和歌山市役所広報課より「18歳選挙権」についての取材を受けました。

5月28日(土)の放課後、和歌山市役所の広報課の方が来校し、7月10日に予定されている国政選挙で公職選挙法一部改正により初めて選挙権を得る高校3年生を対象に、選挙に対する現状の意識を知りたいということで取材を受けました。
IMG_0030
これは一昨年、当時高校1年生だった彼女たちが和歌山市役所とコラボレーションして行った「まちなか再生計画with信愛生」を受けて、和歌山市の高校3年生の中でも比較的社会課題に問題意識、当事者意識を持っているのではないかということから依頼を受けたものです。

7月10日までに誕生日を迎え、選挙権を得る5名を選び、座談会形式でインタビューが行われました。
実はSGHプログラムの中には、シチズンシップ教育も含まれており、昨年度の最後には、選挙に関する講演も実施していたため、生徒たちは自分たちの意見を積極的に発言することができたようです。本学のSGHプログラムでは、「主体的にかつ他者と協働しながら課題に取り組み、常に最善の解を求めることのできる人材の育成」を目指しています。
「試験期間中に定期テストがあったら投票に行かないかも(笑)」(※ちなみに7月10日の段階では期末テストは終わっていますよ)という声もチラリと聞こえましたが、「自分の一票では何も変わらない」ではなく、「一市民としての責任を果たし、自分たちの意見を届ける」という考えのもとで発言してくれたと思っています。
IMG_0034
なお、このインタビューは「市報わかやま 7月号」に掲載されるとのことです。和歌山市内の全世帯に届けられると思いますので、どうぞご期待下さい。

高校1年生SGHアソシエイトプログラム「探究基礎」パネルディスカッションを実施しました

中間テストも終わり、高校1年生もようやく学校に慣れてきました。
そこで、いよいよ今年度のSGHアソシエイトプログラム「探究基礎」がスタートしました。
このプログラムでは生徒たちが社会課題に関心を持つ糸口として、地域課題にチャレンジすることになっています。

今年度も「地域医療」「地域経済」「地域防災」「産業課題」という4つのテーマを設定し、
連携先の方に来校していただき、まずはパネルディスカッションを行い、最後に課題を提示するという流れで実施しました。

resize029

今年度は、
「地域医療」は和歌山県内における医師の偏在問題の解消について
「地域経済」は和歌山中心市街地を舞台にエリアマネジメントの考え方を用いながら、地域経済を活性させる方法と組織作りについて
「地域防災」は災害発生時に、学校を避難所にするという仮定の上で、様々な立場の人のことを考えた避難所の運営の仕方について
「産業課題」は若い世代に向けての梅振興策について 新商品の開発や世界農業遺産の価値の有効利用などを意識して
という内容で、これから課題解決型学習がスタートします。

昨年も担当していただいたパネリストの方々からは、昨年度の1年生は、なかなか面白いアイディアが多かったとお褒めをいただきました。
さて、今年度の高校1年生はどうなるでしょうか?

なお、司会進行をしながら生徒の様子を観察していましたが、今年度の高校1年生からもなかなか積極的な空気が感じられました。

resize141

社会課題に対して、誰かがやってくれるではなく、自分たちが…と考える主体性と、他者と協働しながら解決しようというコミュニケーション能力の育成を意識しつつ、常に最善の解を模索するマインドを有した人材へ育っていってほしいと思っております。

このような学習を取り入れて、今年で4年目になりますが、年度を重ねるごとに、このような学習を楽しむ雰囲気が生まれてきているのを感じます。
今後の展開をお楽しみに。

信愛フェスタありがとうございました

先週の土日、小学生を対象とした本学のオープンスクールである「信愛フェスタ」が行われました。

SGHアソシエイトから生まれた新しいクラブ「Global Activity Club(略してGAC)」もクラブ体験に参加しました。
今年度もクリスマス前後に予定されているカンボジア海外研修旅行の際に、現地で奉仕活動や教育支援活動に従事するシスターが関わっている子どもたちにクリスマスカードを届けようというのが今年度の企画。
他のクラブと比較するとやや地味かなと思った企画でしたが、思った以上の小学生が参加してくれて、盛況のうちに終了しました。
IMG_0005[1]

 

 

 

 

クラブ体験の教室の様子です。
IMG_0021[1]

 

小学生が作ってくれたカードです。かわいいですね。
真ん中の文字は、カンボジアで「メリークリスマス!」という意味を表しています。
IMG_0023[1]
IMG_0025[1]

 

 

 

 
この2つは飛び出すカードになっています。

 

 

 

 

 

 

クラブ体験の短い時間の中で色々なクラブを回りたい小学生のために、事前にクリスマスを感じさせるイラストを切り抜いた状態で準備しておき、それをカードに貼り付けるという形でカードを短時間で作ることができるようにした生徒たちのアイディアはなかなか秀逸でした。

