高校2年生、講演会&修学旅行インタビュー報告会をおこないました

本日(7月18日)の午前中、高校2年生はSGH探究発展Ⅰ「女性の社会進出に関わる諸問題の研究」の講演会をおこないました。講演にきてくださったのは、公益財団法人とよなか国際交流協会の山本房代さんです。山本さんは2度のフィンランド留学経験がおありで、フィンランドと日本の違いを「家族(夫婦)」「仕事」「文化」など様々な観点からお話しくださいました。

この研究活動をおこなっていくと、「北欧では女性の地位が高く、女性の社会進出が進んでいる」という事実にあたりますが、実際に北欧で生活された方が、肌身で感じた現地の生活の様子について直接お話してくださる機会は今までなかったので、生徒のみんなにとってはとても貴重な体験になったと思います。教員の私たちが聞いても、とても興味深いお話で、学ぶことや考えさせられることが多い内容でした。

中でも講演の最後に「女性が活躍する社会は、私たちが選択していく未来」というお話がありました。このSGHの活動の中心にあるのは、「誰かがどうにかしてくれるのを待っているのではなく、自分がどうにかするために動く」ことができる女性に成長してほしいという思いです。どのような生き方をしようと、それは個人の自由ですが、どのような生き方でもできる社会を作らなければ、それはかないません。そのために今の自分にできることを考え、それを行動に移していく、ということを意識して、今後の研究活動を続けていってください。

午後は、修学旅行で現地で働く女性にインタビューした内容を全員でシェアする報告会をおこないました。

カナダでのインタビューの内容をきいていると、北欧同様に女性の地位が高く、男性が育児をするのは当たり前という概念が根付いていることがあらためてわかりました。

北海道のインタビューの内容をきいていると、仕事における男女差はほとんどないとのことでしたが、家の中のことになると女性の方が担う役割が大きい印象をうけました。これらの差から何を分析し、どう自分たちの班の研究活動に還元するかが鍵になると思います。夏休みを使ってしっかり研究活動を進めておいてください。

高校1年生「探究基礎」フィールドワークに向けて

5月にスタートした高校1年生の地域の抱える課題にチャレンジする「探究基礎」ですが、期末試験も終了し、ここから活動が一段と活発になっていきます。
すでに何度かのワークショップを重ね、各班ともにすでに探究テーマも決定しました。
7月19日には、串本、周参見、湯浅など学校を飛び出し、それぞれのテーマごとに設定したフィールドワークを実施することになっています。

そのため、本日7月10日の午後はフィールドワーク前最後のSGH活動を行いました。
自分たちの探究テーマをいかに深めていくかという部分において例年フィールドワークは大きな影響を与えます。
現地を訪問した際に、どのような調査を行うかなどを綿密にそれぞれの班で準備しました。


今年度は全くの手探りではありますが、色々な活動に対してS・A・B・Cの4段階に分けたルーブリックも作成しています。
このルーブリックが一つの指標となり、生徒たちの様子もSGHが始まった頃と比較すると格段に積極的になっているように感じられます。
今年度は、グループワークにおいても、発表の様子などもまだこのプログラムが始まって3ヶ月と思えない程に堂々としています。

きっと来週実施されるフィールドワークも充実したものにしてくれることでしょう。

カンボジア研修説明会を行いました

7月4日(水)、今年度のカンボジア研修についての説明会をおこないました。過去最多だった昨年よりさらに増えて20人の希望者が参加しました。昨年度は選考にもれた人も多数再チャレンジしてくれています。

今年度のカンボジア研修はさまざまな事情があって(その事情については追々お知らせします)、参加できる人数が少し増えます。2年生にとっても1年生にとってもチャンスの幅が広がるので、今日の説明会であった「研修の趣旨」と「研修の目的」をよく理解し、中身の充実した志望理由を書いて、カンボジア行きのチケットを手に入れてください!

高校1年生が「探究基礎」パネルディスカッションを実施しました

5月16日(水)6・7限を利用して、地域の課題にチャレンジする「探究基礎」の実質的なスタートとなるパネルディスカッションを実施しました。

今年度も「地域医療」「地域経済」「地域防災」「産業課題」という4つのテーマの連携先から講師の先生をお招きし、色々なお話をうかがうことができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

当初は、自分たちの身近な所にもたくさんの課題があるということに気づき、それに対して誰かがやってくれるだろうではなく、自分たちが主体的にチャレンジしてみようという心を育てることを意図したプログラムでしたが、本学がSGHアソシエイト校の認定を文部科学省からいただいて今年で4年目。
学校の中にこのような探究活動があるのも今や日常のことになりました。
今年度の高校1年生はまだ高校生活が始まったばかりにも関わらず、すでに色々な外部のプログラムに自ら応募しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年度は、これまで頭の中で考えてきたアイディアをアクションを通して検証したり、自分たちの思いを講師の先生にしっかり伝えることのできるプレゼンスキルを身につけたり、ルーブリックを用いて振り返りを意識させたりするなど、プログラムの内容をさらに深化させていくつもりです。
取り組みの成果を外部の方々に見ていただく機会も増やしていく予定ですので、その際は学校に足をお運びいただき、生徒たちの姿をご覧ください。

