月別アーカイブ: 2016年11月

地域経済分析システム(RESAS)研修会を実施しました。

10月31日(月)の放課後、和歌山社会経済研究所の中西様に来校いただき、地域経済分析システム(RESAS)の使い方に関する研修会を実施しました。
img_20161031_1730482%e2%91%a1
地域の課題にチャレンジする高校1年生、女性の社会進出に関する諸問題の研究を行う高校2年生から希望者が積極的に受講し、情報研修室はほぼ満席。
しかし、生徒たちは最初こそ上手く操作できなかったものの、講習が進むにつれ上手にデータを引き出し、活用するコツをつかんでいました。
やはり若さってすばらしいです。

各学年のSGHアソシエイトの最終発表会は期末試験終了後に予定されていますが、自分たちのアイディアやプランをより説得力あるものにするために、RESASを上手く活用してほしいと思っています。
img_20161031_170846%e2%91%a1
みんな、頑張れ~!

新たな市民会館活用のために和歌山市役所との意見交換会が行われました。

最近バタバタしておりまして、アップが遅れていましたが、SGHプログラムはしっかり活動しております。今日はまだここまでの活動をご報告させていただきます。

10月17日の放課後、和歌山市役所の文化振興課から伏虎中学校の跡地に作られる新たな市民会館について本学の生徒の意見を聞きたいという依頼があり、意見交換会が行われました。

高1、高2を対象に募集をかけたところ、30名弱の生徒が積極的に参加してくれました(こういう所に少しずつ信愛生の主体性の伸びを感じます)。
最初は、遠慮気味に発言していた生徒たちも場がほぐれてくると、演劇部や軽音楽部など舞台やホールを使用する生徒たちが中心となり、活発に意見が飛び交いました。

img_20161017_170529

img_20161017_170609

img_20161017_170622
果たして生徒たちの意見が反映されるのかは、「?」ですが、こういう経験を通して社会に関心を持ち、主体的な進路選択へとつながる一つのきっかけになったと思います。