カンボジア研修3日目

研修4日目の朝となりました。少し腹痛を訴えた生徒もおりますが、活動には支障はなく皆元気にしています。
それでは、研修3日目の報告です。
カンボジア研修の柱の1つがカンボジアで活躍、貢献する方々のお話を伺うことならば、もう1つの大きな柱がカンボジアのカンポットという地方都市で幼稚園や小学校を運営する私たちの学校のシスターのもとを訪れ、子供たちの教育のお手伝いをすることです。修道院の宿舎に程近い食堂で朝食をとった後は、さっそく小学校1、2年生に対して、理科と体育の授業を行いました。
シスター橋本先生には「もっと自信を持って授業しなさい」と怒られてしまいましたが、今年度の授業も内容はなかなか秀逸。
ブンブン独楽を用いて回転すると物の見え方が変わることを学ぶ実験、ペットボトルと風船で作った簡易的な空気砲に線香で煙を作り、空気の流れを可視化する実験は、今は分からなくても将来、理科に興味を持ってもらえるものだったと思います。



子供たちはもちろんですが、最後はシスターも夢中です笑

体育では大縄跳びとカンボジアルール?のドッヂボールも子どもたちには好評でした。ようやく慣れてきた頃にお別れなのが残念です。

昼食をいただいた後は同年代の生徒たちとのディスカッション。
今年度は生徒9名という大所帯のため同数の女子生徒を集めることができず、教会の支援する同年代の男子奨学生も参加してくれました。
となると緊張するのは信愛生笑


発音の微妙な違いに苦戦するものの、徐々に打ち解け、カンボジアの学生の一人一人の進路意識の高さに刺激を受けたようです。そういう点では男の子と話をしてよかったのかもしれません。
大分打ち解けた所で修道院周辺の散策へ。市場や川沿いを歩きつつ、夕食は船上レストランでいただきました。

最初はモジモジするものの、今年度はなかなか早く現地の学生たちと打ち解けることができました。SGHの活動を始めて4年以上になるので、異文化を理解しようとする心やコミュニケーション能力は鍛えられてきているのかなぁとうれしく感じた1日でした。
それでは4日目の活動のためにチョンカチアン村へと向かいます。

カンボジア研修2日目午後

更新が1日近く遅れていますが、カンボジア研修2日目の午後の様子です。

2日目の午後はカンボジアの負の遺産と言われるキリングフィールドを訪問しました。

ちなみに、午前中の講話で予定よりも生徒たちが積極的に質問するといううれしい誤算もあり、すでに行程が1時間遅れです(笑)

SANCHAで購入したパンを急いで食べた後、毎年ガイドをお願いしているソタさんからキリングフィールドの説明を聞きながら施設を回っていると、生徒たちは一気に無口に…
ポルポトによる大虐殺については事前に学習していたものの、いざその現場を見ると受ける衝撃は予想を大きく越えていたようです。

その後はシスターに会うためにプノンペンを離れます。
カンボジアはとても暑いですが、今日はクリスマスイブ、まずはチョンケリー村を訪問し、クリスマスのミサとお祭りに参加します。

お祭りでは生徒たちは日本代表としてダンスを披露することに。
音源のトラブルなどはあったものの鉄のハートで最後まで踊りきりました。なお、その様子はしっかりと動画におさめています笑

その後はカンポットの修道院の宿舎へ。
ここは、水のシャワーのはずなのですが、生徒の部屋には温水シャワーだけでなくクーラーまで!!
私の部屋には温水もなければクーラーもないのに…

カンボジア研修2日目午前

研修3日目を迎えています。

昨日は午前中にカンボジアペッパーを再興させたクラタペッパーの倉田さんとSANCHAというパン屋さんで働く木村様からお話をいただきました。

 

倉田様からは多様な価値観を許容することの大切さだけでなく、1日1日を大切に生きていくことを、木村様はご主人の転勤でカンボジアにいらっしゃったとのことですが、海外で他国の人といかに価値観を共有しながら働いていくかということだけでなく、女性としての生き方について教えていただきました。


ちなみに、私が気になったのはカンボジアの発展の早さです。中国の資本が一気に入ってきて不動産の価値が高騰しているとのこと、地上げなどもあるらしく、クラタペッパーの入っている物件のオーナーも日本円で3億円もの金額で立ち退くことになり、次の店舗に探さないといけなくなったと嘆いていらっしゃいました。なかなか中国の人たちには倉田様の売り手善し、買い手善し、地域善しの商売は理解していただけないようです。

