久々に会えて嬉しいやろ! 私らと会えやんかったから寂しかったやろ! ただいま!

おみやげ余ったからあげる! シャ~(仕方)ないからあげる! 欲しそうにしてるからあげる! など・・・表現力が豊かで、すごく面白く、楽しく、気分が爽やかになりました(笑笑)

極め付けに、6人で一枚!のクッキーをもらいました。生徒いわく、クッキーの6分の1に各自の気持ちがこもってるんやで~とのこと(笑)

どのお土産にも共通しているのですが、全てに気持ちが入っているということ・・・皆が笑顔であるということ(決して大きさや物や値段ではないということ)ですね!!

生徒たちがこのように豊かに微笑ましく成長していく過程には、信愛教育があるのです。恐るべし信愛教育・・・改めて凄さを知りました(笑笑)

高山右近列福式 まさかの続報 山本茂樹

ご無沙汰しております。高校3年生の担任をしております山本茂樹です。

皆さん、憶えていただいてますでしょうか? 今年の2月に高山右近の列福式が行われ、本校の生徒たちも多数聖歌隊として参加させていただいたことを。

今年度は高校3年生の担任ということもあり、すっかり私も忘れてしまっていたのですが、何と先日、高山右近列聖推進委員会(列福され福者となったため、これからは列聖を目指します)からダンボール一箱分の大きな荷物が届きました。内容は、列福式参加に対しての生徒への労いの文書と、列福式の公式記録DVDでした。DVDは生徒一人につき1枚ずつご送付くださったのです。

本日は暴風警報が発令されたため生徒たちは家庭学習日となり、渡すことができませんでしたが、明日、生徒一人一人に渡そうと思っています。生徒たちの驚いたり、喜んだりする顔が想像でき、今から楽しみです。

参加してくれた生徒がいるご家庭では、是非ご家族そろってご覧ください

 

蒸し暑くなってきました    藤田絢香

今年度初めての百人一筆です。こんにちは、高2担当の藤田絢香です。

去年は修学旅行、北海道引率で行きましたが今年は学校で皆をお見送り。

無事皆帰ってきて、お土産までもらいました。Thanks!

・・・・・・ということで、旅先の写真がないので今日は、年末に行ったドバイの、

「世界一豪華なスターバックス」の写真を♫

D5B6DC04-053A-4FFF-8192-A8364EDCF240.JPG を表示しています

ショッピングモールの一番奥にありました。

天井が高く宮殿のようなデザイン。とても気分良くコーヒーを味わうことができました^^

さて、梅雨にはいったものの晴れが続いております。

しかし明日朝は豪雨になる予報。。。。皆さん気をつけて!

つぶやき美術館   川本 清美

 

今年度初めての「百人一筆」が回ってきました。

今回の ❝つぶやき美術館❞ は、中学1年生の作品を紹介したいと思います。

テーマは「スプーンの中の私」。

信愛中学校に入学してすぐに描いた鉛筆画です。

どれもこれも「プッ!」と笑える力作揃いです。

どうぞ皆さん、ごゆっくりお楽しみください。

 

 

関西国際空港バックヤードツアー 八幡瑞穂

こんにちは♪

先日、中学1年生は関西国際空港のバックヤードツアーに行ってきました。

ツアーバスに乗って様々な施設を見て回りながら、ガイドさんからいろいろなお話を聞くことができました。

機長さんと副機長さんは、二人ともが食中毒にならないように、違うものを食べるようにしていること。

鳥が飛行機のエンジンなどに入り込んでしまうといけないので、空港内には、鳥を追い払うためのバードパトロールなるお仕事があること。

機内食工場では、宗教上の理由で食べられないものがある人のために、それに合わせた食事も作っているということ。

少しでも長い時間ペットと過ごしたいという人のために、ペットホテルが併設されているということ。

…などなど。

私たち乗客が安心して空の旅を楽しめるように、様々な思いやりある工夫が施されているのですね(*^-^*)♪

生徒たちも、間近で離発着する飛行機を見たり、操縦のシミュレーションゲームに挑戦したり、おいしい機内食を味わったり、めいめい楽しく過ごすことができたようです。

また、今回の研修は中1さんにとっては初めての現地集合となりました。初めて電車の乗り換えをした人はもちろん、初めてひとりで電車やバス乗った人もいたかと思います。私たち教員も、我が子をはじめてのおつかいに行かせるようなハラハラした気持ちで見守っていましたが、みんな無事に現地にたどり着くことができ、本当に安心しました( ;∀;)♡「自分で」できた、という経験をこれからも少しずつ積み上げて、みんなの自信が作られていけばいいなと願っています。

遠足 酒井慎也

こんにちは、理科の酒井です。本日は遠足で海遊館にいってきましたので、少しだけ(本当に少しですが)その様子を紹介いたします。

 

スライドの左下は動物(サメとエイ?)に触れ合えるところで、生徒もサメの背中を触ろうと挑戦していました。

 

また、私はアザラシがとても好きでして、遠足のついでにアザラシが見れたのでとても幸せでした。では、また。