SGH等6校合同カンボジア研修研究会&成果発表会に参加しました。

更新を少しサボっておりましたが、SGHアソシエイトの活動はちゃんと継続しております。

1月7日(土)・8日(日)に、本校の高校2年生2名が、三重県立四日市高等学校で行われた「SGH等6校合同カンボジア研修研究会&成果発表会」に参加してきました。

この研究会は、カンボジア海外研修を行っているSGH校の生徒が集まり、互いの研修成果を共有し、さらにカンボジアについて深く学ぼうという意図をもって行われているものです。参加校は、東京の昭和女子大付属昭和高校、そして今年度の幹事校である三重県の四日市高等学校、奈良の西大和学園高校、岡山の岡山学芸館高校、広島女学院高校の5校で、昨年から行われている研究会です。今年度はそれに引き続き2回目の開催でしたが、アソシエイトの身でありながら半ば強引にお願いして、今回本校も参加させていただきました。本来「SGH5校」だった研究会の名称を「SGH等6校」としていただいてまで本校の参加を認めてくださった各校の先生方の温かいお心にはただただ感謝申し上げるばかりです。

さて、2日間におよぶプログラムはファシリテーダーとしてJICA職員の方を、偶然ではありましたが昨年度の海外研修の際に現地でお話いただいた「Kurata pepper」の倉田さんやカンボジアで社会投資家として活躍なさっている「ARUN」というNGO法人の代表功能さんを講師にお迎えし、かなり濃厚かつ有意義な時間となりました。

なお、本校にとっては最初のプログラムである「カンボジアでの体験共有」の段階から驚きの連続。やはりSGH校の生徒たちは色々な場面で発表をする機会が多いのでしょうか。本学以外のすべての学校が自分たちの学校研修内容の紹介を行った際に一切原稿などなく、パワーポイント等に合わせて堂々と自分たち自分の言葉で発表していました。この「発信力」は間違いなく現状の信愛生にはないもので、これからのSGHアソシエイトプログラムの中で強化していかなければならない部分だと痛感しました。

ただし、信愛生も負けてはいません。初日こそその後に行われたグループディスカッション等で他校の生徒に少し圧倒されてしまいましたが、初日のプログラムの終了後、2日目のグループディスカッションのテーマについて事前に情報収集する(=予習)するという誠実さで必死で対応していました。

「カンボジアの魅力(強み)と課題とは何か」、「豊かな社会とはなんだろうか」、「もしもわたしたちがカンボジアの○○なら、豊かな社会を作るためにどんな課題のために、何をするか」など、難しいテーマではありましたが、他校の生徒たちと意見を交わし、考えを深めるという貴重な時間となりました。

内弁慶な傾向の強い信愛生ですが、今回参加した2名の生徒は自分たちの知らない世界に勇気を出して飛び込み、この2日間で大きく成長したように思います。JICAの方にも誠実さ、ひたむきさをお褒めいただきましたし、私もそんな生徒の姿を目の当たりにし、非常に感動しました。

今後もそのような機会があれば、生徒に参加を促していきたいと思っています。

最後になりましたが、主催いただきました三重県立四日市高等学校の先生方、生徒の皆様。そして、参加校の先生方、生徒の皆さん本当にありがとうございました。

「第2回 UME-1グルメ甲子園in梅の里みなべ」で、高1生のチームが敢闘賞をいただきました

2月12日(日)、みなべ町で開催された、「第2回 UME-1グルメ甲子園in梅の里みなべ」に高1生3名のチームが参加しました。みなべ町とは本校のSGH活動を通じて交流があり、昨年からこの大会に出場させていただいています。

昨年は惜しくも入賞できなかったので、今年は先輩たちの悔しさをばねに、高1生が和食「もちもち梅ぎょうざのお吸い物&梅じゃこおにぎり」で挑戦しました。準備段階から試行錯誤を繰り返し、本番前日までアレンジを加えながらいざ本番。予定数を完売し、参加10チーム中の4位にあたる敢闘賞をいただくことができました。地産地消をテーマに、地元の食材にこだわった部分が評価されたようです。来年はさらに上位を目指してがんばっていきたいと思います。

