高校1年生がポスターセッションを行いました

10月24日(水)の午後、高校1年生が地域の課題にチャレンジする「探究基礎」の中間発表に当たるポスターセッションを行いました。

5月のパネルディスカッションからクラスを越えて班を構成し、それぞれの連携先の先生方から出された課題に対して解決策を考えてきました。

文部科学省からSGHアソシエイトの指定を受けて早くも今年で4年目。
学校の中にSGH活動が存在するというのは当たり前になりました。

しかし、例年このポスターセッションの段階では、探究学習そのものがまだまだ生徒たちの中に浸透していないため、課題の切り口にキラリと光るものがありながらも、単なる調べ学習の発表であったり、解決策が提示されていても抽象的だったり、あれ?どこかで耳にしたことがあるぞというものも…
さらに、発表も声が小さく、何を言っているのか全く分からないという班もちらほら。

さて、ここからは、12月の最終発表会に向けて、連携先の先生方からのアドバイスや発表を聞いた人たちからのアドバイスシートを参考にしながらブラッシュアップおよびパワーポイントの作成に入っていきます。
ちなみに、信愛の生徒は、一回ヘコまされてからの伸びがすごいんです。
最終発表会では、ここまで飛躍したか!という発表が多数出てくるはずです。

なお、今年度の高校1年生からSGH各種発表会を公開形式にしました。
まだまだ告知の方法を模索中で、今回ポスターセッションに来場いただいた方は20名ちょっと(来場いただいた皆様、本当にありがとうございます!)。
しかし、友達や先生以外の方に自分たちの発表を聞いていただけるというのは、緊張感も伴う貴重な経験だと思います。
今後は我々運営側が地域の方々にもっと上手く告知し、地域の方にも本学の生徒を育てていただけるような仕組みへと進化させていきたいと思っています。

高校2年生ポスターセッションをおこないました

本日(10月17日)、高校2年生がSGHプログラム「女性の社会進出に関わる諸問題の研究」のポスターセッションをおこないました。
来賓として一般社団法人女性と地域活性推進機構の堀内様、牛窪様、国際ソロプチミスト和歌山紀ノ川の皆様におこしいただきました。

各クラス別々に活動をしているので、お互いの研究内容は知らないはずなのですが、なぜかその年によって流行りのように重なる内容があり、今年に関しては「アプリの開発」「動画(CM)作成」「ベビーシッターの活用」が多かったように思います。夏に講演に来てくださった山本房代さんが、フィンランドではベビーシッターを雇うのが当たり前、という話をしてくださったので、ベビーシッターの活用にふれている班が多いのはそのせいかもしれませんが、アプリの開発や動画作成についてふれている班が多いのはなぜでしょうか?今の高校生はもうスマホネイティブと呼ばれる世代になってきているのでしょうか。

最終発表会はパワーポイントでおこないます。パソコンを使えるので、動画作成を考えている班は実際に動画を作成してみてはどうでしょうか?また、アプリの開発を考えている班もアニメーションを駆使してアプリのサンプルイメージを作ってみてはどうでしょうか?まだ時間はあるので、今日の講評シートのアドバイスを参考に各班ブラッシュアップしていきましょう。

高校1年生「探究基礎」ポスターセッションを公開形式にいたします

これまで、本学のSGHアソシエイトプログラムにおける成果発表は学内および連携先の方にしか見ていただくことができませんでしたが、
「もっと多くの方々に、本学の生徒のいきいきした姿を見ていただきたい」
「生徒たちの探究活動をより深めていくために、もっと多くの方々からご指導やアドバイスをいただきたい」
と考え、今年度の高校1年生の探究学習の中間発表に当たるポスターセッションから公開形式にすることにいたしました。

このページをご覧いただいた本学の探究課題である地域の抱える課題の解決に向けて活動なさっている方々や行政に携わる方、大学の先生やこの分野の有識者の方々、また本学の教育に関心を持ってくださっている方や他校の先生方なども、ぜひこの機会に本学生徒の学びを見ていただけましたら幸いです。

なお、参加いただくためには、事前に申し込みをしていただく必要がございます。

下記のアドレスにアクセスいただくか、
https://goo.gl/forms/m0gfFbnaqrwFqYi92

下記のQRコードを読み込んでいただき、参加申し込みを行ってください。

 

 

 

※申し込みはポスターセッションの前日、10/23(火)17時までとさせていただきます。

なお、本学は女子校ということもあり、安全上の問題から、他校の中高生の方や明らかに虚偽の情報で申し込みをなさった方には、当日参加をお断りする場合がありますことをご了承ください。

体育祭でのカンボジア募金へのご協力ありがとうございました!