なお、メッセージカードを作ってくれた小学生には、カンボジアペッパーを再興させたクラタペッパーさんのカンボジアペッパー味のあられを取り寄せてプレゼントしました。これも、昨年末にお世話になった倉田さんの活動を多くの人に知ってほしいという生徒たちのアイディアです。

IMG_0018[1]
IMG_0019[1]

様々な体験が生徒たちの柔軟な発想をさらに広げるものになっているようで、非常に頼もしいです。

また、もう一つの活動は、カンボジアのシスターをサポートする募金活動。
今年度もかわいらしいファイルのプレゼントと引き換えに、総額25081円のご協力をいただきました。
本当にありがとうございました。
IMG_0012[1]

 

 

 

 

 

作ってもらったカードといただいた募金は、責任を持って現地に届け、年末の海外研修の記事で報告いたします。

わかば祭でのカンボジア小学校建築募金、ご協力ありがとうございます。

SGHアソシエイト教育プログラムから派生した「Global Activity Club」が活動を開始して、初のわかば祭。
まだまだ認知度も低く、展示や発表の方には、もう一つ人は集めることはできなかったものの、
Global Activity Clubの最大の目標であるカンボジアの子どもたちに
小学校の校舎を作ってあげたいというシスターの思いをサポートする募金活動は
かなりの成果を上げることができました。
IMG_0003[1]

 

 

 

 

 

本日1日だけで、生徒、保護者、卒業生の皆様の協力を得て、
何と、¥94,464の募金をいただきました。
ご協力ありがとうございます。

生徒たちが作成したアンコールワットが描かれたクリアファイルも好評でした。
無題

 

クリアファイルの裏面に書いているのは、
クメール語で「オークン」と読み、「ありがとう」の意味です。

 

 

きっとカンボジアで今日も子どもたちの教育支援を行っているシスターも喜んでくれることと思います。

次は信愛フェスタでもう一度募金活動を行います。
皆様またご協力の程よろしくお願いいたします。

また、信愛フェスタのクラブの時間では、
参加してくれた小学生の皆さんと一緒にカンボジアに届けるクリスマスカードを作りたいと思っています。
皆さんぜひご参加ください。
お礼としてカンボジアペッパーを使った珍しいあられをプレゼントします。

Global Activity Club としての初の活動、クラブ紹介に参加しました。

SGHアソシエイトから派生した「Global Activity Club」の初の活動として中高の新入生対象のクラブ紹介に初めて参加しました。
DSC02780

 

 

 

 

 

現状、カンボジア研修旅行に参加した高校3年生7名のみですので、
活動のすそ野を広げていくためには後輩の獲得が急務です。

不定期での活動にはなりますが、
まずは、わかば祭と信愛フェスタでの募金活動、
信愛フェスタでのクラブ体験から活動がスタートします。
新入生だけでなく、中学2年生、3年生、高校2年生でも興味のある人はぜひぜひ参加してみてください。

「みんなで伏虎中跡地を提案する市民の会」プラン発表会に参加しました。

昨年の10月に「みんなで伏虎中跡地を提案する市民の会」主催で開催されたワークショップに参加した本校の高校2・3年生の生徒4名が、4月23日(土)、そのプランをプレゼンする発表会に参加しました。

10月のワークショップでは、建築家やまちづくりのプロたちに囲まれて緊張しつつも、高校生の視点からさまざまな提案をさせていただきました。

本日発表されたのは2つのプランでしたが、どちらのプランもワークショップで出た提案をすべて網羅するような素晴らしいもので、本校の生徒たちはただ感動するばかりでした。しかし、発表後の質疑応答では有識者の方々から、プランをさらに良いものにするための批評が飛び出し、改めて「誰もが納得するもの」を作ることの難しさを痛感させられました。

DSC02734

 

 

 

 

 

最後に本校の生徒たちもコメントを求められましたが、「既存の再開発と同じ流れになってはいけない。和歌山らしさを。」「幼いころから地元に愛着を持てれば、若者は地元を離れない。そういうまちづくりを。」「どの年代の人も同じように楽しめるまちづくりを。」など、しっかりと意見を言っていました。

DSC02759

 

 

 

 

 

主催者の方は「何かをやりたいと思ったときにそれができるまちづくりにしたい」という思いがあり、そこから出発した企画であったとおっしゃっていました。和歌山の人口減少問題は看過できず、本校もSGH研究プログラムのなかで地域課題としてその解決法を考えていますが、これからの和歌山を背負っていく若者たちが将来に希望を持って生活をしていくことができるようなまちづくりとなることを願っています。

DSC02767

 

 

 

 