 

カンボジア海外研修その5(最終回)

みなさん明けましておめでとうございます。

すでに3学期も始まったのですが、カンボジア研修の最終日の様子を報告していませんでしたので、遅ればせながらアップしたいと思います。

シェムリアップに移動していよいよ最終日の朝を迎えました。
いよいよアンコールワット遺跡群の見学です。私も昨年の経験を踏まえて帽子を購入(たったの2ドル)して準備万端。
まずは、アンコールトムに向かいました。
アンコールトムとは大きな都市という意味で一辺がが3kmもあり、その中心にバイヨンといわれる寺院がありました。
img_20161228_094350
門の入り口へと続く橋の欄干にはナーガと呼ばれる蛇の神を綱代わりにして綱引きする神々と阿修羅の像があります。
img_20161228_093938
バイヨン寺院には東洋のモナリザともいわれる「クメールの微笑み」をはじめとする観世音菩薩の彫刻が施されています。
img_20161228_101429
まさしく歴史を感じさせる圧倒的な存在感でした。

その後は一旦遺跡群から離れて、戦争博物館へ。
本物の戦車や武器などが置かれているなどして、最初は少しはしゃいでいた生徒たちもガイドのナクリーさんから悲惨な内戦の状況や地雷の被害について聞いたり、展示を見たりしているうちに、徐々に寡黙に…平和の尊さをきっと感じてくれたことと思います。
img_20161228_130634
img_20161228_130015

昼食後はいよいよアンコールワット。
仏教の日に当たってしまい、第3回廊には登ることができませんでしたが、風もなく池に映るアンコールワットとともに記念撮影することができました。
img_20161228_141310
アンコールワットの修復には日本もかかわっており、他校さんでは、修復作業のお手伝いをさせていただいたりというプログラムを実施しているところもあります。信愛生にもそんなチャンスを届けるべく、これからもプログラムを充実させていきたいと思いました。

その後は日本の女性職人さんが金太郎飴の技術を伝えている「キャンディーアンコール」を訪問し、いよいよ最後ながらも今回の旅のもう一つの目玉、フリーランスの口腔外科医で16年前からカンボジアを始めとする医療後進国で支援活動を行ってきた岩田雅裕先生のところへ。

以前「情熱大陸」で岩田先生の活動を拝見し、ぜひ生徒たちに語ってほしいと強引にお願いしたところ快諾してくださり、この日も滞在ホテルの一部を貸し切りにし、手術を終え、手術着のままで生徒たちのために話をしてくださいました。
img_20161228_163827
細かな内容は、生徒たちの研修報告会もありますので、ここでは避けますが、活動をともにされている奥様のお話とともに横で話を聞いていた私も心揺さぶられるようなお話でした。
img_20161228_172140

カンボジアで「人」との出会いにこだわって組んだ今回の研修。昨年お話しいただいたクラタペッパーの倉田さんとお会いできなかったのは残念でしたが、今回も本当にすてきな方々との新たな出会いを生徒たちに届けることができました。

以上の行程を経て、12月29日の朝、全員で元気に帰国しました。異国の地でのすばらしい出会いを胸に刻み付け、日本で自らを振り返ってみることで、参加した生徒たちが更に成長していってくれることを期待しています。

なお、今回の旅の途中でもすてきな方々とお知り合いになりました。次年度はさらにグレードアップした研修旅行を届けたいと思います。SGHの活動に熱意を持って取り組み、カンボジア海外研修旅行に参加したいと思う生徒が一人でも増えてくれたらうれしいです。

カンボジア海外研修 速報

ただいまホーチミンにて関空までの乗り継ぎを待っています。
wifiの接続がうまくいかず連絡がギリギリになりましたが、15分遅れではあるものの、まもなく搭乗です。
遅れがどのようになるかはわかりませんが、朝の迎えは関空のHPをご覧ください。

カンボジア研修旅行 その4改

カンボジア研修旅行最終日を迎えております。ただ今シェムリアップの空港ですが、飛行機は少し遅れています。

さて、昨日は朝からカンポートの郊外の村へ。
まずは、平和の村を訪問しました。
平和の村は、障害を抱えた人やHIVの患者とその家族が生活している施設になります。
img_20161227_091457
お菓子や文具などを渡しましたが、生徒たちは複雑な気持ちになったようです。

