SGH」カテゴリーアーカイブ

カンボジア海外研修が始まります。

おはようございます。
本日よりカンボジア海外研修が始まります。
ただ今関空で飛行機待ち。
生徒は集合時間までに全員きっちり揃いました。
引率の私が一番最後ということで、さすが信愛生しっかりしています。
緊張もしているようですが、充実した旅行としたいと思っております。
まもなく搭乗となりそうです。いってきます!

2018「SGH全国フォーラム」に参加してきました

12月15日(土)、東京の有楽町にある東京国際フォーラムで開催された「SGH全国フォーラム」に本学の生徒が参加しました。「SGH全国フォーラム」とはSGH校とSGHアソシエイト校の生徒しか参加することができないイベントで全国から400人程度の生徒たちが集まり、ポスターセッションとグループディスカッションを行います。なお、各校、生徒は1~4名しか参加できないのですが、今回校長先生が貴重な体験を少しでも多くの生徒に届けたいと考えてくださり、SGH校でも1名しか参加していない学校もある中、高校1年生3名、高校2年生1名の混成チーム計4名で参加することができました。

sdr

前日も夜遅くまで準備をし、当日の朝はこんな様子。

dav

信愛のポスターはこのような感じです。みなべ町の梅産業に関するテーマでの発表でしたが、なかなかかわいらしさもあるすてきなポスターができあがりました。

dav

こちらがポスターセッションの様子です。
なお、英語で4分の発表が2回、そこから英語での質疑応答が2分という形式になっています。なお、一番右の方が審査員です。

午後は、グループに分かれての英語でのディスカッション。メンバーを変えながらどんどん議論の内容を深めていくという形式で他校の生徒や海外からの留学生とも話す機会を持ち、参加した生徒たちは大きな刺激を受けたようです。

dig

sdr

ちなみに、今回のフォーラムではアソシエイト校でも1校表彰してもらえることになっており、今回の信愛チームの発表内容はなかなかおもしろく独自性もあり、結論に説得力がでるようにしっかり調査もなされていたため、「和歌山信愛ここにあり!」という結果につながるのでは?とひそかに期待していました。

しかし、いざ蓋を開けてみると、差があったのは「発表の質」ではなく「実践的な英語力」にあったように思います。和歌山への帰り道で参加していた生徒も話していましたが、まさしく「日本語を話すように英語を話す」のです。発表の英語は事前に練習すれば、何とかなります。しかし、質疑応答はその場で瞬時に質問の内容を理解し、適切な返答を英語で考えなければなりません。その「間」が圧倒的に短いのです。この現実に生徒たちは驚きだけでなく、悔しさも感じていました。こういう壁にぶつかってから信愛の生徒は伸びます。彼女たちのさらなる成長がとても楽しみです。

dav

それと同時にこの事実をしっかり学内で共有し、信愛の英語教育の質をさらに向上させる一つのきっかけとなると思っています。そう考えると、生徒だけではなく、我々教員にとっても非常に貴重な体験となりました。
今回は初参加のSGH全国フォーラムだったので、右も左も分かりませんでしたが、次年度はこの経験を糧に「信愛の伸びしろ」を見せてきたいと思います。

高校2年生探求発展Iの最終発表会をおこないました

高校1年生につづいて高校2年生も12月14日と17日の2日にわたり、SGH探究発展Ⅰの最終発表会をおこないました。

高校2年生は1学期に修学旅行があり、ポスターセッションの準備に十分な時間をとることができませんでした。ポスターセッションを見に来てくださった来賓の皆様からはいろいろなご意見をいただき、そこから各班ブラッシュアップをして最終発表会に臨みました。

「調べ学習で終わらさずに、既存の社会制度や法律を変えるくらいの気概をもって取り組むこと」という指導のもと、各班が課題解決策の「オリジナリティ」という部分に重きをおいて研究活動を続けてきました。

実現可能なものはすでに大人たちが作ってくれています。高校生の柔軟な発想で、今世の中にないものを考えてほしいというこちらの思いも十分にくみとって、この2日間の発表では各班競い合うように良いものを発表してくれました。
来賓の方からも「ポスターセッションのときとは比べ物にもならないくらい、よく考えられていて、本当に感心した。」という講評をいただきました。

女性の生き方は本当に多様であり、「これが正解」というものは存在しません。ただ、自分が選択した道で困難にぶつかったときに、誰かが動いてくれるのを待つのではなく、自分で考えて行動できる女性になってほしい、というのが高校2年生の研究プログラムのテーマです。そしてこれらの学びの総仕上げとして、3年生の研究活動では「自分」と向き合ってもらいます。きっとみなさんにとって良い経験となるはずです。この2日間のみなさんの発表を見ていると、その研究プログラムが始まるのが今から待ち遠しくなります。

高校1年生最終発表会(2日目)

