明日から新入生研修です。  遠藤 克彦

4月6日(土)に入学式がありました。かつての小学生は中学生になり、かつての中学生は高校生になりました。まだ新しい自分の肩書に違和感を感じている人も多いのではないでしょうか。。信愛高等学校新入生は内進生(A組~D組)が4月12日~14日まで、高入生(E組~H組)が14日~16日に和歌山紀北青少年の家にて研修合宿を行います。まだ高校生活が始まって間もないこの時期にもう合宿です。特に高入生の人たちはほとんどなじみのない人同士で泊りの合宿を行うわけですから大変ですね。しかし、合宿から帰ってきたらみんなの距離はだいぶ縮まってますよ。とにかく緊張感をもってこの合宿を乗り切りましょう。全クラス、無事で終わりますように。

新学期早々・・  佐藤佳子

こんにちは。私は新年度早々、腰をいためてしまいました。。。。

新学期で新しい教材を各クラスで配布するのですが、その教材の段ボールを運ぶときに腰を痛めてしまったようです。。。

正直、学校休もうかと思うくらい痛いのですが、生徒の皆さんの顔を思い浮かべて、「みんなも新学期からがんばっているから私もがんばろう!」と思って今日は学校にきました。

みなさんも体調には気を付けて楽しい新学期を過ごしましょうね。。。

身体測定  藤崎安葉

皆様、こんにちは。
新年度がスタートしましたがいかがお過ごしでしょうか。
私は本年度から寮監のほかに、体育と情報の授業を受け持つこととなり、忙しい毎日を過ごしています><
忙しいですが、夢であった教員になることができ、毎日充実しています!!

さて、本日は毎年この時期恒例の身体測定です。
中高生の年齢では成長期ということもあり、身長が伸びたり、体重が増えたりと体が大きく成長している生徒が多いように思えます。
でも中には「身長が縮みましたー」となぜか満面の笑顔で報告してくる生徒もいました。笑

中高生の時期は身体の成長はもちろんですが、心の面で大きく成長し、豊かな人間性を育み、暖かみのある、心豊かな「賢さ」を身に付けてほしいと願っています。

授業スタート! 面川美保子

6日に新入生を迎えて、新クラスでの授業がスタートしました。

朝、登校してくる新入生の表情を見ると、少し緊張もありますが、それよりも何が始まるのか、という期待でワクワクしているように感じました。

私が担当する高校1年は、午前中に修学旅行の行先説明会、教科書販売、クラス写真、個人写真…など、場所を移動しながら、様々な行事の連続でした。

新クラスでの昼食のあと、新年度初めての授業。午前中買ったばかりの真新しい教科書を使っての授業はどうでしたか?

 

今日一日、初めてづくしで疲れた人も多かったでしょう。ゆっくり休んで、また明日元気に登校してきて下さいね。

ご入学おめでとうございます! 岡本真由美

本日、信愛では入学式が挙行されました。
入学生の皆さん、ご家族の皆さま、誠におめでとうございます。

私も今年度は中学1年生の担任ということで、入学生の皆さんの近くで入学式に参加しました。信愛で教員をして何度目かの1年生の担任ですが、毎回皆さんの期待と不安の入り交じった表情が印象的です。

見知らぬ世界に飛び込むのは、誰でも緊張します。ワクワクもするけれど、同時に同じだけ不安を感じることでしょう。
それでも私たちは毎日新しい1日を迎えます。予想通りの1日かもしれないし、予想外のびっくりするようなことが起こる1日かもしれません。
ただ、その1日を楽しく過ごすのは、自分の心次第だ、と最近よく思うようになりました。新入生の皆さんも、これから始まる信愛での生活を、前向きに、楽しんで過ごしてもらいたいと思います。そのために私たち教員も精一杯努めます。

ともに楽しく過ごす仲間として、また月曜日からよろしくお願いします!

新年度が始まりました! 山本茂樹

いよいよ新年度が始まりました。今年度は、年度途中での改元が予定されているという、異例の年度になります。すなわち、4月1日から4月30日までは平成31年度、5月1日からは令和1年度、となるわけです。
平成に改元されたのがすでに31年前ですから、前回の改元のときにどうだったのか、もはや忘却の彼方にあります。例えば、「令和元年」という呼称はあっているように思うのですが、「令和1年」と言ってよいのでしょうか。また、「令和元年度」ではいまいちしっくりこないので、「令和1年度」と呼ぶのが妥当なのでしょうか。このあたりのところがよく分かりません。もしかしたら、政府が正しい呼称を発表しているのかもしれませんし、していなかったとしても、これから発表するかもしれません。

さて、皆さんの新元号の予想はどうでしたでしょうか。当たっていましたか?巷では安倍総理の「安」の字が入るのではないか、と言われていましたが、それはさすがに見当はずれだったようです。
実はこの百人一筆で私が新元号のおおまかな予想をしていたのを皆さんご存知でしょうか。
詳しくは下記をご覧ください。
百人一筆2019年1月7日

どうでしょうか。意外といい線をいっているように思いませんか。実は、卒業生から「先生の予想が当たっていました!」とわざわざ連絡があったほどです。
ズバリ的中ではありませんが、的確な予想(分析?)だったと思います。

「令和」の「和」は和歌山の「和」でもあります。春が芽吹くように、和歌山信愛もこれから満開の花を咲かせたいと思います。

いろいろな顔   松岡 豪

本日は信愛の終業式・修了式でした。
生徒の皆さん、進級・修了おめでとうございます。

式のときに体育館で並ぶ皆さんの顔を見ると、いろいろな顔があります。
……顔の造形のはなしではありませんよ?