昨日の体育祭のお昼休みを利用して、今年度のカンボジア研修に参加するメンバーが、本学修道会が現地で運営する幼稚園や小学校を支援するために募金活動を行いました。

体育館出入り口や保護者席で20分程度募金活動をさせていただきましたが、本日集計したところ、何と「57,159円」の募金が集まりました。
ご協力いただきました保護者の皆様、本当にありがとうございます!

カンボジア研修も今年度で4回目となります。これまでの募金は幼稚園の遊具や昨年10月に開学した小学校の机やイスとしてカンボジアの子どもたちの学校生活を支えています。今年度の募金も間違いなく現地のシスターに届けさせていただきます。

さて、今年度はこれまでで最多の9名の生徒がカンボジア研修に参加しますが、今年度選考をクリアした生徒は、例年と比較すると少し大人しいタイプの生徒が多い印象を受けています。しかし、応募作文には、「大変な国があるんだなと思って、ただ見ているだけの人になりたくない」「カンボジアの子どもたちに自分の世界が広がった!という『ワクワク』を届けられる真の国際貢献ができる人になりたい」といった熱い思いを綴っていた生徒たち。ただ、心でそう思っていたとしても、その気持ちを実際の行動に繋げるのはなかなか難しい。それもまた現実だと思います。

募金を呼びかける声もこれまでより少し小さく感じられましたが、保護者の皆様方の温かい心遣いに触れ、自分の殻を破る一つのきっかけを手にすることができたと思います。実際にカンボジアを訪問した際に、少しでも多くのことを感じたり、学んだりすると同時に、少しでも積極的に行動することができるようになるため事前活動をさらに充実したものにしたいと思っています。

高校1年生ポスターセッションに向けて

本日10/5(金)は中間テスト最終日です。
本来なら「試験が終わった~」と行きたいところでしょうが、高校1年生は午後から10/24(水)のポスターセッションに向けて準備活動を行いました。

これまでの3年は全て手書きのポスターだったのですが、今年度からはA0で出力できるプリンターを利用してwordでの作成もOKとしたため、一部の班がチャレンジしています。

また同時に、今年度からは英語での発表にもチャレンジしてみてほしいという話をしていたのですが、やはり生徒たちにとって精神的な面でハードルが高いのか、これまでチャレンジしている様子が見られなかったのですが…

いた!!!

どうやらポスターセッションを英語で行おうという班もあるようです!
ぜひ、他の生徒たちに刺激を与えまくってください!

なお、今年度は、ポスターセッションを公開形式にしたいと現在準備中です。
まもなく応募フォームも完成するかと思いますので、信愛生のチャレンジや頑張りを多くの方に見ていただけたらと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

こどもピースフェスタ2018に参加

9月2日(日)和歌山市のビッグ愛にて、子ども一人ひとりが大切にされ、それぞれが夢や目標に向かって歩いてほしいという願いを込めた方々が主催する「こどもピースフェスタ2018」が行われ、本学「Global Activity Club」もカンボジアの子どもたちの教育支援活動を行っているということもあり、参加させていただきました。

会場を訪れた子どもたちにカンボジアの子どもたちに届けるポストカードを作ってもらったり、教育支援金を集めるためにカンボジアから輸入した物品を販売したりと非常に充実した時間を過ごさせていただきました。


なお、この日の生徒たちの様子を見ていて感心したことが2つ。

1つは上記の写真のように会場を訪れた子どもたちにポストカードを作ってもらったのですが、色んなタイプの子どもたちがいながらも上手にコミュニケーションをとって満足感を届けていたこと。子どもたちの本当に楽しそうな表情が印象的でした。

もう1つは、終わった後の片付け。自分たちのブースを片付けて帰っていく団体がほとんどな中、自分たちの荷物を片付けると自然に会場全体および片付けに手間取っている団体さんのお手伝いを自然に行えるのが信愛生。引率している者としてとても誇らしい気持ちになりました。

東京フィールドワークが無事に終わりました

東京フィールドワークの期間に関東地方を台風が直撃し、一時は帰りの新幹線が止まるかもしれないという心配もしましたが、ふたをあけてみれば東京はさほど影響がなく、新幹線も予定通りの運行で、無事に帰途につくことができました。

まず、1人目の生徒ですが、彼女は「株式会社ブリヂストン」を訪問し、会社見学をさせていただいたあと、女性技術者との懇談会に参加しました。

その翌日に全国的にも有名なブリヂストンの事業所内保育園を見学する予定でしたが、台風の影響でそれが中止になり、急遽同じ日の夕方に事業所内保育園を見学させていただきました。