その後は、現地のカトリック学校である聖フランシスコ中学高等学校へ。
中学生の英語のクラスに混ぜていただき、少し英語を教えるという形で交流しました。
img_20161227_103840

img_20161227_105244

語彙量や文法力は参加生徒たちの方が圧倒的に優れていますし、発音なども癖がありますが、まだ英語を習い始めたにもかかわらずとにかく一生懸命話をしてきますし、学びたいという気持ちが強いです。

その後、現地の学校の給食を体験させていただき(実際のところは私たちに気を遣ってくださり、本当の給食よりも相当によい食事を用意していただいたのですが…)、
img_20161227_115600
その時に先生からうかがったのですが、地域などで格差はあるものの年々カンボジアでは教育環境が整ってきており、この聖フランシスコ中学高等学校はかなり優秀な私立学校で生徒たちは10倍の難関を乗り越えて入学しているとのこと。学ぶ意欲も高くカンボジアの子どもたちはすごい勢いで学力をつけています。本当に日本もうかうかしていられないと痛感しました。
img_20161227_110428
最後はみんなで記念写真です。

その後は障害などを持ったカンボジアの人たちが生活することができるようにと上智大学などが支援している「BANTEAY PRIEB」という施設を訪問し、その方たちが作った小物を購入しました。
これは来年度のわかば祭の時に「GAC」で販売するつもりです。その利益は次年度の研修旅行でまたシスター橋本先生に届けるつもりですので、皆さん協力してくださいね。
img_20161227_152609

その後はプノンペン市内で夕食だったのですが、ものすごい渋滞(プノンペンは昨年訪れた時とすでに大きく変わっており、カンボジアのすさまじい経済発展をひしひしと感じました)に巻き込まれ、このままでは次の訪問地シェムリアップへの飛行機に間に合わないということで、急遽空港で食事。
ここまでお世話になったガイドのソタさんともお別れして、シェムリアップへと向かいます。
1
(実際は飛行機の出発が大幅に遅れ、シェムリアップに着いたのは23時でしたが…)

次回は最終日の内容について報告します(が、年明けになりそうな予感です)。

カンボジア海外研修その3

おはようございます。
4日目の朝を迎えました。

生徒たちは少し疲れがたまってきてはいるようですが、皆元気にしています。

昨日は、まず朝食を外の食堂で。
カンボジアの人たちはあまり自宅で朝食を食べる習慣がないらしく、まさしく現地の味を堪能しました。
5

その後は、幼稚園児が登園してきたので、信愛フェスタに参加してくれた小学生に作ってもらったクリスマスカードをプレゼントし、その園児のための教材作りのお手伝いを行いました。
img_20161226_081102img_20161226_083851

6
お手玉作り、紙のパズルなどです。
園児たちはとても純粋でかわいいです。
img_20161226_103448
お昼ご飯はカンボジア式BBQでもてなしていただきました。
img_20161226_120213
午後は現地の高校生とディスカッション、最初は日本人の消極性が全開でしたが、時間が経つにつれて打ち解けることができました。話すことで彼女たちの世界を知り、きっと色々と感じたことと思います。
img_20161226_144821
その後、市場見学や周辺散策、夕食と彼女たちとともにしましたが、移動中は手をつなぐなど、かなり親交は深まったようです。
img_20161226_185715

しかし、今回驚いたのはたった1年で地方の都市であるカンポートの町が大きく変わっていたことです。シスターのお話では、中国資本がかなり入ってきており、どんどん町が大きくなっているとのこと。人が集まってきているからか、とにかく子供がたくさん。学校も次々と建っているそうです。
少しずつ教育環境も整いつつあり、この子供たちが国を背負う年代になった時、カンボジアはとてつもなく発展していくのではないかと思います。
こんな様子を目の当たりにしたら、日本の中高生はうかうかしていられないですよ。