昨日に引き続き、本日も高校1年生SGHアソシエイトプログラム「探究基礎」の最終発表会(2日目)が開催されました。今日は、地域医療と地域防災のテーマについて調べた19組が発表をしました。土曜日ということもあり、保護者の方も昨日よりも多くお越しいただき、また本校の卒業生もホームページでこの行事を知り、数名駆けつけてくれました。そして、各テーマごとに、事業所の方にもお越しいただき、今年度の集大成をご覧いただきました。
地域医療、地域防災ともに、10月のポスターセッション時よりもさらに具体的な解決策を考えており、お越しいただいた方からも、具体的で分かりやすい発表だったというご意見をいただきました。
今年度の各テーマでの取り組みは、本日をもって一旦終了という形になりますが、3学期は、来年度の取り組みへの導入を行う予定です。今年度学んだことを是非来年度、2年生になってからの活動にも活かしていってもらいたいものです。

本日、お忙しい中ご来校いただきました皆様、本当にありがとうございました。

 

高校1年生最終発表会(1日目)

本日、高校1年生のSGHアソシエイトプログラム「探究基礎」の最終発表会(1日目)が開催されました。1日目の今日は、産業課題と地域経済の課題に取り組んだ22組の発表が行われました。1学期から始まったこの取り組みですが、メンバーの自己紹介から始まり、7月には各分野ごとにフィールドワークへ出かけ、自分たちの課題をより深めていきました。2学期に入り、それぞれの班の考えをポスターにまとめ、10月には、体育館でポスターセッションを行い、様々な方からのご意見をいただきました。そして今日は、それらの集大成をパワーポイントでまとめたものを、各事業所の方々の前で発表をしました。
ポスターセッションから、短期間だったにも関わらず、各班共にハイクオリティーの発表が多く、事業所の方にもお褒めのお言葉を頂戴しました。また、独創的な発想のものや、女子高生ならではの視点に立ったもの、英語でプレゼンする班など、我々教員も聞いていて、感心させられる発表も多くありました。
明日は2日目で、地域医療と地域防災のテーマについて調べたグループがそれぞれ発表します。本日に引き続き、素晴らしい発表がたくさん聞けることを楽しみにしています。
本日、お忙しい中、お越しいただきました各事業所の皆様、保護者の皆様、本当にありがとうございました。


高等学校1年生「探究基礎」最終発表会のご案内

12月14日(金)、12月15日(土)の10:00~12:40に地域の課題に取り組む高校1年生「探究基礎」最終発表会を実施いたします。
先日のポスターセッションに引き続き、
「もっと多くの方々に、本学生徒のいきいきとした姿を見ていただきたい」
「生徒たちの探究活動をより深めていくために、もっと多くの方々からご指導やご助言をいただきたい」
と考え、最終発表会も公開形式にいたします。

このページをご覧いただいた本学の探究課題である地域の抱える課題の解決に向けて活動なさっている方々や行政に携わる方々、大学の先生やこの分野の有識者の方々、また本学の教育に関心を持ってくださっている方や他校の先生方、本学の卒業生などなど、ぜひこの機会に生徒たちの学びを見ていただけましたら幸いです。

なお、参加いただくためには、事前に申し込みをしていただく必要がございます。
下記のアドレスで登録していただくか、
https://goo.gl/forms/kafGg0pWmkQfEwrE2

下記のQRコードを読み込んでいただき、事前に参加申し込みをお願いいたします。

 

 

 

 

なお、申し込みの期日は12月13日(木)17:00までとさせていただきます。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

高校1年生がポスターセッションを行いました

10月24日(水)の午後、高校1年生が地域の課題にチャレンジする「探究基礎」の中間発表に当たるポスターセッションを行いました。

5月のパネルディスカッションからクラスを越えて班を構成し、それぞれの連携先の先生方から出された課題に対して解決策を考えてきました。

文部科学省からSGHアソシエイトの指定を受けて早くも今年で4年目。
学校の中にSGH活動が存在するというのは当たり前になりました。

しかし、例年このポスターセッションの段階では、探究学習そのものがまだまだ生徒たちの中に浸透していないため、課題の切り口にキラリと光るものがありながらも、単なる調べ学習の発表であったり、解決策が提示されていても抽象的だったり、あれ?どこかで耳にしたことがあるぞというものも…
さらに、発表も声が小さく、何を言っているのか全く分からないという班もちらほら。

さて、ここからは、12月の最終発表会に向けて、連携先の先生方からのアドバイスや発表を聞いた人たちからのアドバイスシートを参考にしながらブラッシュアップおよびパワーポイントの作成に入っていきます。
ちなみに、信愛の生徒は、一回ヘコまされてからの伸びがすごいんです。
最終発表会では、ここまで飛躍したか!という発表が多数出てくるはずです。