この一年の成果を振り返った満足の顔、不満の顔。
次の一年に思いを巡らせる期待の顔、不安の顔。

人それぞれに思いがあるでしょう。
この一年でどう変われたのか、次の一年でどう変わっていくのか、楽しみですね。

 

高校2年生の皆さん、あなたたちが次の信愛最高学年です。
その背中で、ときには向き合って、後輩たちのあこがれであってください。
信愛生活で培ってきたものを大事に育て上げ、素敵な花を咲かせてください。

高校1年生の皆さん、この一年間どうだったでしょうか。
進路選択という一つの選択を終えたあなたたちですが、この先の人生にも多くの選択があります。
一つひとつの選択に向き合っていけるよう、日々の生活を通して力を蓄えてください。

中学3年生の皆さん、中学課程修了おめでとうございます。
義務教育を終えたあなたたちは、殻を破って次のステージに進んでいきます。
新しい気持ちで、そして信愛中学の三年間も糧にして、次の一歩を踏み出してください。

中学2年生の皆さん、あなたたちが次の信愛中学の最高学年です。
最高学年でリーダーシップを発揮しつつ、高校の先輩にも様々な形で助けてもらえるでしょう。
成長するためには最高の環境ですので、さまざまなことに挑戦することを恐れないでください。

中学1年生の皆さん、この一年間どうだったでしょうか。
たくさんの変化を実感したでしょう、その姿を毎日見せてもらって頼もしく思います。
ひとつ成長したあなたたちが、次の一年でさらに成長してくれることを確信しています。

 

それぞれの思いを胸に、また少し成長した皆さんが、また元気な顔で学校に来てくれますよう。

よい春休みを。

今日は練成会がありました。    遠藤 克彦

中学三年生は今日、練成会を行いました。会の趣旨は、中学三年生という義務教育最後の年の締めくくりを迎えるにあたり、今までお世話になった人たちのことを思い感謝する、というものです。私も中学時代、そうでしたが、親に対して感謝の思いは常々もっていたのですがそれを口にして表すという事はなかなかしませんでした。会の冒頭、校長先生からお話をいただき、その後、保護者の方々に書いていただいた手紙を生徒たちが読むわけです。そんな手紙がきていることなど全く知らない生徒たちは最初、びっくりしているようでした。そしてわれわれが手紙を配布し、封を切り読みだすにつれて涙ぐむ生徒達の多いこと!自分たちが愛されているという実感を得たのでしょうか。その後、手紙を書いてくれた保護者に返事を書く際にも真剣に一生懸命書いていました。もう一つ、今日は三年後の自分に向かって手紙を書きました。三年後の自分ってどんなになってるんやろ?といろいろ考えながら書いているようでした。3年後皆はどんな形で成長しているのでしょう。3年後に手紙を開封するのが本当に楽しみです。あと中学三年生を締めくくる行事として残っているのが修了式。美しく締めくくりましょう!

中学3年生進級者説明会   Sr.平良優美子

中学3年生は義務教育の修了に当たり着々と準備を進めています。
今日の午前中にGTECを受け、午後からは高校進級者説明会がありました。
中学を修了して高校生活がスタートします。今までは義務教育で色々な面で守られていましたが、これからは自分の責任で希望する進路に向かって歩まなければいけません。その道は平坦ではなく険しく厳しいものだと思いますが『インマヌエル』(神は私たちと共におられる)(マタイ1:23)とあるようにイエス様が共におられるのだから、心配はいりません。仲間と家族とイエス様と共にどんなに苦しくても逃げるのではなく、しっかりと歩んでください。私たち教員ももちろん共に歩んで行きます。
今日のミサのみ言葉の中に申命記26:16~19の『あなたは心を尽くし、魂を尽くして、それを忠実に守りなさい』と、神様と誓約した箇所がありました。このみ言葉は中3生にピッタリだと思います。心を尽くし、魂を尽くして、それを忠実に守ることによって神様もあなたの希望を約束するとあります。受け身で行動するのではなく心と魂を尽くして積極的に取り組んで夢を勝ち取ってください。

中学一年生ダンス:石川裕子

午前中体育館でダンスの授業を行いました。

今日の目的は、
①自分のリズム感を知ること
②沢山のリズムを体感すること
③クラスの垣根を超え沢山の子達とコミュニケーションを取ること
でした。

基本的にクラス単位でしか動かないし、まだクラス替えを経験していない中学一年生なんで、正直不安はありましたが………
時間を経つごとに、笑顔も増え、お互いしっかりとコミュニケーションを取り、最後は作品を完成させるところまで辿り付きました。

この学校でダンスを担当させてもらって7年経ちますが、「ダンス」のパワーには驚かされます。
というのも、どのクラスも、どの子も初めは全く動き出してくれません。
リズムに合わせて?音楽のイメージで?
と言っても、そう簡単に振りは生まれませんし、年頃の女の子達なので、恥ずかしがって表現してくれません。

毎年クラス単位でしか創作をしませんが、今年は初の試みで、全クラス合同で行ったので、「初めまして」の子達と創作をしなければいけませんでした。
どんな子なのかもわからない状態で、お互いコミュニケーションを取りながら、徐々に打ち解け合い、どんどん笑顔に変わって行く姿を見て、少し感動しました。

ダンスは人を笑顔にさせてくれるんです!

私自身もまだ競技者としてダンスを続けています。
どんなにしんどい時でも、踊ることで気持ちが晴れ、笑顔になれます。
だから辞められないんだな~と改めて感じさせられました。

短い時間での創作にも関わらず、彼女達なりに一生懸命頑張って作り上げた作品を、ここでアップしたいのは山々ですが…
個人情報の関係もあるので、私のiPadに納めておきます。笑

中学一年生のみんな!
4時間よく頑張りました!!