なかなか盛りだくさんのプログラムでゆっくり記事を書いている時間がありません笑
午後の記事はまた後ほど。

カンボジア研修2日目が始まります

おはようございます。

昨日は無事にプノンペンに到着しました。

現在2日目の朝を迎えましたが、皆元気にしています。

昨日は移動が大半でしたが、プノンペン到着後まず夕食をいただいきました。まずはカンボジアの食文化の体験です。

その後、プノンペンイオンの中でAmazing Cambodiaというお店を経営していらっしゃる温井様の所を訪問し、お話を伺いました。

温井様はカンボジアの女性が自立した生き方ができるようにと、当時のカンボジアに欠けていたデザインに着目し、イラストコンテストを実施し、その優秀作品を企業や商品などに使ってもらい、その報酬で生生計をたててもらうというプランを実践していらっしゃいます。カンボジアの学校に美術や体育、音楽などの授業が存在していないため、デザイン関係の仕事は海外に発注していたという背景をつかんだビジネスです。「魂の喜ぶ仕事をする」というポリシーそのもののパワフルな方でした。
ここでは詳しく書き尽くせませんが、支援に対する新たな視点もいただいたように思います。

さて、今日も朝から精力的に活動していきます。
そして、夕方からはいよいよチョンケリー村のシスターのもとへ。
カンボジアのクリスマスを体感してきます。

カンボジア海外研修が始まります。

おはようございます。
本日よりカンボジア海外研修が始まります。
ただ今関空で飛行機待ち。
生徒は集合時間までに全員きっちり揃いました。
引率の私が一番最後ということで、さすが信愛生しっかりしています。
緊張もしているようですが、充実した旅行としたいと思っております。
まもなく搭乗となりそうです。いってきます!

2018「SGH全国フォーラム」に参加してきました

12月15日(土)、東京の有楽町にある東京国際フォーラムで開催された「SGH全国フォーラム」に本学の生徒が参加しました。「SGH全国フォーラム」とはSGH校とSGHアソシエイト校の生徒しか参加することができないイベントで全国から400人程度の生徒たちが集まり、ポスターセッションとグループディスカッションを行います。なお、各校、生徒は1~4名しか参加できないのですが、今回校長先生が貴重な体験を少しでも多くの生徒に届けたいと考えてくださり、SGH校でも1名しか参加していない学校もある中、高校1年生3名、高校2年生1名の混成チーム計4名で参加することができました。

sdr

前日も夜遅くまで準備をし、当日の朝はこんな様子。

dav

信愛のポスターはこのような感じです。みなべ町の梅産業に関するテーマでの発表でしたが、なかなかかわいらしさもあるすてきなポスターができあがりました。

dav

こちらがポスターセッションの様子です。
なお、英語で4分の発表が2回、そこから英語での質疑応答が2分という形式になっています。なお、一番右の方が審査員です。

午後は、グループに分かれての英語でのディスカッション。メンバーを変えながらどんどん議論の内容を深めていくという形式で他校の生徒や海外からの留学生とも話す機会を持ち、参加した生徒たちは大きな刺激を受けたようです。

dig

sdr

ちなみに、今回のフォーラムではアソシエイト校でも1校表彰してもらえることになっており、今回の信愛チームの発表内容はなかなかおもしろく独自性もあり、結論に説得力がでるようにしっかり調査もなされていたため、「和歌山信愛ここにあり!」という結果につながるのでは?とひそかに期待していました。

しかし、いざ蓋を開けてみると、差があったのは「発表の質」ではなく「実践的な英語力」にあったように思います。和歌山への帰り道で参加していた生徒も話していましたが、まさしく「日本語を話すように英語を話す」のです。発表の英語は事前に練習すれば、何とかなります。しかし、質疑応答はその場で瞬時に質問の内容を理解し、適切な返答を英語で考えなければなりません。その「間」が圧倒的に短いのです。この現実に生徒たちは驚きだけでなく、悔しさも感じていました。こういう壁にぶつかってから信愛の生徒は伸びます。彼女たちのさらなる成長がとても楽しみです。

dav

それと同時にこの事実をしっかり学内で共有し、信愛の英語教育の質をさらに向上させる一つのきっかけとなると思っています。そう考えると、生徒だけではなく、我々教員にとっても非常に貴重な体験となりました。
今回は初参加のSGH全国フォーラムだったので、右も左も分かりませんでしたが、次年度はこの経験を糧に「信愛の伸びしろ」を見せてきたいと思います。

高校2年生探求発展Iの最終発表会をおこないました

高校1年生につづいて高校2年生も12月14日と17日の2日にわたり、SGH探究発展Ⅰの最終発表会をおこないました。

高校2年生は1学期に修学旅行があり、ポスターセッションの準備に十分な時間をとることができませんでした。ポスターセッションを見に来てくださった来賓の皆様からはいろいろなご意見をいただき、そこから各班ブラッシュアップをして最終発表会に臨みました。