なお、今年度の高校1年生からSGH各種発表会を公開形式にしました。
まだまだ告知の方法を模索中で、今回ポスターセッションに来場いただいた方は20名ちょっと(来場いただいた皆様、本当にありがとうございます!)。
しかし、友達や先生以外の方に自分たちの発表を聞いていただけるというのは、緊張感も伴う貴重な経験だと思います。
今後は我々運営側が地域の方々にもっと上手く告知し、地域の方にも本学の生徒を育てていただけるような仕組みへと進化させていきたいと思っています。

高校2年生ポスターセッションをおこないました

本日(10月17日)、高校2年生がSGHプログラム「女性の社会進出に関わる諸問題の研究」のポスターセッションをおこないました。
来賓として一般社団法人女性と地域活性推進機構の堀内様、牛窪様、国際ソロプチミスト和歌山紀ノ川の皆様におこしいただきました。

各クラス別々に活動をしているので、お互いの研究内容は知らないはずなのですが、なぜかその年によって流行りのように重なる内容があり、今年に関しては「アプリの開発」「動画(CM)作成」「ベビーシッターの活用」が多かったように思います。夏に講演に来てくださった山本房代さんが、フィンランドではベビーシッターを雇うのが当たり前、という話をしてくださったので、ベビーシッターの活用にふれている班が多いのはそのせいかもしれませんが、アプリの開発や動画作成についてふれている班が多いのはなぜでしょうか?今の高校生はもうスマホネイティブと呼ばれる世代になってきているのでしょうか。

最終発表会はパワーポイントでおこないます。パソコンを使えるので、動画作成を考えている班は実際に動画を作成してみてはどうでしょうか?また、アプリの開発を考えている班もアニメーションを駆使してアプリのサンプルイメージを作ってみてはどうでしょうか?まだ時間はあるので、今日の講評シートのアドバイスを参考に各班ブラッシュアップしていきましょう。

高校1年生「探究基礎」ポスターセッションを公開形式にいたします

これまで、本学のSGHアソシエイトプログラムにおける成果発表は学内および連携先の方にしか見ていただくことができませんでしたが、
「もっと多くの方々に、本学の生徒のいきいきした姿を見ていただきたい」
「生徒たちの探究活動をより深めていくために、もっと多くの方々からご指導やアドバイスをいただきたい」
と考え、今年度の高校1年生の探究学習の中間発表に当たるポスターセッションから公開形式にすることにいたしました。

このページをご覧いただいた本学の探究課題である地域の抱える課題の解決に向けて活動なさっている方々や行政に携わる方、大学の先生やこの分野の有識者の方々、また本学の教育に関心を持ってくださっている方や他校の先生方なども、ぜひこの機会に本学生徒の学びを見ていただけましたら幸いです。

なお、参加いただくためには、事前に申し込みをしていただく必要がございます。

下記のアドレスにアクセスいただくか、
https://goo.gl/forms/m0gfFbnaqrwFqYi92

下記のQRコードを読み込んでいただき、参加申し込みを行ってください。

 

 

 

※申し込みはポスターセッションの前日、10/23(火)17時までとさせていただきます。

なお、本学は女子校ということもあり、安全上の問題から、他校の中高生の方や明らかに虚偽の情報で申し込みをなさった方には、当日参加をお断りする場合がありますことをご了承ください。

体育祭でのカンボジア募金へのご協力ありがとうございました!

昨日の体育祭のお昼休みを利用して、今年度のカンボジア研修に参加するメンバーが、本学修道会が現地で運営する幼稚園や小学校を支援するために募金活動を行いました。

体育館出入り口や保護者席で20分程度募金活動をさせていただきましたが、本日集計したところ、何と「57,159円」の募金が集まりました。
ご協力いただきました保護者の皆様、本当にありがとうございます!

カンボジア研修も今年度で4回目となります。これまでの募金は幼稚園の遊具や昨年10月に開学した小学校の机やイスとしてカンボジアの子どもたちの学校生活を支えています。今年度の募金も間違いなく現地のシスターに届けさせていただきます。

さて、今年度はこれまでで最多の9名の生徒がカンボジア研修に参加しますが、今年度選考をクリアした生徒は、例年と比較すると少し大人しいタイプの生徒が多い印象を受けています。しかし、応募作文には、「大変な国があるんだなと思って、ただ見ているだけの人になりたくない」「カンボジアの子どもたちに自分の世界が広がった!という『ワクワク』を届けられる真の国際貢献ができる人になりたい」といった熱い思いを綴っていた生徒たち。ただ、心でそう思っていたとしても、その気持ちを実際の行動に繋げるのはなかなか難しい。それもまた現実だと思います。

募金を呼びかける声もこれまでより少し小さく感じられましたが、保護者の皆様方の温かい心遣いに触れ、自分の殻を破る一つのきっかけを手にすることができたと思います。実際にカンボジアを訪問した際に、少しでも多くのことを感じたり、学んだりすると同時に、少しでも積極的に行動することができるようになるため事前活動をさらに充実したものにしたいと思っています。