ニュース和歌山さんのインタビューもうけました。早ければ今週土曜日のニュース和歌山に掲載されるそうです。ぜひご覧ください。

Global Activity Club 正式承認 この春より活動を始めます。

SGHアソシエイト校としての活動をさらに重層的なものにするためにということで、以前からクラブを作りたいと考えていましたが、いよいよこの春から本格的に活動を開始することになりました。当初「SGHクラブ」でよいのでは?と思っていたのですが、運営委員会の先生方から名称がダサくて、生徒たちが入りたいと思わないという話もあり、少しオシャレに「Global Activity Club」(略してGAC)という名称で、学校から正式に承認を受け、まずは同好会レベルで活動を始めることになりました。

GACの活動は大きく二つの柱から成り立ちます。

一つは、「カンボジア、カンポットの地に小学校を作りたいと現地で孤軍奮闘しているSr.橋本先生を支援すること」、
そしてもう一つは、「昨年度の『若武者育成塾』や『梅-1グランプリ』、関西学院大での『SGH校課題発表会』などの外部プログラムに参加する生徒を支援すること」です。

まずは、わかば祭でのクラブ展示と募金活動から正式に活動がスタートします。
昨年末、海外研修としてカンボジアを訪問した者として、学びたいという気持ちを持ちながらも、それができない子どもたちの姿や、その環境を少しでも改善したいと奮闘するシスターの姿を見て、少しでも力になりたいと思うようになりました。
今年度も、カンボジアと信愛の繋がりを感じさせる特製のクリアファイルを作成し、募金活動を行いたいと思います。
姉妹校のある熊本への支援と同様、カンボジアで活動するシスターのためにもどうぞご支援をお願いいたします。

下の画像は、今年度作成したクリアファイルの一部です。
ファイル原稿

 

 

 

 

 

生徒がデザインして、とてもすてきなものに仕上がっています。
300円以上の募金でプレゼントさせていただきますので、どうぞ皆様ご協力お願いします。

全国高校生マイプロジェクトアワード2015 和歌山信愛チームが全国第3位に!!

少し報告が遅れましたが、先日ギリギリで全国予選を通過したはずの和歌山信愛チームが、何と!「全国高校生マイプロジェクトアワード2015」(3/25~27東京で開催)で全国第3位に入り、表彰されました!!

IMG_1502 IMG_1545

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前の記事を読んでいらっしゃらない方のために、「マイプロジェクトアワード」について、少し説明を。
「マイプロジェクトアワード2015」とはカタリバという認定NPO法人が主催している企画で、地域や身の回りの気になることや課題をテーマにプロジェクトを立ち上げ、実際に行動に移した高校生の活動を評価しようというものです。

本学の生徒たちは、アサヒビール主催の「若武者育成塾」という環境保全について考える外部プロジェクトに参加したことをきっかけに、本学のSGHアソシエイトの活動の一環でもあるカンボジアの共同体を支援するという活動を組み合わせ、これから発展しようとする国々(特にカンボジア)に暮らしの豊かさと同時に環境の大切さを意識しながら発展してほしいという思いを伝えるという活動を行いました。

IMG_1483

 

 

 

 

 

 

信愛チームの3名は、様々な方々の力をお借りしながら、世界農業遺産にも指定された和歌山の「梅システム」に込められた「永続可能な農業」の思想を用いて英語での動画を作って豊かさと環境保全の両立を呼びかけただけでなく、カンボジアの環境や気候に合った永続可能な農法を考え出すという活動について発表しました。

なお、今回、彼女たちの発表が高く評価されたのは、おそらく今後の展望があったからだと思います。彼女たちが今回「マイプロジェクトアワード」に参加したのは、自分たちの活動を評価してもらいたかったからではありませんでした。彼女たちは、自分たちの考えた永続可能な農法をカンボジアの人たちと協働しながら、現地で展開したいと考えており、そのために力を貸してくれそうな人との出会いを求めて「マイプロジェクトアワード」に参加していました。その壮大な夢、熱い思いに対する評価が今回の全国第3位という結果に繋がったのだろうと思います。

実際に彼女たちは、カンボジアの農業関係の方と繋がっていきそうな人と出会って帰ってきました。彼女たちにとって、今回の「マイプロジェクトアワード」はプロジェクトの終着点ではなく、通過点に過ぎないようです。高校3年生ですので、今後は受験に専念するそうですが、進学後はまたこの活動を続けていくそうです。

なお、和歌山にいるとなかなか分かりませんが、日本全体で見るとSGHの理念とも合致する「高校生の段階で変化のスピードが早いグローバルな社会が抱える課題に対して強い関心を持ち、その解決に向けて、実際に行動する」高校生は年々増えているようです。彼女たちも3日間のプログラムを通して、多くの高校生と交流し、高校生にも関わらず、高い意識を有し主体的に行動している他校生の姿に触れ、多くの刺激と危機感を受けて帰ってきました。