高校1年生のSGHプログラム開始

新年度が始まり、新しい高校1年生もようやく学校生活に慣れてきました。
そんな中4月23日(月)5・6限目のLHRを使って本格的なSGHプログラムを開始する前に、練習を兼ねて簡単なテーマでのブレインストーミングと、そこから生じたアイディアをクラスメートに発表するというプログラムを実施しました。

今年度で信愛のSGHプログラムも4年目、そして今年度の高校1年生は、大学入試改革1期生となる学年ということで改良を加えながらの活動となっています。
今年度の特徴はルーブリックを用いた評価を本格導入したことです。
このプログラムにおける模範的な態度を事前に設定し、生徒たちはその姿勢を目標にしながら取り組むという形式をとりました。

今回は「新入生研修をより充実したものにするにはどのようなプログラムがあるとよいか」「新しいクラスで1人でも多くの友人を作るにはどうしたらよいか」「将来の夢や目標を見つけるためにはどうしたらいいか」などのテーマでブレインストーミングを実施しましたが、信愛に探究学習という文化がかなり根付いてきたこともあり、高入生のクラスも楽しそうに取り組んでいたと思います。

また、発表の方法は「自由」としていましたが、あるクラスでは劇仕立てで発表する班もあり、独創性も感じることができました。

なお、ルーブリック評価は他者からの評価と自己評価の2本立てになっており、その差を踏まえ、次回の活動へどのようにつなげていくかということを意識させるなど「振り返り」を重視したものになっています。

今年度は新入生研修会でSGHの活動について話をする機会もあり、その中で教育改革の目指しているものについて話をすると同時に、これからの社会が求める「主体的に行動する」「多様性の理解」「複数の納得解を導く力」などについて説明していたこともスムーズなSGHプログラムのスタートに繋がっていると思います。

次回はパネルディスカッション。いよいよ高校1年生のプログラムが本格始動しますが、今回の振り返りを踏まえての生徒たちの成長が期待されます。

SGH甲子園2018に出場しました

高校1年生の代表者13名が、3月24日(土)関西学院大学でおこなわれたSGH甲子園2018に出場しました。

本校は初年度から出場していますが、年々出場校が増えており、今年度は100校を超えているとのことでした。校舎の中は全国の高校生であふれかえっており、すごい熱気でした!
本校はポスタープレゼンテーションでの発表でしたが、前述のとおり出場校が増えたため、今年度から1校につき1チームしか参加できなくなりました。本校は4つの分野に分かれて研究活動を行っているため、5分の発表時間を4人で4分割するという形をとりました。ですので、時間との勝負だったのですが、本番では多少時間に余裕をもって発表できることができたので、全員伝えたいことは全て伝えられました。

皆さん好意的に発表を聞いてくださり、また意見をくださった方も次の発表に向けて前向きに検討できるようにお話してくださったので大変参考になりました。
他校の発表を聞くと、英語で発表しているチームもあるし、日本語でもパフォーマンスのすばらしいチームもあるし、本当に勉強になりました。データ分析の弱さや、提言を実行に移せていないなど、本校が改善すべき点はまだまだたくさんあるので、それらの反省をいかしながら、来年度もSGH甲子園への出場をめざしてがんばっていきたいと思います。

【探究発展Ⅰ】講演会をおこないました

【探究発展Ⅰ】「女性の社会進出に関わる諸問題の研究」がスタートした高校1年生が、一般社団法人女性と地域活性推進機構(以下WAO)代表理事堀内智子様の講演を聴きました。本校のSGHアソシエイトとしての歩みはWAO様とともにあったといっても過言ではないくらいお世話になっています。堀内様にはご自身の経験をもとに、女性のライフステージが変化するにつれて生じる課題についてお話いただきました。

例年、堀内様には介護のお話をメインにしていただいています。介護の問題は高校生の段階では一番想像しにくいと考えるからです。でも、誰しも抱えうる問題です。堀内様の場合はご自身の介護の経験から、「介護する人の支えになるビジネス」を創出されました。今日のお話の中でも、「目の前の課題を解決しようとすると自然と道は開ける」とおっしゃっていました。