「調べ学習で終わらさずに、既存の社会制度や法律を変えるくらいの気概をもって取り組むこと」という指導のもと、各班が課題解決策の「オリジナリティ」という部分に重きをおいて研究活動を続けてきました。

実現可能なものはすでに大人たちが作ってくれています。高校生の柔軟な発想で、今世の中にないものを考えてほしいというこちらの思いも十分にくみとって、この2日間の発表では各班競い合うように良いものを発表してくれました。
来賓の方からも「ポスターセッションのときとは比べ物にもならないくらい、よく考えられていて、本当に感心した。」という講評をいただきました。

女性の生き方は本当に多様であり、「これが正解」というものは存在しません。ただ、自分が選択した道で困難にぶつかったときに、誰かが動いてくれるのを待つのではなく、自分で考えて行動できる女性になってほしい、というのが高校2年生の研究プログラムのテーマです。そしてこれらの学びの総仕上げとして、3年生の研究活動では「自分」と向き合ってもらいます。きっとみなさんにとって良い経験となるはずです。この2日間のみなさんの発表を見ていると、その研究プログラムが始まるのが今から待ち遠しくなります。

高校1年生最終発表会(2日目)

昨日に引き続き、本日も高校1年生SGHアソシエイトプログラム「探究基礎」の最終発表会(2日目)が開催されました。今日は、地域医療と地域防災のテーマについて調べた19組が発表をしました。土曜日ということもあり、保護者の方も昨日よりも多くお越しいただき、また本校の卒業生もホームページでこの行事を知り、数名駆けつけてくれました。そして、各テーマごとに、事業所の方にもお越しいただき、今年度の集大成をご覧いただきました。
地域医療、地域防災ともに、10月のポスターセッション時よりもさらに具体的な解決策を考えており、お越しいただいた方からも、具体的で分かりやすい発表だったというご意見をいただきました。
今年度の各テーマでの取り組みは、本日をもって一旦終了という形になりますが、3学期は、来年度の取り組みへの導入を行う予定です。今年度学んだことを是非来年度、2年生になってからの活動にも活かしていってもらいたいものです。

本日、お忙しい中ご来校いただきました皆様、本当にありがとうございました。

 

高校1年生最終発表会(1日目)

本日、高校1年生のSGHアソシエイトプログラム「探究基礎」の最終発表会(1日目)が開催されました。1日目の今日は、産業課題と地域経済の課題に取り組んだ22組の発表が行われました。1学期から始まったこの取り組みですが、メンバーの自己紹介から始まり、7月には各分野ごとにフィールドワークへ出かけ、自分たちの課題をより深めていきました。2学期に入り、それぞれの班の考えをポスターにまとめ、10月には、体育館でポスターセッションを行い、様々な方からのご意見をいただきました。そして今日は、それらの集大成をパワーポイントでまとめたものを、各事業所の方々の前で発表をしました。
ポスターセッションから、短期間だったにも関わらず、各班共にハイクオリティーの発表が多く、事業所の方にもお褒めのお言葉を頂戴しました。また、独創的な発想のものや、女子高生ならではの視点に立ったもの、英語でプレゼンする班など、我々教員も聞いていて、感心させられる発表も多くありました。
明日は2日目で、地域医療と地域防災のテーマについて調べたグループがそれぞれ発表します。本日に引き続き、素晴らしい発表がたくさん聞けることを楽しみにしています。
本日、お忙しい中、お越しいただきました各事業所の皆様、保護者の皆様、本当にありがとうございました。


高等学校1年生「探究基礎」最終発表会のご案内

12月14日(金)、12月15日(土)の10:00~12:40に地域の課題に取り組む高校1年生「探究基礎」最終発表会を実施いたします。
先日のポスターセッションに引き続き、
「もっと多くの方々に、本学生徒のいきいきとした姿を見ていただきたい」
「生徒たちの探究活動をより深めていくために、もっと多くの方々からご指導やご助言をいただきたい」
と考え、最終発表会も公開形式にいたします。

このページをご覧いただいた本学の探究課題である地域の抱える課題の解決に向けて活動なさっている方々や行政に携わる方々、大学の先生やこの分野の有識者の方々、また本学の教育に関心を持ってくださっている方や他校の先生方、本学の卒業生などなど、ぜひこの機会に生徒たちの学びを見ていただけましたら幸いです。

なお、参加いただくためには、事前に申し込みをしていただく必要がございます。
下記のアドレスで登録していただくか、
https://goo.gl/forms/kafGg0pWmkQfEwrE2

下記のQRコードを読み込んでいただき、事前に参加申し込みをお願いいたします。

 

 

 

 

なお、申し込みの期日は12月13日(木)17:00までとさせていただきます。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。