施設紹介

体育館
理科室
その他、茶室、ホール、職員室など生徒の使い勝手を考えたつくりになっています。
教室・廊下
天井の照明は、晴れ、曇りなどによって自動的に明るさを強めたり抑えたりします。ちょっぴりエコです。 前の壁は全面が黒板。数学科の「過程を残したい」、という要望がかないました。
天井には、換気システムとシーリングファンが装備され、常に清澄な空気が循環しています。
廊下は、広場のように広々しています。ここには、工芸作家岩崎久子さんによるぶなの無垢材の机と椅子が置かれ、放課後や休み時間などの生徒のコミュニティ作りに一役買います

各窓のロールスクリーンが彩りを添えています。
  ステンドグラス作家三浦啓子氏
東京国立博物館、六本木ヒルズ森タワー、帝国ホテル、シェラトンホテル、フェリス女子大、同志社女子大、大阪中央図書館、和歌山県立図書館・・各地にステンドグラスが使用されています。光の質にこだわり、ダイナミックさと繊細さが合わさった作品です。信愛新校舎には、校舎正面玄関を入った場所、階段踊り場、校舎正面壁に三浦啓子氏の作品が使われます。
聖書から「新しいぶどう酒を古い皮袋に入れるな。」
「だれも新しいぶどう酒を古い皮袋に入れるようなことはしない。そんなことをすれば、ぶどう酒は皮袋を張り裂き、ぶどう酒も皮袋もだめになる。新しいぶどう酒は新しい皮袋に入れるものだ。そうすれば両方とも長持ちする。」(福音書ルカ5、マタイ9、マルコ2)
これは、「新しい思想や計画を受け入れるためには、新しい精神と柔軟な思考に基づく新しい受け入れ態勢が必要であり、それが不備である場合には、古いものは崩壊し、新しいものを受け入れる基盤そのものをも失いかねない。」というカトリックの教えです。

〒640-8151
和歌山市屋形町2丁目23番地
Tel:073-424-1141