今後もSGHアソシエイト運営委員会が中心となって、生徒たちがこれからの社会に通用する力を身につけるため、また現在議論が続けられている高大接続改革に対応していくためにも、生徒たちの積極的な活動を支援したいと思っています。

第1回近畿地区スーパーグローバルハイスクール校SGHアソシエイト校 課題研究発表会に参加してきました。

3月21日関西学院大学主催第1回近畿地区スーパーグローバルハイスクール校SGHアソシエイト校 課題研究発表会が関西学院大学 西宮上ヶ原キャンパスで開催されました。

発表の様子本校の高校2年生の代表が課題研究プレゼンテーション(口頭発表)に参加させていただきました。彼女たちの研究テーマは「ストリートスマートを育成し、女性が輝く社会を作ろう」です。ストリートスマートとは学歴にかかわらず理解力・思考力があり、自分の思いを人に伝える表現力、つまり、世の中をうまくわたっていく優れた能力があることを意味し、その人の情熱の熱量をはかる一つの目安になるものだと考えています。女性が性別や学歴で差別されずに社会で活躍するため「ストリートスマートの育成」に着目しました。その上、今回の発表は取り組んできた内容を” 英語 ” で発表するという緊張感MAX!!! ドッキドキ 信愛の歴史上おそらく1‘st  challengeでした。

中央講堂でオープニングセレモニーが行われ、午後は口頭発表を行いました。最初は緊張した様子でしたが、一生懸命に練習した成果を発揮し、無事終了。自分たちが見つけた課題についてより深く考えていくヒントを教えていただくと同時に自分たちの思い、考えをまとめ伝えることの難しさを知りました。さらに理解しようとしてくださる温かさに気づく機会になったようです。OLYMPUS DIGITAL CAMERAまた、同じように熱い思いを持った同じ高校生に出会えたことは大変貴重な体験です。この学びを通して一つのテーマに対して、様々な考えがあり、その意見を発表し、共感し反論しあい更なる探求へと進めていこうとすることが大切だと知りました。きっと今後の学校生活に活かしてくれることと思います。

今回の出場は生徒たちにとって素晴らしい体験となっただけでなく、私たち教員にとってもすばらしい機会となったように思います。SGH運営委員会以外の先生方からも様々な形で応援していただき改めて信愛の教員団のチームワークの良さを感じました。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

MY PROJECT AWARD 2015全国大会に出場します!

和歌山信愛のSGHアソシエイトプログラムから派生したアサヒビール若武者育成塾に参加していた生徒たちがいたことを覚えていらっしゃいますか?

実はあの若武者チームは「若武者育成塾」としての活動は終了したものの、これから発展していく国々に動画で豊かさと環境保全の両立を目指してほしいと呼びかけるだけでは自己満足に過ぎないと考え、先頃世界農業遺産にも登録された「みなべ・田辺の梅システム」の考えを用い、カンボジアの気候に適合した農業システムをカンボジアの人たちとともに作りたいという夢を抱くようになりました。

そこで、報告が遅れましたが、少し前にそれを実現するために力を貸して下さる方との新たな出会いを求めて、カタリバという団体が主催する「全国高校生MY PROJECT AWARD 2015」にチャレンジしました。

やはり技術の進歩というものはすばらしいもので、予選は何とオンライン!!!
ネット上の会議室でプレゼンとするというなかなか貴重な体験をしました。
働く場所はオフィスの自分の机というこれまでの固定概念がなくなっているというのは、このような所からも感じることができます。

これまで、若武者育成塾の最終発表会、毎日新聞社の毎日メディアカフェなど、それなりに場数を踏んできた彼女たちですが、
PCのカメラ相手というのは勝手が違ったのか、予選のプレゼンは今まで一番のグズグズでした…

これは道も途絶えてしまったかな…と思っていたのですが、信愛若武者チームはなかなかしぶとい(笑)
色々な紆余曲折を経て、全国大会出場36チームの(おそらく)36番目として全国大会に出場することになりました!!

3月25日~3月27日まで(全国大会は3月26日、東京港区の東北芸術工科大学外苑キャンパス)またまた誰しもが味わうことのできない貴重な時間をプレゼントしていただけそうです。
やっていることはそれぞれ違いますが、主体的に行動する全国の高校生と交流することで、さらなる化学変化が起こるのではないかと楽しみにしています。

また、最終のプレゼンに向けて、外資系証券会社「メリルリンチ」の社員さんのお力をお借りして、ブラッシュアップのお手伝いをしてもらえる機会もあるとのこと。
高校生でこんな体験ができるなんて本当に幸せですね~

間違いなく、最後の予選通過チーム、失うものは何もありません。
ぜひさらなる道を自分たちの力で切り開いてきてほしいと思っています。

無題

IMG_5659[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

オンライン予選の様子です