投稿者「和歌山信愛」のアーカイブ

カンボジア研修12/24

12/24は午前中、カンボジアで働く日本人の方3名に会いに行きました。

最初は、カンボジア研修1年目からお世話になっているクラタペッパーの倉田さんです。

倉田さんからはご自身がカンボジアでお店を立ち上げることになった経緯だけではなく、カンボジアの今と昔、これからについて聞かせていただきまささた。長くカンボジアで暮らされている倉田さんだからこそ、そのお話の内容にとても説得力がありました。価値観の違いはもちろん、その違いをどう乗り越えてグローバルな人材になるべきなのか、というお話も聞かせていただきました。

次に、プノンペンでSANCHAというパン屋さんを経営されている奥田さんを訪ねました。

今回はインタビュー形式で生徒のみんなから質問をさせていただきました。奥田さんからもカンボジアでパン屋を始めることになった経緯や、カンボジアの方をスタッフとして教育することの苦労とやりがいなどを聞かせていただきました。あまり時間がなかったのですが、最後にパンを買わせていただき、キリングフィールドの見学前に昼食としていただきした。

最後はJICAで働く眞野さんです。お嬢さん方もインタビューに参加してくれました。

眞野さんからはJICAで働くことになった経緯や、カンボジアの方の家族観、職業観などを聞かせていただきました。特に「早くにやりたいことを見つけられると、ある程度の長さそれに携わることができ、なおかつ一生のうちにネクストステージに進む時間的余裕もある。だから高校3年生から大学4年間との5年間はとても大事なので、無駄にしないで。」というメッセージがありました。これは一人一人に深く響く言葉だったように思います。

昼食後はキリングフィールドの見学に行きました。

それまでとても元気だった5人ですが、この場所と歴史の意味を考え、とても神妙な面持ちでした。特にいつも明るい現地ガイドのソタさんが、この時ばかりはカンボジア人として歴史を語るその様子に、生徒のみんなは決して過去のことではない内戦と虐殺について知ることができたのではないかと思います。

その後はバスで約2時間移動し、チョンケリー村というところに行き、シスター橋本と合流しました。ちょうどクリスマスミサの最中だったので、途中から参加させていただきました。言葉はわかりませんが、クリスマスミサには慣れている?ので、雰囲気で流れを理解できました。その後クリスマスパーティーが始まり、夕食の最中に開場にいた子供たちと仲良くなりました。

そして、いよいよダンスの披露です。照明や音響など、タイミングが合うか心配でしたが、うまくいき、会場は大盛り上がりでした。

そして会場を後にし、修道院に向かい、12/24の行程はこれで終了です。

カンボジア研修12/23

12/23、朝10:30の飛行機で関空を出発し、タンソンニャット国際空港(ホーチミン)まで約6時間、乗り継いでプノンペンまで約1時間、計7時間の空の旅でした。機内ではここぞとばかりにみんな冬休みの宿題をしていました。しかし、朝が早かったこともあり、また機内の薄暗さも手伝って、途中から脱落する人多数でした。機内で黙々と宿題している様子がおもしろいのか、近くの席のベトナム人の方に何をやっているの?と聞かれ、生徒のみんなは「漢文ってなんて説明すればいいのだろう」と知恵を出し合っていました。

新着情報にも写真を載せましたが、プノンペンの空港には現地のガイドさんが迎えに来てくれていて、バスに乗るなりみんなカンボジアについてさまざまな質問をしました。みんなこんなに聞きたいことがあったのか・・・とその活発な様子に少し感動しました。そうこうしているうちに晩御飯のレストランに到着しました。川辺のとてもステキなロケーションで写真撮影がなかなか終わりませんでした。

食事の後はナイトマーケットを少し見学し、その後イオンに行ってAMAZING CAMBODIAというお土産専門店を経営されている渡辺さんという日本人女性に会いました。渡辺さんからはカンボジアでお店を始めることになった契機や、お店を経営する上でのやりがいなどを、またそのお店で働くカンボジア人スタッフの女性からはカンボジアで女性が働くことの意味など、職業観についてさまざまなお話を聞かせていただきました。日本を離れている日本人の方からお話を聞くと、あらためて日本人の職業観がよくわかり、何のために働くのかということ考えさせられました。

