高校2年生がSGHオンライン発表会をおこないました

本日高校2年生がSGH「女性の社会進出に関わる諸問題の研究」オンライン発表会をおこないました。昨年の8月に高校2年生の3名の生徒が東京フィールドワークに参加し、そのときに勉強したことを研究活動のなかに取り込んで、12月の最終発表会で披露したのですが、今回のオンライン発表会はその内容を、フィールドワークの受け入れをしてくださった株式会社キャリア・マム様、カルビー株式会社様、株式会社ブリヂストン様、オイシックス・ラ・大地株式会社様に視聴していただくというもので、その他本校の教育活動にご尽力をいただいている皆様にもご参加いただきました。

練習時間も十分とれず、Web上の会議アプリに接続するのも時間がかかってしまったのですが、なんとか無事におこなうことができました。

7つの班が発表を行ったのですが、例えば同じ「待機児童問題」を扱うにしても「学生ベビーシッター」「高齢者による保育支援」「こども園を増やす」などさまざまなアプローチの提案があり、七種七様の発表内容になっていました。

ご参加いただいた皆様からも「高校生の段階でこれだけのことを考えられるのはすばらしい」というご講評をいただくとともに「女性だけが頑張りすぎない世の中に」「お母さんだけの問題にしないことが大切」というご意見もいただきました。

今の世の中の流れは「女性にも働き続けてほしい。ただそれに伴う問題は女性自身で解決してください」となっています。昨今話題になっている「子連れ出勤」はその最たる例だと思います。もちろん女性も頑張らなければいけませんが、それでは共生社会ではなくなってしまいます。男性にも考え方や意識を変えてもらわないと、本当の男女平等社会を作ることができません。

今回実際に子育てと仕事を両立している方々からご意見をいただくことができたからこそ、気付くことができた視点だと思います。

現高校2年生の「女性の社会進出に関わる諸問題の研究」は一旦これで終わりますが、今回学んだことを次の高校2年生に引き継いで、さらに研究活動を充実させてほしいと思います。

お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

第6回高校生「国際問題を考える日」に参加しました。

2月11日(月)神戸ファッションマートにおいて、兵庫県教育委員会、大阪大学、WHO神戸センターの主催で行われた高校生「国際問題を考える日」に参加してきました。


午前中は基調講演として大阪大学の副学長栗本英世先生による「MDGsからSDGsへ『だれひとり取り残さない』持続的開発のための世界的取り組みの目的と課題」と「SDGsの実現に向けて」というテーマで兵庫県の代表高校生によるパネルディスカッション。
午後は全部で100以上ものポスターが貼られた中でのポスターセッションと盛りだくさんの内容でした。

特に栗本先生の基調講演では、2015年9月に国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」として記載された2016年から2030年までの国際目標で、持続可能な世界を実現するために17のゴールと169のターゲットから構成された、途上国だけでなく先進国自身も取り組む普遍的なものである「SDGs」は一見するとすばらしい取り組みであると盲目的に信じてしまいがちだが、「地球上のだれひとりとして取り残さない」という言葉も違う角度から見ることで「SDGs」の課題が見えるという非常に貴重なお話でした。テーマは「SDGs」でしたが、物事を多面的に見ることの大切さを改めて教えていただいたように思います。

12名の生徒を引率しましたが、うち2名が基調講演の内容に対して質問を、昼食時間には全員が他校の生徒と積極的に交流し、自分たちの発表を見に来てほしいと交渉するなど、非常に貪欲に活動する姿が見られました。おかげに2回のポスターセッションも盛況。発表の様子にはまだまだ向上の余地はありましたが、よい学びとなったと思います。

GAC(Global Activity Club)全国高校生マイプロジェクトアワード2018関西大会報告

2月10日(日)GAC(グローバルアクティビティークラブ)がカタリバ主催「全国高校生マイプロジェクトアワード2018」関西大会に参加してきました。年々規模も大きくなり、今回は50プロジェクト以上のチームが参加、今や高校生の身近な所に探究学習があることが強く感じられました。

 さて、関西大会では、学校部門で参加したチームを6チームごとに9つのブロックに分けてプレゼンするのが1次予選。その中で、1位になると2次予選に進出できます。2次予選は1次予選を通過した9チームを3つに分け、その中で1位となれば全国大会!関西大会から学校部門で全国大会に行けるのはたったの3チーム。なかなか険しい道のりです。
信愛GACチームは、Bブロックの1番最初の発表。前日の最終練習ではまだまだ物足りなさが感じられたのですが、本番では最高の出来といえる発表を見せました。昨年のアワードで、審査員の方からいただいた「あなたたちは、先輩のプロジェクトを受け継いだだけで『My』プロジェクトじゃない」というご指摘を踏まえ、常に自分たちの活動に自問自答しながら進めてきた日々がよく伝わるプレゼンを本番で行うことができました。

