GACがMY PROJECT AWARD 2017 関西大会に出場しました

2月18日(日)大阪梅田の関西大学梅田キャンパスで行われたカタリバ主催、文部科学省後援の「第5回 全国高校生 MY PROJECT AWARD 2017 (通称、マイプロ)関西大会」に本学のGAC(Global Activity Club)が参加しました。

 

 

今回、GACはカンボジアの子供たちに教育支援活動を行っている本学のシスターをサポートする活動を「マイプロジェクト」とし、書類審査をクリアして関西大会へと駒を進めました。
実は2年前の第3回のマイプロ全国大会で本学の生徒が学校部門3位となり、非常に貴重な体験をしてきたため、生徒たちは「私たちも…」と意気込み、全国大会への出場を目指し、10分間のプレゼンの準備を直前まで重ねていました。

しかし、残念ながら、結果は予選敗退…
プロジェクトの内容そのものは他の高校生のプロジェクトと比べても遜色はなかったのですが、違いはそのプロジェクトが自分のものであるかという「マイプロ」の「MY」の部分の差でした。

GACはクラブが発足して3年目。最初にシスターの活動をサポートしたいという熱い思いでこのクラブを作った1期生はすでに卒業しており、現在は3期生が活動の中心となっています。本人たちにその自覚はありませんでしたが、現在の活動は、「先輩の活動」の継続であり、「自分たちの活動」となっていなかったという現実を、審査員の方々のお言葉や、他の高校生の「熱さ」で気付かされたようです。評価をしていただいて、今後の活動の起爆剤としたいというこちらの目論見は外れましたが、生徒たちは目には見えない、本当にいい学びをさせていただいたと思います。
引率していた私自身も大きな刺激を受けましたが、参加した生徒たちは本当によい表情をしており、このような学びを経て、生徒たちは成長していくのだなあとしみじみと感じました。
このような学びを届けていただいた「マイプロ」には本当に感謝です。

GACはこれまでの学校のクラブ活動の枠に留まらず、新たなことに今後も様々なことにチャレンジしていくつもりです。
現在高校1年生の部員がすこし少ないこともあり、もしこのような答えのない課題にチャレンジする活動に興味を感じてくれる人がいれば、中学、高校関係なく新入部員を募集しています。
また春から信愛に入学する皆さんもぜひぜひ入部をお待ちしています。