クラブ

高校ソフトテニス部
  信愛高校ソフトテニス部に新たな歴史ができました。春の高校選抜大会、夏の高校総体(インターハイ)で団体戦全国優勝を成し遂げたのです。高校野球でいうと春と夏の甲子園で優勝するのと同じですからその凄さが分かろうというものです。インターハイ団体優勝は、1954年、2007についで3回目です。70歳を超えたOGから、12歳の中学1年生までの大きな喜びとなりました。テニス部の林監督は、「一般生の皆さんが、日頃から勉強に生活に真面目な姿勢を見せてくれていることが、ソフトテニス部の優勝につながりました。ありがとうございます。」と挨拶しました。
日常生活でのクラブ生徒と一般生徒の一体感が素晴らしい信愛です。和歌山弁でソフトテニスを「やらこてん(やわらかいボール)」と言います。
高校バスケット部
  インターハイやウインターカップなど全国大会の常連です。強豪の秘密は・・・?厳しい練習とともに、毎日の小テストなど勉強も、掃除・身だしなみなども怠らずにも真面目に取り組むこと。
信愛運動部のの強さは、そのような日常生活によって育まれます。監督の宮本先生も、クラブだけでなく学習・進学の面倒をしっかりみます。進学も安心して任せられます。
中学ソフトテニス部 個人戦全国優勝!団体戦準優勝!
  全国優勝を果たした高校ソフトテニス部に負けじと、07、09年、10年と近畿大会を勝ち抜き、全国中学生大会に出場。2010年ついに個人戦全国優勝、団体戦準優勝。
中学の運動部は、高校と違って誰でも入部できます。一方でクラブをしながら、疲れた時でもみんなと同じ勉強・生活をしなければなりません。週3練習で全国大会出場は偉業。顧問は辻慶一先生。初心者も大歓迎です。
中学バレー部
  運動場でも練習しなければならないハンディーも何のその。バレー部員はチョー元気。信愛バレー部出身の中岡先生の指導のもと、市内大会優勝を目指し汗にまみれています。部員数が増え練習にも気合が入ります。
中学バスケット部
  新入部員が増え活気が出てきました。未経験者も経験者も必死でボールを追いかけている姿に清々しさを感じます。念願の公式戦初勝利を果たしました!
サッカー同好会
  2010ワールドカップ南アフリカ大会が盛り上がったことは記憶に新しいところです。サッカー同好会で景品付決勝進出チーム予想をしましたが、先生も含め全員はずれ・・。初心者がほとんどのサッカー同好会ですが、部員のセルフイメージはメッシ、シャビ、遠藤・・。未来の日本代表が生まれるのか!
ハンドベル部
  ハンドベルは、一音一音違うベルを振って鳴らします。簡単そうに聞こえる曲でも数人で合わせるためには、かなりの練習が必要です。腕を振るタイミングが少しずれるだけでもバラバラに 聞こえます。練習は大変ですが、奏でられる音楽は本当に澄み切っています。クリスマスミサ、聖母祭などでハンドベル部が活躍します。街頭で演奏することもあります。
科学部
  科学部は元気クラブです。教員、部員ともやる気満々で、面白い企画を連発。実験はもちろん、京大生命科学研究所・楠見明弘教授の研究室で最先端の実験に参加させてもらったり、科学オリンピック、数学オリンピック、サマーサイエンスキャンプに参加したり、と幅広い活動で興味を喚起し理解を深めることを積極的に行っています。
中国語クラブ
  しばしば、昼休みに中国語クラブ部員への校内放送がかかります。クラブの開始時間を知らせる放送らしいのです。「らしい」というのは、その放送がすべて中国語だからです。顧問の北先生は、中国や東南アジアなど「○国の△村に電気がこないうちに行っとかなくちゃ。」と各国を旅する強者で、太極拳の使い手ででもあります。
ボクシング同好会
  ボクシングといえば「殴り合い」をイメージしますが、信愛ボクシング同好会はボクササイズが中心です。健康維持とストレス発散?を兼ねたクラブです。文化祭では、ボクシング同好会の企画で教員VS生徒の公開スパーリングがありましたが、見事判定勝ちを収めたのは高3のYさんでした。負けたE先生は「・・・・」無言・・・、というより息があがって話せなかったのでした。入会が相次ぎ、部員が10名を超え、元気なクラブです。
合気道同好会
  「円く、円く」「自分も相手もいかすのです。」と師範の竹中先生。道路をはさんで校舎の向かいの信愛会館で練習です。部員は全くの素人で、一からの練習です。和歌山発祥の合気道創始者の直弟子竹中先生の指導は技術だけでなく、心に滋養がいきわたります。文化祭では型を披露します。
軽音楽部
  最大部員数のクラブです。卒業生も慶応、早稲田、東大、京大・・・と文音両立。ギターアンプはフェンダーツインリバーブ銀パネル、マーシャル、ピーヴィーベースアンプ、巨大ウーハー、ギブソンレスポールHC、フェンダーストラトCS、おまけにダブルネックや高崎晃モデルまで・・・。バンドごとに練習時間をとって練習します。A、B,C3つのスタジオで練習しています。
茶道部
  文化祭の時は、煎茶、抹茶をお客様に供します。「おもてなし」は、客を気遣い思いやる心で、カトリックの精神に一脈通じるものがあります。コミュニケーションの心を、茶道を通して学ぶのです。裏千家の師匠の先生に来ていただいてお稽古しています。
歴史・社会部
  歴史好きが集まり、活発に活動しています。京都や奈良に出かけ、古刹・名勝を見学します。若葉祭では新撰組をテーマに展示しました。
書道部
  2010年若葉祭で異彩を放っていたのが書道部です。ビートの利いた音楽に合わせて大作を創作します。作品は「不動心 あせらず、あわてずあきらめず。しっかり歩こう、人生は七転び八起き、瞬間こそが我らのもの、前進あるのみ」
放送部
体育祭や昼の放送など気がつけば放送部が活動しています。昼の放送は、部員が各々キャラクターを発揮し見事なDJぶりを見せています。昼の放送を密かに楽しみにしている教員も。
体育祭では、実況、競技紹介など大活躍。
その他、、、、、クラブがあります。順次紹介します。

〒640-8151
和歌山市屋形町2丁目23番地
Tel:073-424-1141