高校3年生 SGHプログラム 「10年後の私」最終発表会

 高校3年生は、8月4日(土)の午後から、SGH活動として1学期の間取り組んできた「10年後の自分を考える」についての最終発表会をおこないました。7月の下旬に各クラスで一人ひとりが、「10年後の自分」について現状の社会情勢を踏まえながらスピーチをしました。その上で、各クラスの代表者23名がそれぞれの個性を活かしながら発表をしてくれました。

 医療の道を目指す人や海外で働きたい人から、心理学の研究、お菓子改革!をしたい人まで、本当に2つとして同じ「私」はいなくて、改めて「個」の多様性、すばらしさを感じることができました。また、SGH活動を始めた2年前と比べて、プレゼンテーション力が大きく伸びていることにも驚かされました。

これから受験勉強が本格的に進んでいきますが、将来の自分に少しでも近づけるように日々頑張ってもらいたいと思います。