 残念ながら、1次予選を通過することはできませんでしたが、今年度は審査員の方から「『探究』という点においては、このブロックの中において1番深かった」というフィードバックをいただき、生徒たちは非常にうれしそうでした。それと同時に「私たちに今回足りなかったのは自分たちの活動に対する熱量」と同じブロックから2次予選に進出したチームと自分たちの差をしっかり次の課題として認識していました。「探究」のサイクルがしっかりと回っています。なお、GACメンバーにも熱量は当然ありましたが、それをしっかり表面に出すという点には差があったかもしれません。



 なお、マイプロのすばらしい所は競い合うことがメインではなく、同じようにマイプロを持ち、それに向かってひたむきに活動してきた他校の生徒と交流ができるところ。信愛生は、本気で活動する人と関わる時グッと成長します。今年度も少し離れた所から見ていても生徒たちが刺激を受けているのがよく分かりました。「今後のために…」と高1生2名も観戦者として同行していましたが、最後は自分たちから発表者のグループに混ざり込み、学びを共有してもらっていました。もっと多くの生徒にこの学びを届けたかったのですが、会場は人でいっぱい。マイプロの認知度は年々高くなっていますが、学内で得がたい学びに出会うため、今後ともチャレンジしていきたいと思っています。

高校1年生「探究発展Ⅰ」の講演会を実施しました

報告が遅くなりましたが、2月6日(水)に高校1年生が「探究発展Ⅰ~女性の社会進出に関わる諸問題の研究~」の授業の一環として、一般社団法人「女性と地域活性推進機構」代表理事堀内智子様をお招きし、お話をうかがいました。堀内様には、本学SGHアソシエイトプログラムのかなり初期の段階からお世話になっております。

 本日のお話は、生徒たちがこれから歩んでいく道のりについて堀内様の人生を例としてお話くださりながら、「女性の生き方は様々なライフイベントによって左右されること」、「キャリアプランニングにおいては想定もしない事象がある」ということをうかがいました。
 それと同時に、これからの変化のスピードがますます速くなる社会を、どのように生きていくべきかというアドバイスをいただきました。「自ら行動できる人」という目標を掲げ、60歳を越えた今もなお精力的に活動なさっている堀内様の言葉には生徒たちも大きな刺激を受けたようです。
 「探究発展Ⅰ」の本格開始は高校2年生になってからですが、この単元は、自ら課題設定するという部分で高校1年生の「探究基礎」よりも難易度をあげています。生徒たちが堀内様のお話の特にどのような部分に刺激を受け、どのように課題を設定してくるのかとても楽しみです。
 次回は3月14日(木)に別の方からもお話をうかがうことになっています。

カンボジア合同研修会に参加しました

報告が遅くなりましたが、1月5日(土)~6日(日)にかけて、「平成30年度SGH等カンボジア合同研修会」に参加しました。
今年は西大和学園高校さんと本校が共催で、カンボジア研修をおこなっている8校が奈良ユースホステルに集まり、1泊2日のプログラムでおこないました。
1日目のアイスブレイクは本校の2名の生徒が司会となり、自分たちで作ったオリジナルの「脱出ゲーム」をおこないました。

12月29日にカンボジアから帰国し、30日から1月3日までは学校が閉まっていたため、全員が集まることができたのが1月4日でした。たった1日で完成させた脱出ゲームでしたが、なかなか盛り上がり、アイスブレイクとしては成功だったと思います。司会の2人も、全体を盛り上げつつ、スムーズに進行ができていました。

その後は本校のカンボジア研修のプレゼンを行いました。これもたった1日でパワーポイントと原稿を作成したため、十分な準備をすることができませんでしたが、なんとか無事に発表を終えることができました。本校がトップバッターだったのですが、その後の他校さんのプレゼンを見ていると、本校にしかない研修先も多くあり、「あれも言えばよかった」「あの写真も使えばよかった」と少し後悔は残りました。

プレゼン後は班での活動がメインになります。他校の生徒さんたちと班を組み、それぞれがカンボジアで感じたこと・学んだことを共有し、考えを深めていく活動が続きました。本校の生徒たちも活発に意見を出したり、班の意見をまとめたり、積極的に行動している場面が多くみられました。