渡辺さんのお話の中で、「しんどいことから逃げて楽になるよりも、しんどいことを乗り越えて成長した自分に会えることの方が楽しみ」というお言葉がありました。たまたま飛行機の中で何人かと進路の話をしましたが、これから進路を決めていく、あるいは自分の思いを周りの人に認めてもらわないといけない人にとっては、勇気をもらえる言葉だったのではないかと感じました。渡辺さんをはじめ、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

12/23の行程はこれで終了です。ホテルに戻ってから翌日のクリスマスミサ・パーティの出し物の練習を少しだけして、みんな早くに就寝しました。

高校1年生が最終発表会を行いました②

12月16日、高校1年生SGH研究プログラム「地域課題」のうち「地域医療」と「地域経済」の班が最終プレゼンを行いました。

「地域医療」が和医大の上野先生から与えられた研究テーマは「医師の偏在」と「健康に対する意識を高めて医療を受ける機会を減らす」というものでした。地方における医師の偏在という問題はこれまでの学年も研究してきましたが、健康に対する意識を高めて医療を受ける機会を減らすという課題は今年の学年に初めて与えられたテーマでした。健康な体をつくり、そもそも病院に行く機会が減れば、医師の数は少なくてもやっていけるのではないかという提案です。

生徒たちは、和歌山県内の特定の病気の罹患率を市町村ごとに調べたり、健康維持に対するイメージアンケートをおこなったりして、それぞれの班が独自の切り口で解決策を提案していました。地域の高齢者が集まって体を動かす機会を作り、なおかつそこに地域の人々や子供たちとの接点も作るという提案もあり、よく考えられていました。

来賓の和医大の上野先生も高校生のうちからこのような活動をすることはすばらしく、県庁や市役所の人をも巻き込んで社会を動かしていってくださいと評価してくださいました。

「地域経済」が和大の足立先生から与えられた研究テーマは「ぶらくり丁を観光商店街にするためには」というものでした。滋賀県長浜市にある「黒壁スクエア」の成功例をモデルに、夏のフィールドワークでは大阪の黒門市場や千日前道具屋筋商店街を訪れ、組合の方々からお話を聞き、それらをもとに各班独自の解決策を提案しました。インバウンドやSNSによる情報発信など、各班共通する点はいくつかありましたが、そこから先の解決策は「世界を旅する商店街」や「コスプレのランウェイとして商店街を利用する」などオリジナリティあふれる解決策が提案されました。

来賓の和大の野間口先生はどの班の発表も本当に興味深いものであったと評価してくれました。そして、この研究をぜひ大学での勉強に繋げてほしいと言ってくださいました。

各分野の中で来賓の先生方から優秀であると評価していただいた班は来年3月に関西学院大学でおこなわれるSGH甲子園に参加します。これからまたブラッシュアップして、しっかり発表してきたいと思います。

来賓の先生方をはじめ、お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

 

 

 

高校2年生 SGH活動 最終プレゼンテーション

本日、高校2年生は今年度の研究テーマである「女性の社会進出に関する諸問題」についての
研究成果発表をおこないました。

 

各クラスでグループを作り、約半年間にわたって様々な視点から女性が社会で活躍するにはどうしていけばよいのかを考えました。その内容を、パワーポイントを用いたプレゼンテーションという形で発表しました。

大きなテーマは同じですが、それぞれ違った切り口で問題解決に挑んでおり、非常に内容の濃い発表であったと思います。今日のことをきっかけにして、新たな問題意識を持ちながらさらに先へと進んでいってもらいたいと思います。

高校1年生が最終発表会を行いました。

12月14日、本日高校1年生SGH研究プログラム「地域課題」のうち「地域防災」と「産業課題」の班が最終プレゼンをおこないました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「地域防災」が和歌山市役所の方から与えられた研究テーマは「信愛防災宣言」を考えるというものでした。これは、宮城県仙台市宮城野区岩切地区の女性たちが東日本大震災から丸4年の節目に、「防災意識を高め、自分の役割を考え、それを実行する」という考え方を分かち合うために企画した「岩切・女性たちの防災宣言2015」を参考に、信愛生が地域のために自分たちにできることを考えて、それを実行するための宣言を考えるという研究です。