カンボジア研修報告その3

いよいよカンポートにある修道会の共同体に到着しました。
しかし、昨年と比べると全く違う光景に衝撃!!
昨年私たちが宿泊させていただいた建物の前にあった広場が記憶と全く違うことに・・・
3
なんと、これは、修道会のクリスマスのお祭りを実施しているところでした。

Sr.橋本先生からクリスマスのお祭りの余興に信愛生も参加してほしいと言われてはいたのですが、勝手に教会の中でこじんまりと行うのかなと思っていたのに、まさかこんなにたくさんの人が集まっていたとは・・・

生徒たちはさっそく集まっていた子供たちとコミュニケーションをとるなど、なかなか積極的。
1
そして、いよいよ余興の発表となりました。

想定していたのとは違い、広場に設けられた舞台の上で、思っていたよりも多くの人の前で、となかなか過酷な環境でしたが・・・

screenshot_2016-12-27-00-15-361
見事、星野源さんの恋ダンスを見事やりきり、カンボジアの方からもたくさん拍手いただきました!!

体調を崩す生徒もなく、少しずつメンバーの仲も深まりながら充実した研修が続いています。
2

カンボジア研修報告その2

ただ今研修3日目を迎えております。

昨日は、午前中にプノンペンでSANCHAというパン屋さんを経営されている奥田真理子さんを訪問し、カンボジアで仕事をすることになった経緯など色々なことをお話いただきました。
生徒たちにとってもロールモデルとなるステキな方で、すばらしい経験になりました。
2

その後はキリングフィールドへ。
やはり頭蓋骨のズラっと並んだ光景は圧倒的。
4
昨年度もお世話になったガイドのソタさんから説明をしていただいて、生徒たちは色々と考えさせられたようでした。
5
そして、本日の最終目的地である本学修道会のあるカンポート共同体へ。

現地の子どもたちの教育支援を行いSr.橋本先生を訪問します。

SGHアソシエイト海外研修スタート!

ただいまカンボジアは朝の6時過ぎです(日本とは2時間の時差)。
昨日よりSGHアソシエイトカンボジア海外研修旅行がスタートしました。
1
関西空港で旅行会社の方から説明を受けています

5名の生徒とともにただいまプノンペンに来ております。
昨日は夕食の後プノンペンイオンを見学。
5

なお、昨日はクリスマスイブということで校長先生からケーキのプレゼント。
イオンで購入したロウソクで気分を盛り上げます。
2

本日はまだ顔を見ておりませんが、昨日は全員元気元気にしていました。
4
なかなか更新できないかもしれませんが、このメンバーで充実した研修にしてきます。

まだ他にも更新が必要な記事があるのですが、それはしばらくお待ちください。

高校1年生 SGH最終発表会

高校1年生は、この学年でのSGH活動の集大成として10日に最後の打ち合わせを各班で行い、14・15日両日の最終発表会に臨みました。

resize006 resize001

1日目は「地域医療」「地域経済」をテーマとした発表を行いました。それぞれの班が、フィールドワークで体験したことや考察した内容をパワーポイントのスライドにまとめ、全員でその成果を発表しました。みんな緊張しながらも熱心に自分たちの考えを伝え、来賓の先生方からも「しっかり考えられている」、「すぐに使えそうな案もあってすばらしかった」などの評価をいただきました。


resize003 resize004

resize005

2日目は「地域防災」「産業課題」をテーマとした発表を行いました。1日目と同様に、各班が自分たちの思いをスライドに詰め込んでしっかりと発表を行いました。防災分野では、自分たちのことよりも小さい子どもたちや外国人の方々が避難所で快適に過ごすにはどうしたらよいかなど、他者の視点に立った発表が多く、好評をいただいていました。また産業課題分野では、みなべ町の役場の方に来ていただき、「ぜひ地元のうめ農家や加工業者の人たちにもプレゼンテーションをしてほしい。」とのお話をいただくことができました。

resize002 resize003 resize001

生徒たちも1つのテーマに対して時間をかけてみんなで考えたことが形となってやり遂げられたという達成感で満足そうな表情をしていました。3学期は次年度の活動内容のテーマに関する講演を聞いたりして、その準備をスタートしていく予定です。