夜には、奈良教育大学の中澤静男先生がおこしくださり、「持続可能な社会の創り手となるために」というテーマで講演をしていただきました。

その後、中澤先生によるワークショップでさらに班で考えを深めていきました。最初は「カンボジアにおいて大切なもの・残していくべきもの」について考えていましたが、最後に「これらは日本にとっても大切なことではないか」と中澤先生が問いかけられて、生徒たちは目からうろこの表情をしていました。
全体の活動は21時頃には終了しましたが、2日目の活動のために800字の作文が宿題として課され、鉄を熱いうちに打った生徒もいれば、朝早く起きて取り組んでいる生徒もいました。

2日目の朝も本校のアイスブレイクではじまりました。マシュマロタワーというゲームで、やったことのある生徒さんもちらほらいたようですが、信愛オリジナルルールが加わり、各班悪戦苦闘していました。

このゲームは「頭が固いと成功しない」「柔軟な発想がないと成功しない」というものです。司会をした本校の生徒は、「課題探究においても固定観念を捨てて柔軟な発想が必要である」という共通点をみつけ、この研修会のアイスブレイクにふさわしいと考えた、とのことでした。

2日目は活動のまとめとして、カンボジアと日本の社会の発展のために今できることを「宣言文」にしました。

カンボジア現地での学びももちろん大きいですが、帰国後このようなかたちでフィードバックできたことはさらに大きな学びとなりました。
とくに本校はカンボジア研修とこの合同研修の期間が1週間しかなかったため、記憶は鮮明で、生徒たちには話したいことや伝えたい思いがたくさんあったと思います。
また、他校の生徒さんの活発な様子に負けじと意見を出している本校の生徒たちの様子をみて、一人一人が成長していることを感じることができました。全員の前で発表する様子を見ていても、落ち着いて自分の言葉で堂々と伝えられていました。この研修会に参加するのは3年目ですが、年を追うごとに生徒の発表が上達しています。もちろん参加している生徒は毎年別の生徒なので、同じ生徒が3年間の経験を積んで上達しているわけではありません。これは本校のSGH活動が定着し、生徒の身近に探究活動や発表するという活動が当たり前に存在していることの現れであると感じることができました。

帰りの電車の中では「全然足りない。3泊ぐらいして、もっと活動したかった。」と言っている生徒もいました。その思いはまた、GACでの活動に繋げていってほしいと思います。

西大和学園高校さんをはじめ、お世話になった各校の皆様、本当にありがとうございました。

カンボジア研修 速報

ただいま関西国際空港に無事に着陸いたしました。

手続き等がありますので、もう少し時間はかかりますが、保護者の方がいらっしゃるまで一緒に待機しておりますので、ゆっくりとお越しください。

一部体調不良者が出ましたが、直接ご家庭に連絡がない場合、生徒たちは元気にしております(なお、体調不良者もかなり回復しております)

よろしくお願いいたします。

追記
本来は7時関西空港到着でしたが、少し遅れております。カンボジアとの時差を戻していないため失礼いたしました。

カンボジア研修 最終日報告

カンボジア研修も最終日を迎えています。
疲れも溜まっているかとは思いますが、いよいよ世界遺産のアンコールワットとアンコールトムを見学します。

しかし、中国人を筆頭に観光客はたくさん。



さて、日本は寒いみたいですが、現地時間の10時を過ぎるとかなり暑くなってきました。こちらの予想最高気温は30度とのこと。
水分をしっかり取るように言いながら続いてアンコールトムを見学します。
クメールの微笑みの所でもしっかり写真を撮りました。



その後旅行会社様のご好意でチェックアウトを伸ばしていただき、ホテルでシャワー。
すっきりして、ウエスタン料理の昼食をいただきました。クメール料理やクメール料理の香りが奥底に漂う中華が多かったので、少しハプニングはあったものの、生徒たちも大喜びでした。

午後はアンコール国立博物館と少し時間が余ったのでショッピング。
3日間お世話になったガイドさんともお別れして、いよいよこの旅も最後です。

長かった気もしますが、振り返ればあっという間ですね。

では、夜のフライトで明日の朝帰国します。
もし、Delay 等あれば、夜中のホーチミンで更新します。
また、関空に着いた所で更新できればとも考えております。

カンボジア研修4日目の報告

おはようございます。

研修最終日の朝を迎えました。
みんな元気にしています。

さて、5日目の報告です。
昨日報告した通りカンボジアのゴミ山で生活する人に定期的な収入をと考え、バナナペーパー工房を立ち上げ、情熱大陸にも取り上げられた山勢さんとともにゴミ山の見学を行った後、山勢さんのバナナペーパー工房を見学しました。バナナペーパーの作り方なども教えていただきましたが、やはり心に残ったのは山勢さんの活動にかける思いでした。


「まず、飛び込み、そこで失敗があっても修正していけばいい。完全を求めて何かをしようとしていたら何もできない」と自らの物を届ける支援によって、カンボジアの人たちが支援に頼りきるようになってしまったという苦い経験を基に話してくださった言葉は生徒たちに響いていたようです。