地域防災を担当した生徒たちは夏休みを使って「学校の製靴で歩ける距離を実際に測定する」「ペットボトルのろ過装置を作ってみる」「缶詰の値段とカロリーから腹持ちのよさを考える」など、自分たちにできることを考え、実際にやってみて、得られた知識をもとに「信愛防災宣言」を考えました。どのような角度からもアプローチできるテーマだったので、班の中で方針をまとめるのはなかなか難しかったと思いますが、その分どの班もよく研究されていることがわかる見ごたえのあるプレゼンでした。

PDF防災宣言

来賓としてお越しくださった、和歌山市役所の田尻さんも、NHK和歌山放送局局長の仲山さんも、実際に災害が起こったときに復興・支援の中心として動くことになるのは若い人たちなので、高校生のうちから防災意識を高め、行動できる準備をしておくことはとても大切であると評価してくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、「産業課題」がみなべ町役場の方から与えられた研究テーマは「梅農家の後継者不足を解消する」というものでした。夏のフィールドワークでみなべ町の梅の里山を訪れ、実際に梅農家の方から聞いたお話や、役場の方から教えていただいたことをもとに、後継者不足解消に向けて研究を続けてきました。今日の発表では多くの班が「梅の優れた効能を国内外の人に知ってもらい、梅の消費量と認知度を上げることで、梅農家になりたいと考える人を増やす」という部分がベースとなっていましたが、その消費量を認知度を上げるための方法は「2020年の東京オリンピック・パラリンピックとコラボして国内外の知名度をあげる」や「梅の合宿所を作って梅と梅農家の魅力を知ってもらう」など様々あり、中には梅をテーマとするレストランを作るためにメニューを考えてそれを実際に作った班もありました。どの班もオリジナリティがありこちらも見ごたえのある発表でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来賓としてお越しくださったみなべ町役場うめ課の中早さんは、みなべ町では当たり前のことが地域の外に出ると認知されていないという現実があり、まずは信愛生が梅農家の方々が抱える問題について知り、考えることでその意識がさらに他地域に住む人々にも伝わっていくことを期待すると評価してくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この研究活動を通じてお世話になった皆様、本当にありがとうございました。16日土曜日には「地域医療」「地域経済」の最終プレゼンがあります。今日の発表を見て、いい意味でプレッシャーがかかったのではないかと思います。こちらも充実した内容となるよう、期待しています。

高校2年生がポスターセッションを行いました

本日6・7時間目に、高校2年生はSGH活動のポスターセッションを行いました。今年度のテーマ「女性の社会進出に関する諸問題」の解決に向けて、4月から各グループで話し合ってきたことをまとめ、発表をしました。昨年度に比べると全体的に幾分落ち着いて発表できていたように思います。

      

同じテーマでも切り口はいろいろあり、多様な解決案が見られました。来賓の方々からも貴重なコメントをいただき、自分たちではなかなか気付かない部分を指摘してもらうことができました。

今後は12月の最終プレゼンテーションに向けて、内容の精査をしていき、より充実した内容に仕上げていこうと思います。

 

高校1年生がポスターセッションをおこないました。

高校1年生が探究基礎【地域課題】のポスターセッションを行いました。それぞれの分野を担当してくださっている連携先の方にもお越しいただいて、一緒に参加していただきました。

高校1年生は初めてのポスターセッションで、うまくいくか心配しましたが、なんとかかたちにはなったかと思います。同じ内容でも発表者によって声の大きさやパフォーマンスの力に差があり、毎回同じようにとはいきませんでしたが、それでも全員が発表することに意味があるので、仮に講評シートに厳しいことを書かれたとしても、最終発表会に向けて成長の糧になると思います。
最後に来賓の方々からは「コンセプトを誰に知ってほしいかを明確にする、またそのコンセプトのアピール方法が大切である」というお話をいただきました。また、先生たちだけですが「すべての人をターゲットにすると、コンセプトの輪郭がぼやける。あえて絞ることも大切。」というお話も聞かせていただきました。これらのご指摘と、来賓の方々に書いていただいた講評は来週のワークショップで紹介します。それらを参考に、最終発表会にむけて、がんばってブラッシュアップしていきましょう!