2人目の生徒は「株式会社カルビー」を訪問しました。1日目は担当者の方から、カルビーにおける育児中の女性の働き方について説明をうけ、2日目は社員さんのご家族向けイベントのお手伝いと会社見学をさせていただきました。

3人目の生徒は「株式会社オイシックス・ラ・大地」を訪問しました。1日目は会社見学をさせていただき、2日目の午前中はオイシックスで働く育児中の女性4名からそれぞれの働き方についてお話をうかがい、午後はプレス向けの新商品発表会のお手伝いをさせていただきました。

3名がそれぞれにどのようなお話を聞かせていただき、どのようなことを勉強してきたのかは2学期の成果報告会で発表するのでここには載せていませんが、普段は接することのない大企業の社員さんと直接お話させていただけたことは本当に大きな収穫になったと思います。
またそのような企業の方々はみなさん本当に親切で、突然のお願いだったにもかかわらず、お忙しい時間をさいて、様々なことが体験できるように段取りを組んでくださっていました。本当に感謝でいっぱいです。

お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

東京フィールドワーク1日目

高校2年生の生徒3名が8/6〜8/9の東京フィールドワークに参加しています。今年も東京フィールドワーク参加希望者はとても多く、皆それぞれに「なぜその企業でインターンシップをおこないたいか」をしっかり考えてくれていたのですが、企業の方も大変忙しい時期であり、生徒を受け入れてくださる企業はなかなかありませんでした。
しかしそんな中、大手の3社が受け入れてくださることになり、3名の生徒が東京フィールドワーク参加を実現させました。

初日の8/6は3名揃って、東京の多摩市にある「キャリアマム」という会社をおとずれました。キャリアマム様は、本校の東京フィールドワークが始まった初年度からお世話になっている会社で、約9割が女性で構成されているキャリアマムの会員さんに対して、どのような立場にいる人にでも「社会との繋がり」や「自己表現の場」を持てるような働き方の提案などをおこなわれており、その他多岐にわたる事業を展開されています。

今回私たちはキャリアマムの堤様と井筒様から会社の紹介や理念などのお話を聞かせていただきました。


その後、今年の4月に完成したという保育所付きのコワーキングスペースも見学させていただきました。

生徒たちの様子を見ていると、お話を聞いている最中にメモを取るタイミングが皆同じなので、どんなことが心に響いているのかが私にはよくわかりましたが、その内容はおそらく2学期の成果報告会で彼女たちが発表してくれると思うのでここではあえてふれないでおきます。

8/7からは一人一人がそれぞれオファーした企業を訪れてインターンシップに励みます。台風が関東に接近しており天気の心配もありますが、今のところは無事に行程を進めていけそうです。

高校3年生 SGHプログラム 「10年後の私」最終発表会

 高校3年生は、8月4日(土)の午後から、SGH活動として1学期の間取り組んできた「10年後の自分を考える」についての最終発表会をおこないました。7月の下旬に各クラスで一人ひとりが、「10年後の自分」について現状の社会情勢を踏まえながらスピーチをしました。その上で、各クラスの代表者23名がそれぞれの個性を活かしながら発表をしてくれました。

 医療の道を目指す人や海外で働きたい人から、心理学の研究、お菓子改革!をしたい人まで、本当に2つとして同じ「私」はいなくて、改めて「個」の多様性、すばらしさを感じることができました。また、SGH活動を始めた2年前と比べて、プレゼンテーション力が大きく伸びていることにも驚かされました。

これから受験勉強が本格的に進んでいきますが、将来の自分に少しでも近づけるように日々頑張ってもらいたいと思います。

高校2年生の東京フィールドワークがスタートしました

高校2年生の【探究発展Ⅰ】「女性の社会進出に関わる諸問題の解決」におけるフィールドワークが本日からスタートしました。自分たちの設定した課題の解決策を考えるための一環として、女性の社会進出に関わる問題に対して先進的な取り組みを行っている企業や団体に自分たちでアプローチし、2日間のインターンシップを受け入れていただき、その中で調査活動を行うというものです。なかなか高校生を受け入れるというのは企業側にとってハードルが高い部分もあり、生徒たちは毎年苦戦しているのですが、昨年度の2名に続き、今年度は3名の生徒が企業様から受け入れの許可を獲得しました。

本日の朝和歌山を出発しましたが、インターンシップは明日からなのにも関わらず、生徒たちは少し緊張した面持ち。しかし、自分で道を切り拓いたからこその今回の体験に繋がった訳です。それを自信として充実した体験に繋げてくれることを期待しています。
いってらっしゃい!!