午後はシェムリアップの周辺にあるスラム街を訪問しました。スラムの子供たちに日本語を教えたりしている宮内さんから最初にレクチャーを受けた後、直接スラムの中へ。事前のイメージではもっと危険なのかと思っていましたが、住んでいる人は結構フレンドリーだし、家の中にはテレビなどの電化製品も。道ばたの人の中にはiPhoneを持っている人もいて、イメージとはかなり違いました。彼らはゴミを拾い売ることでかなりの収入を得ており、貧しいという訳ではないそうです。これも「スラム=貧しい」という我々の勝手な思い込みなのでしょう。ただし、仕事によって時間に縛られことが嫌なので、このような生活をしているそうです。なお、実はこれらの家は道路を不法占拠して建てたもの。シェムリアップも都市として拡大しており、スラムの土地も売れているそうです。いざ建築となるとこれらの家は不法占拠して建てているものですから壊されてしまうそうで、都市の拡大とともにスラムもまた少しずつ移動しているとのことでした。


その次は、日本でも有名なカンボジア版金太郎飴の販売を行うCandy Angkorへ向かい、このお店を経営する西さんのお話を伺いました。西さんはお店の経営の傍らチャイルドカードというものを作り、都市から離れた村の子供たちがそんなに重くない病気にかかっても治療を受けることができなくて亡くなってしまう現状を変えたいと金銭的な負担も含めて医療支援を行う活動です。
西さんはカンボジアが大好きで、行き来している間は金銭や物品としての支援しかできないと考え、現地に住んでこそできる活動をしたいと思い、現在に至ったそうです。
しかし、自分はカンボジアの人からみたら外人で活動させてもらっていると語る西さんにそのお人柄がよく表れているなぁと感じました。
最後に西さんから生徒たちに将来についての質問があったのですが、やはりこの旅で色々と感じたことがあったのか、感極まる生徒も。
色々な気付きや学びを提供できたのかなぁとこちらまで感極まってしまいました笑


この後は、カンボジアの民族舞踊を観賞しながらの夕食、ナイトマーケットでショッピング。

帰りはホテルまでトゥクトゥクに乗りたいと言い出し、私も初のトゥクトゥク体験。
生徒たちはカンボジア最後の夜を満喫しすぎです。

カンボジア研修4日目報告

研修の報告が遅くなりすみません。
現在5日目の夜です。5日目も本当に盛りだくさんな内容でしたが、まずは4日目の報告から。

3日目と同じ食堂で朝食をいただいた後は、さっそくチョンカチアン村に出発です。

チョンカチアン村では、まずHIVにかかっている方とその家族が生活していたり、地雷被害や枯れ葉剤の影響で障害を抱えた方々のケアをしたりする「平和の村」を訪問しました。以前に訪問した時と比べるとカンボジアシルクの織物や、バナナチップス、ココナッツオイルなどを作ることで施設の運営費をまかなうシステムが構築されつつあり、カンボジアの田舎でもそのようなシステムが作られていることに正直驚きました。



その後は聖フランシスコ中学高等学校を訪問し、10名の生徒さんとディスカッション。
3日目の経験があったからか、比較的スムーズなやり取りができていました。




ディスカッションの最後にはともに永続可能な社会を作ろうという思いを込めて信愛生から英語でプレゼンテーションを行いました。

専門的な用語が入ったためかもう一つ内容が伝わりませんでしたが、現地の先生とも少しお話をして、次年度の研修では、現地に行く前から生徒同士でコミュニケーションをとってみるというチャレンジを行うことになりました。

その後は、学校の食堂で一緒にお昼をいただきましたが、やはり仲良くなってきた頃にお別れなのが残念なところです。


そのあとは一路プノンペンへ。
ここで、シスターともお別れ。
また、空港では、カンボジア研修で毎年お世話になっているガイドのソタさんともお別れです。

では、一路アンコールワットのあるシェムリアップへと向かいます。

カンボジア研修速報!

おはようございます。
カンボジア研修も後半、5日目を迎えました。
生徒たちは元気にしております。

4日目の報告はまだまとめ中ですので、しばしお待ちを。

ただし、現在はカンボジア研修初となるゴミ山見学の直後ですので、その衝撃をお伝えします。




とにかく写真と現実は違います。
訪れるからこそ分かる真実。
日本で検索して見た画像からでは分からない難しくも厳しい現実が見えました。
社会活動家の山勢さんや、カンボジアの環境省の方にヒアリングを行うことができ、生徒たちは幸せな学びを。
でも、簡単に答えの見つからない課題が世界にはあるということもまざまざと見せつけられたように思います。