第4回輝く女性のためのシンポジウムに参加しました

本日(9月30日)、高校3年生の代表生徒3名が一般社団法人女性と地域活性推進機構(以下WAO)主催の第4回輝く女性のためのシンポジウム「高校生たちの熱い想いが日本の未来を創る~18歳までのキャリアプランへの期待~」に参加してきました。昨年度も招待していただいて、「女性の社会進出に関わる諸問題の研究」の成果発表をおこないましたが、今年度は新たに取り組んでいる「奉仕・貢献を土台とする進路探究」の成果発表をおこないました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年度のシンポジウムのテーマととてもマッチしていたため、会場のみなさんには温かい雰囲気で迎えていただき、リハーサルでは緊張していた3人も本番では少しリラックスして発表することができたと思います。「ウケるかなぁ・・・」と心配していた生徒も、本番ではばっちり笑いを取ることができました(笑)

今回発表した3名は、「主体的に進路選択ができている」「置かれた環境の中で最大限自分にできることを考えている」「自分の勉強したいことを社会貢献に繋げられている」などの点から学校代表として選ばれました。それは本校のSGH活動において身につけてほしい「向き合い方」であり、彼女たちの発表はそれを見事に体現してくれたと思います。

パネルディスカッションでは基調講演で登壇された駐日カナダ大使館政治・経済部二等書記官ステファニー・レトルノーさんと、ダイバーシティ経営企業100選受賞企業である株式会社虎屋本舗代表取締役高田信吾さんにそれぞれ質問をさせていただきました。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とくに昨年度カナダに修学旅行に行った際に、現地で働く女性にインタビューするというフィールドワークをおこなったため、ステファニー・レトルノーさんのお話は実感を持って聞くことができました。

中間試験を目前に控え、また1限の授業が終わって電車に飛び乗ってグランフロント大阪に向かうという慌ただしいスケジュールで、現地に着いてからもバタバタしましたが、落ち着いてよくやりきってくれたと思います。本当にお疲れさまでした。

今日語られた皆さんの夢が、10年後現実のものとなっていることを祈ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

WAO様、今年も招待していただきありがとうございました。

高校1年生、ポスターセッションの準備が進んでいます。

10月18日のポスターセッションにむけて、ポスター作成が本格的に始まりました。各班趣向を凝らしてポスターをデザインしています。本番ではポスターだけを見ながら話さなければならないため、どれだけの情報を載せるかがポイントですが、「私は話術で勝負する!」などの強気な発言も聞かれ、今から楽しみです。当日は連携先の方にも見に来ていただきます。生徒間では出てこない意見や発想をアドバイスとしていただけると思うので、それを最終発表会にしっかり活かしてほしいと思います。

体育祭や中間テストでこれから忙しくなりますが、時間をうまくつかって班員みんなで協力しながら準備を進めてください!

第49回白バラ講座に参加させていただきました

高校1年生の地域経済の研究活動に取り組む生徒約60名が、本日和歌山市役所で開催された第49回白バラ講座「私たちの意志で街を元気にできるか?和歌山・日本・世界の視点で考える」に参加させていただきました。講師の足立基浩先生(和歌山大学副学長・経済学部教授)は本校のSGHプログラムにお力を貸してくださっており、また講演のメインテーマが「まちづくり」ということもあり、大人数でご迷惑になるかもしれないと思いつつもお邪魔させていただきました。

足立先生が学生時代を過ごされたイギリスのまちづくりの紹介から始まり、日本のまちづくりに成功されている事例を紹介していただき、最後に和歌山の特徴や県民性などをクイズ形式でわかりやすくお話しいただきました。本校のワークショップにおいても「和歌山らしさ」という点に重点を置いて研究活動をしてきましたが、他県と比較したときに見えてくる和歌山の県民性という点に着目するという視点はなかったため、大変勉強になりました。今回学んだことをぜひポスターセッションにいかしてほしいと思います。

また、この講座は和歌山市選挙管理委員会が主催しており、最後のアンケート記入は特別に実際の選挙のときに使う記入台を使わせていただきました。

選挙年齢が18歳に引き下げられ、今高校1年生の彼女たちも2年後には選挙権をもちます。その意識付けとしていい経験をさせていただきました。ありがとうございました。