これから、この研究活動の中で、女性が生きていく上で避けて通れない問題についていくつも学ぶことになると思います。それらの問題につて誰かが解決してくれるのを待つのではなく、自ら解決のために動ける人になってほしいので、ぜひとも積極的に前向きに「自分の問題」としてこの研究活動に取り組んでいってください。

【探究発展Ⅰ】オリエンテーションをおこないました。

高校1年生の生徒が、これから2年生の12月まで取り組む【探究発展Ⅰ】のオリエンテーションに参加しました。

【探究発展Ⅰ】では「女性の社会進出に関わる諸問題の研究」に取り組みます。女性の生き方は多様化し、制度の面ではさまざまな対策がとられるようになりましたが、意識の面ではまだまだ固定観念が残ります。そのような社会にこれから出ていく生徒たちに「誰かがなんとかしてくれるのを待つ」のではなく「自分がなんとかする」と考えられる女性へと成長してほしいという願いをこめた研究プログラムです。

これから様々な有識者の方のお話を聞いたり、自らフィールドワークに出かけたりして、見聞を広めていってもらいます。自分自身が近い将来必ず直面する問題という意識をもって、主体的に取り組んでほしいと思います。

GACがMY PROJECT AWARD 2017 関西大会に出場しました

2月18日(日)大阪梅田の関西大学梅田キャンパスで行われたカタリバ主催、文部科学省後援の「第5回 全国高校生 MY PROJECT AWARD 2017 (通称、マイプロ)関西大会」に本学のGAC(Global Activity Club)が参加しました。

 

 

今回、GACはカンボジアの子供たちに教育支援活動を行っている本学のシスターをサポートする活動を「マイプロジェクト」とし、書類審査をクリアして関西大会へと駒を進めました。
実は2年前の第3回のマイプロ全国大会で本学の生徒が学校部門3位となり、非常に貴重な体験をしてきたため、生徒たちは「私たちも…」と意気込み、全国大会への出場を目指し、10分間のプレゼンの準備を直前まで重ねていました。

しかし、残念ながら、結果は予選敗退…
プロジェクトの内容そのものは他の高校生のプロジェクトと比べても遜色はなかったのですが、違いはそのプロジェクトが自分のものであるかという「マイプロ」の「MY」の部分の差でした。

GACはクラブが発足して3年目。最初にシスターの活動をサポートしたいという熱い思いでこのクラブを作った1期生はすでに卒業しており、現在は3期生が活動の中心となっています。本人たちにその自覚はありませんでしたが、現在の活動は、「先輩の活動」の継続であり、「自分たちの活動」となっていなかったという現実を、審査員の方々のお言葉や、他の高校生の「熱さ」で気付かされたようです。評価をしていただいて、今後の活動の起爆剤としたいというこちらの目論見は外れましたが、生徒たちは目には見えない、本当にいい学びをさせていただいたと思います。
引率していた私自身も大きな刺激を受けましたが、参加した生徒たちは本当によい表情をしており、このような学びを経て、生徒たちは成長していくのだなあとしみじみと感じました。
このような学びを届けていただいた「マイプロ」には本当に感謝です。

GACはこれまでの学校のクラブ活動の枠に留まらず、新たなことに今後も様々なことにチャレンジしていくつもりです。
現在高校1年生の部員がすこし少ないこともあり、もしこのような答えのない課題にチャレンジする活動に興味を感じてくれる人がいれば、中学、高校関係なく新入部員を募集しています。
また春から信愛に入学する皆さんもぜひぜひ入部をお待ちしています。

カンボジア研修報告会をおこないました

少し遅くなりましたが、本日(2月15日)中1から高2までの全校生徒を対象に、カンボジア研修報告会をおこないました。残念ながら1名がインフルエンザで欠席し、4名での報告になりました。

短い時間でしたが、彼女たちは自分たちが学んだことを思い思いの言葉でしっかり報告してくれました。

カンボジアで教育活動を行うシスターやその幼稚園に通う子供たちのこと、カンボジアと日本の違いといった点にももちろん触れられましたが、彼女たちの心に残ったのはカンボジアで活躍している日本の方々との交流だったようです。
「AMAZING CAMBODIA」の渡辺さん、「KURATA PEPPER」の倉田さん、「SANCHA」の奥田さん、JICAで働く眞野さん、「CANDY ANGKOR」の西さんの言葉は深く心に刻まれ、多様性について学ぶだけではなく、これから自分の進路を具体的に決めていく彼女たちにとって勇気づけられる要素も大きかったと思います。

また、これらの体験から、「感謝すること」「積極的に動くこと」「日々の学習」の大切さに気付き、様々なことに前向きに取り組むことの大切さについて熱く語ってくれたのも私たちにとってうれしいことでした。

カンボジア研修も3年目も迎えました。活動内容もどんどん進化していきます。ですので、来年度もたくさんの応募があることを期待しています。